妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

3人目妊娠が発覚したときのわたしと主人の反応とその後の妊娠生活w

長女を出産し、ついで次女を授かったわたし達夫婦は

「3人目は授かっても授からなくてもどっちでも良いね。」

というくらいの考え方でした。

家族計画を笑いながら話し合う夫婦

出産・育児には

予想していたよりもお金がかかることが

分かったせいでもあります。

お金は大切です・・・

嫁に行くのを見たくないという理由で、

主人は男の子が欲しかったらしく、

 

「次も女の子だったら俺は一体どうすれば良いんだ?」

と言ってました。

 

私は、ハーレムみたいで良いんじゃない?笑

と半分茶化して返事していましたが、

次女が2歳半で卒乳してわずか1か月後!

 

3人目を妊娠してることが分かったのです。

主人に告げると、

「えー!金どうすんだよ!」

がまず、第一声!

 

「あ、いやいや、これはおめでたいことだよな!?」

と、自分に言い聞かせつつ動揺していました。

 

長女の時は泣いて喜んでくれたのに、この差は一体・・!?

主人の豹変ぶりに戸惑う

でも3人目ともなると、私も長女の時とは違って、

毎月の妊婦健診を楽しみにして、

今の赤ちゃんの大きさはどれくらいだろう?

 

もう少しで安定期だ!

そろそろ妊娠5か月目だから、

耳が聞こえるようになってるみたい!

話しかけてみようかな・・・

 

などと、赤ちゃんに会えるのを

ワクワク過ごしていたのが嘘のように

もうすぐ小学校入学&幼稚園入園の

上2人のお姉ちゃん達の相手で精一杯で、

 

「あれ!?いつの間にか安定期に入ってる!」

こんな具合です。笑

苦笑いするわたし

しかも、安定期を大分過ぎた辺りで気が付きました。

 

この頃から、もう赤ちゃんの向きによって、

股の辺りが見えれば性別が分かるんです!

第3子の時のエコー画像

長女の時も次女の時も

ドキドキしながら先生に聞いていたのに、第3子ともなると、

「あ、今日妊婦健診だ。今日こそは性別を聞こう!」

 

と、毎朝思うのに、長い待ち時間の間で

それを忘れてしまい、帰って来てから、

 

「あ!性別聞くの忘れた!」

 

の繰り返しで、やっと健診中に思い出して

先生に性別を切り出せたのは妊娠8か月も過ぎ

9か月目になりそうな時でした。

 

ある健診の時には、担当の先生が呟くように、

「もう8か月目なんですね~!」

と言ったので、

「え?誰がですか?」

と、聞き返してしまったり・・・。

 

お前しかいないだろ!

あの時の自分にツッコミたいです。笑

自分にツッコミを入れたくなる自分

1人目妊娠時と3人目妊娠時、

主人の反応から自分の妊婦生活まで

、あまりの違いに自分でも驚きで笑ってしまいます!

 

無事生まれてきたのは、主人待望の男の子!

長女によく似ていました。

 

名前も全然決まってなくて、

しばらくは家族全員から「赤ちゃん」呼ばわりされていて

可哀想な感じでした。

(長女と次女の時では考えられませんが。汗)

元気に育って欲しい待望の男児

これにめげず強い男の子に育ってほしいです!