妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

子宮頸管ポリープが取れて大出血!

初めての妊娠が分かった時、検診で同時に

子宮頸管にポリープが見つかりました。

健診のエコー画像

子宮頸管ポリープというのはあっても特に問題はないし、

赤ちゃんが生まれると同時に取れてしまうこともあるらしく、

妊娠中に無理に取ることはしないそうです。

 

私の場合も子宮頸管ポリープはそのままにすることになりました。

先生の話では、

 

ポリープはつぶれてしまうことがあって、

その時は出血があるけどビックリしないで診せに来てください。

産婦人科の先生

とのことでした。

なにはともあれ一安心というところでした。

 

ですが、大丈夫だとはいえ出血があるのは何となく怖いので、

ポリープがつぶれないことを祈りながら生活していましたが、

ついにその時が来ました。

妊婦が居間でリラックス中に異変が・・・

夜、座ってテレビを見ていると

オマタから生ぬるいものがドワっと出るのを感じました。

 

それもちょっと量ではありません。

 

嫌な予感がして恐る恐る見てみると、やはり出血でした。

 

慌ててトイレに行って便座に座ると・・・

トイレに行ってみると・・・

また大量の出血・・・

 

トイレの中をのぞくと何やら塊のようなものが見えました。

 

その出血の多さから考えると、

ポリープがつぶれた出血には思えませんでした。

 

トイレの中にあった塊も、

赤ちゃんが流れてしまったんだと思わざるを得ない状況でした。

がっかりして落ち込む妊婦

でもその時は、赤ちゃんの無事云々より、

あんなに出血して私は大丈夫なのかという不安のほうが強かったです。

 

とにかく産婦人科に連絡して、すぐに診てもらいました。

先生も深刻そうな顔をしていましたが、

赤ちゃんは無事に私のお腹の中にいました。

 

先生は、わたしの出血量から判断して

出血の量がすごいから、ひょっとしたら頸管妊娠かもしれない。

私も教科書でしか見たことないけど。

紹介状書くから、すぐに大きな病院に行ってください。』と指示されました。

先生の判断

赤ちゃんが無事でほっとしたのも束の間

聞いたこともない言葉を聞いて恐怖の中、

紹介してもらった病院に行きました。

 

すぐに先生が見てくれましたが、特に異常は見つからず

頸管妊娠の疑いもなさそうでした。

ひとまず安心する妊婦さん

結局大きな病院でも出血の原因は何だか分からず、

念のため5日間ほど入院して様子を見ることになりました。

 

お腹のなかの赤ちゃんも問題なさそうなので、退院することになりました。

 

退院前に診察があったので、

ポリープのことを思い出して

 

子宮頸管ポリープがあるんですが、とらなくて大丈夫だって

言われたけど、本当にとらなくて大丈夫ですか?

先生!大丈夫ですか?疑問な妊婦さん

と先生に聞いてみました。

 

すると先生は

あ、そうなの?ポリープ無いみたいよ。

大丈夫ですよ!太鼓判を押す医師

先生はそう言って

もう一回診てくれましたが、やはりポリープは無いようです。

 

どうやら出血したときにトイレの中に見えた塊は

取れたポリープだったようでした。

 

出血もポリープが取れた出血だったみたいです。

出血すると言われていたけど・・・

 

まさかあんなにヒドイ出血だとは思いもしませんでした。

 

先生も頸管妊娠を疑うほどの出血で大騒ぎになりましたが、

その後もずっと経過は順調で無事に赤ちゃんを出産できました。

かわいい赤ちゃんの笑顔

先ほども

『もしかしたら赤ちゃんが流れてしまったのかと思った・・・』

と書きましたけど、

 

その後も経過が無事で出産ができたのは神様のおかげ

だったのかも知れませんね。笑