妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

こんなはずじゃなかった!畜産動物化する妊婦の私・・・

私は現在妊娠9ヶ月です。

長い不妊治療を経て授かった、念願の第一子です。

妊娠9ヶ月になったわたし

これまで、なかなか授からず、街で見かける妊婦さんを

うらやましい気持ちで眺めていました。

 

大きなお腹をさすりながら

かわいいマタニティドレスを着て、平らな靴でポテポテとゆっくり歩き、

ホルモンのせいかお肌も髪もツヤツヤの妊婦さん。

 

もう見ているだけで気持ちが優しくなるような

そのかわいらしさにいつも憧れていました。

わたしがイメージするかわいい妊婦さん

念願の妊娠が発覚した時、私はもう天にも昇るような心地でした。

あの憧れの妊婦さんになったのだと思うと嬉しくて嬉しくて♪

 

さっそく無駄にポテポテと歩き、

かわいいマタニティドレスを買い、

夫へのまなざしも聖母のような優しい感じに…、

と完全にかわいい妊婦さんになりきっていました。

 

ところがです。

妊娠10週、20週と妊娠週数を重ねて、初めてわかったのです。

妊娠生活なんてそんなにかわいいものじゃない!

ということが・・・・


まず妊娠してすぐにツワリに襲われました。

とにかく全てが臭いのです。

つわりに悩まされるわたし

もう食事もろくに作るくることができず、

そんな自分にもイライラして、

夫に聖母のような眼差しを向けることはできませんでした。

 

いつも眉間にしわを寄せ、般若のような形相で、

臭い消しスプレー片手に家中を消臭して回っていました。

そして次に便秘に悩まされました。

 

お通じが何日も出ないのです。

ツワリであまり食べられないことも便秘を助長したようです。

トイレで何十分も粘るのですが、

肛門に硬い蓋(便)があり、まったく出ません。

トイレが苦しい

いきみすぎてキレ痔になる始末。

 

便秘になれば、当然お腹が張ります。

 

そしておならがたくさん出るのです。

もともと私は人前でおならをすることはありませんでした。

しかし、もうお腹が張ってお腹が張って仕方がないので、

買い物中でも電車のホームでもどこでも、

街のノイズにかき消されるようなタイミングを狙って

、人知れず「ブーブー」出し続けるしかありませんでした。

f:id:nextzone:20161227142704j:plain

もはや私は、「かわいい妊婦」というよりは、

自分が「出産を控えた大型動物」になった!

という感じがしました。

 

それからの体の変化はもう、「動物」そのものです。

 

おならに加えて、頻発するげっぷ・・・

乳牛のように硬くて大きな乳房と黒くて大きな乳首と乳輪・・・

夫までも、胸を触る手つきが

これまでのエッチな雰囲気ではなくなりました。汗

 

「でかくなったな〜」などと・・・

 

まるで畜産家のする「乳搾り」のような手つきです。

 

不妊治療のために通っていた大学病院では、
これまでの「IVF外来」から、念願の「産科」に移ることができました。

 

「IVF外来」では内診台にはカーテンがあり、
医師の顔とこちらの顔が見えないような配慮がありました。

 

ところが、「産科」の内診台は、ただの足の開く椅子でした。

 

そのまま股の間から医師の顔が見え、話しながら診察します。

 

病院までもがなんだか、

ホルスタイン牛の「種付け」のような雑な扱いです。

まったくもってひどいものです。泣

想像と違っていたことに怒るわたし

こんなはずじゃなかったのに〜!!涙