妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中の体重管理ダイエットをおやつで幸せにする法則!

妊娠中は、体重管理がとても厳しいですよね。

体重計

最近は、少し体重管理の基準がそれほど厳しくなくなりつつあるようです。


それでも毎回の妊婦健診で体重も測られ、

月齢に見合った体重増加でないと指摘されるのは変わっていません。

 

そんな妊娠中の体重管理ダイエットで、

おやつを食べるなどもってのほか!

と思っておられる方が多いのですが

 

実はそんなことはないんですよ。

 

妊娠中は、そんなにガチガチに考えない方が良い

という意見があるのも事実です。

 

そこで、このページでは

『妊娠中の体重管理ダイエットをおやつで幸せににする法則』

というテーマで解決方法を提案して行きたいと思います。

 

妊娠中に太りすぎた場合の赤ちゃんへの影響

泣き叫ぶ赤ちゃん

妊娠中に太りすぎると、赤ちゃんが将来メタボになったり、

ママのむくみや高血圧が赤ちゃんに遺伝したり、

いろいろな影響があると言われています。


しかしながら、逆にあまりにも妊娠中にママが食べることに対して

我慢をしすぎてストレスを溜め込んでしまうというのも問題なんです。


妊娠中にママがストレスに悩まされるほど

食べることを我慢しすぎてしまうと、

生まれた後の赤ちゃんが将来的に、

多動性注意欠陥症候群などの精神的な病にかかってしまう

可能性があると指摘されています。


なのでほどほどに食べすぎないように

抑える程度と言うのが本当は一番理想的です。

 

また、妊娠中に太り過ぎてしまった場合の

ママ自身の身体への影響も考えなければなりません。

 

妊娠中に太りすぎるとお産が重くなることや

妊娠中に太りすぎると産道に脂肪がついてしまい、

お産の時に赤ちゃんが通れなくなり帝王切開になったり、

また、通ることができたとしても産道に傷がついてしまい

大量出血になってしまう可能性もあるなどのリスクが高くなります。


妊娠中に太りすぎてはいけないと言われる理由はそこにあるんです。


妊娠中のママの身体の健康管理

妊娠中に太りすぎてしまうとママ自身の体の健康管理の面で問題が出てきます。

・妊娠中高血圧症候群
・妊娠糖尿病
・尿タンパク
・むくみ
・冷え性、便秘

こういった、妊娠中にかかりやすい様々な

ママ自身の健康管理にとっても悪影響を及ぼす症状に

なってしまいやすいと言われています。


特に妊娠中高血圧症候群は、塩分を摂りすぎたり、

糖質を取りすぎたりすることによって血液がドロドロになり、

血液の質が悪くなって赤ちゃんに

十分な栄養を届けてあげられなくなってしまう可能性もあるんです。

エコー写真

また、妊娠中高血圧症候群は、昔は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、

妊娠中に高血圧になると、赤ちゃんの栄養の供給が十分に行えなくなり、

赤ちゃんの内装が十分に発達しない状態になってしまったり、

栄養バランスが崩れると二分脊椎症などのリスクも高くなります。

 

もちろん、先ほどご紹介した通り

あまり神経質になりすぎるのも良くはありませんが、


健康的な食生活とカロリー制限が出来るような食事を取りたいものです。


妊娠中におやつは食べちゃだめ?

 

妊娠中につわりが終わった直後に食欲が

急に爆発し初めて食べつわりになった。

という妊婦さんもおられます。

 

ママ自身の健康にとっても

赤ちゃんにとって良くないですし、

自分自身の健康にもよくないと言うのはわかっていても、
それでも止めることができません。

 

そして、無理やり我慢するのも良くありません。

おやつを食べる妊婦さん

特に初産の方は長に対する不安や恐怖と言うのもあり

妊娠中からストレスを溜めがちになってしまいます。

 

その唯一の逃げ道がおやつを食べることであったりするわけです。

そういった部分を無理矢理封じてしまうのは

決して良いことではありません。

 

