妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

思わぬ計画無痛分娩の落とし穴とドタバタw

一人目を出産して『9年目』。

ようやく第二子を授かりました。

その出産で『計画無痛分娩』で経験したドタバタの体験談です。

 

今となっては笑い話の第2子出産

授かった喜びは大きかったものの、お腹が大きくなるにつれ、

出産の恐怖が甦り、不安で堪らなくなり、無痛分娩を選択しました。

 

一人目の出産からかなりの年月が経っていたので、

痛みは忘れているのに、恐怖だけは残っていたからです。

 

それと、一人目の時は、何がなんだか分からない状態で、

パニックの末、産まれていたので、

出産を噛み締めたいと思ったのも理由の1つです。

 

無痛分娩だと計画出産になるので、

予定日間近は、色々指導されました。

いろいろと指導してくれる先生

子宮口が開いていないからもっと散歩して、

と言われた次の検診の時には、

予定日前に産気付いたら無痛分娩じゃなくなっちゃうよ、

安静にしてと言われたり、忙しかったのを覚えています。

 

なんとか無事に予定日まで産気付かず、

予定通り計画無痛出産が出来たのですが、

その時まで無痛分娩の落とし穴に気づいていませんでした。

 

無痛分娩について、ある程度は(いやかなりかな・・・)

痛みの程度や、リスクなどは調べていました。

無痛分娩について調べるわたし

でも、まさかここまで、平常心でいられるとは思いもしなかったのです。

 

よく、出産時に叫んで恥ずかしい思いをしたという話は

聞きますが、冷静すぎて恥ずかしい思いをするとは、

思わなかったのです。

 

まず、脊髄に麻酔液を入れるのですが、

これがとても心地良い眠りに誘うもので、

立ち会った旦那を尻目に居眠り。笑

無痛分娩に緊張感0で居眠りw

旦那は唖然として、先生方に囲まれながら、

一人、取り残されていた事でしょう。

 

ウトウトしながらも起きた私の第一声は・・・

 

お腹空いた。(笑)

 

でした。

 

麻酔を打つため、12時間ほど何も飲まず食わず

だったにしろ、今は普段の日常生活中ではなく出産中。

 

旦那は、またもや唖然。

それが、子宮口開度7センチの時です。

 

普通分娩なら、自分の空腹の心配なんてしていられない時でしょう。

しばらく、産まれたら何を食べたいか旦那と話し合っていました。

 

そうこうするうちに、

ゴリゴリと降りてくる感覚が来たので、看護師さんに、

『すみません、う○ちか、オナラか分からないけど、力入らないから、何かが出ちゃうかもしれないです。』と伝えました。

 

こんな便意も、普通分娩なら、気付きもしなかった事。

もしかして・・・と思って先生に尋ねるわたしに

もしかして出ちゃった?

すると先生がちょっと見てみるね、と見てくれました。

すると先生が

「これ、赤ちゃんだから!子宮口全開になってるじゃない!」

と慌てて始めました。

 

先生もビックリですが、私もビックリ。

先生の急な宣告にビックリする

排出物と我が子を間違えるなんて・・・笑

 

それからすぐに、出てきた我が子を見て、

感動より先に、申し訳なさと笑いが込み上げてきました。

 

冷静すぎる出産は、羞恥心が伴うことを知りました。

 

自分で選んだ計画無痛分娩ですが、そのドタバタというか

『しょーもない話』は今となっては良い思い出です。笑

苦笑いするわたし