なので、食べ過ぎ注意するように一日に決められた

お菓子を何個まで食べるといったような

管理の仕方をしてみてはいかがでしょうか。


妊娠中に食べて良いおやつ

妊娠中に食べて良いおやつの条件を一緒に見ていきましょう。

・糖質が高すぎないおやつ
・塩分が強すぎないおやつ
・油で揚げていないおやつ

これらのおやつを条件の中で、

できる限りカロリーが低い物を選んで食べるようにすると

妊娠中に太ることがなくなります。


またおやつをたくさん食べたとしても

これを条件の中にあったおやつを食べている分には、

特に問題は起こらないと言われています。


このような条件を守って食べられるおやつをいくつかご紹介します。

・寒天ゼリー

・玄米を使ったお餅やおせんべい

これらのおやつについては、味付けを極端に濃くしない限りは、

ちょっとぐらい多めに食べても問題ないおやつです。

玄米せんべい

というのも、寒天ゼリーは糖質と脂質の吸収を穏やかにしてくれますし、

玄米は非常に栄養バランスに優れた食材だからです。


妊娠中に避けたいもの

妊娠中に避けたいものは、

先ほども見たような赤ちゃんへの影響があるものや

ママ自身の血液の質を悪くしてしまうような、

極端な糖質や脂質、塩分を含んだお菓子です。

 

妊娠中に摂っていい塩分は、『1日あたり8g』と言われています。

これは、カップラーメンを1個+小さじ1杯分程度しかない量なんです。

塩分量が高いカップラーメン

塩分を妊娠中に控えた方が良いと言われる理由は、

妊娠中の高血圧症候群と尿タンパク、むくみの原因になるからです。

 

妊娠中に塩分を摂りすぎて、

高血圧症候群になると、お産に対して自然分娩の危険が増すため
帝王切開になることが多いと言われます。

 

赤ちゃんに対しての影響もあるため、少しでも塩分は控えめにしましょう。


妊娠中の体重管理におやつを!

妊娠中の体重管理におやつを使うというのは

決して悪くないことなんですよ。

 

というのは、妊娠中に食べつわりで太るのを恐れるあまり

食べない時間を作ってしまうと
空腹になると体調が悪くなって吐き気を催してしまったりする場合もあるため、
適度に食べておく必要があるからです。

 

どうしてもおやつを止められないというママさんは、

寒天ゼリーや玄米餅など、
ヘルシーで栄養バランスに優れた食材を使った

おやつをちゃんと食べるようにしましょう。

 

また、おやつを食べている分だけ

普通の食事は少し量を控えめにしたほうが良いでしょう。

食べつわりの体調不良を解消する食べ方が大切

おやつをいちにち何回にも分けて食べつつ、

普通の食事は量と塩分や糖質脂質を抑えたものを

軽く食べておくことによって、

家族ともスケジュールを合わせることができますし、

食べたという満足感があって、

その後にお腹がお腹が空いてしまうということを防いでくれます。


もし妊娠中に太りすぎを指摘されたら?

もし妊娠中に妊婦検診で太り過ぎを指摘されたとしても、

慌てて断食や絶食のような極端なダイエットをしてはいけません。

妊娠中にやってはいけないダイエット

基本的に人間の体というのは、食べることによって

胃酸を始めとした消化酵素が働くようにできあがっています。

 

またそうすることによって消化された栄養素が

きちんと血流に乗って体中のいろいろな場所に運ばれて、

それが肌のターンオーバーのためのミネラルになったりするんです。

 

こういったミネラルをしっかりと体の中に入れる

(もちろん毎日です)を実践することによって、

健康な赤ちゃんもそうだちつつ、

妊娠中の体重管理をすることプレッシャーに

感じることもなくなるんですよ。

 

妊娠中ダイエットとは、

もともと妊娠中のママ自身と

お腹のなかの赤ちゃんの健康のためにあるものです。


妊娠中にしてはいけないダイエットの事例

妊娠中にしてはいけないダイエットというのは、

いわゆる『やせ薬』と呼ばれる危険なサプリメント系ダイエットは、

妊娠中は行ってはいけません。

 

例えば、カロリミットやフォルスコリと言った

ダイエットサプリは危険です。

 

妊娠中はママの体から吸収した栄養素が

赤ちゃんにも配られるて赤ちゃんが成長していきます。

f:id:nextzone:20161222232931j:plain

当然ママの体が栄養不足になれば

その分のしわ寄せは赤ちゃんに行くわけです。

 

そう言ったことにならないように

妊娠中の体重管理には充分に気をつけたいものですね。