妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

つわりの時の電車移動、車移動のトラブル

私は二人の子どもを出産しましたが、

どちらの子どもの時も妊娠初期はつわりに見舞われました。

つわりが酷い妊娠初期

つわりの時にずっと家にいられたら良いのですが、

上の子の時には

お正月で旦那の実家に帰省するということで電車を使いました。

 

電車に2時間半ぐらい乗って向かっていたのですが、

乗り物に揺られていて気持ち悪くなり、

電車の中でしんどくなってしまいました。

 

駅で降りてトイレで吐き水分を補給してから、

その後落ち着いてから向かいましたが、

電車の車内で強烈な吐き気が襲ってきていたら

どうしただろうと考えると冷や冷やものです。

もし電車を絶対に使わないといけない場合は、電車が空いている時間帯に使ったり、気分が悪くなったらすぐに降りれるように各駅停車の電車に乗るなど工夫してみることも大切になってきます。

 

f:id:nextzone:20170103173936j:plain

つわりの時に移動をする時には、

分厚いビニール袋やティッシュなどを持ち歩いていました。

 

それと、公共交通機関にしんどい時に乗るのは控えた方が良い。

ということを実感しました。

 

まだお腹がふくらんでいない時期なので、

周りの人からは妊婦にも見えませんし、

最近では、混んでいて妊婦さんを見かけても席を譲ってくれないなど嫌な思いをすることもあるかもしれません。

 

そう考えると車で移動の方がまだましかなと思いました。

 

車であればこちらの都合で休憩をすることもできますし、

万が一嘔吐してしまったとしても、

周りの人に迷惑がかかるということはありません。

 

車移動中のハプニングとしては、

下の子を妊娠中に自分の実家まで車で移動することがありました。

旦那が運転する車の車内

行きも帰りも旦那に運転してもらっていて、

片道1時間半の距離なのですが、

帰り道の車内で気持ち悪くなってしまったのです。

 

その時は自分が持っていた袋の中に吐きましたが、

気持ち悪くなってきたと思って、

水分を飲んで落ち着こうと思ってポカリを飲んだら、

それがきっかけになって吐いてしまいました。

 

なので気持ち悪い時に水分を飲むというのも、

私の場合には良くなかったかなと思います。

 

車の運転に関しては日頃は私がやっていることもあるのですが、

体調のために旦那に任せていて本当に良かったなと思いました。

気持ち悪くなりながら運転をするということは危険ですし、

周りを巻き込む恐れがあるので十分注意しないといけません。

 

妊娠中にやってはいけないこと

妊娠中でも移動をする機会があるのですが、

普段と同じようなタイムスケジュールではなく、

少し時間にゆとりを持って移動時間を考えて、

しんどくなった時には途中で休憩することが大事だと思いました。

 

つわりの時の移動は、

長時間は避けた方が良いかなということを、

身を持って体験しました。

 

また、ビニール袋やウエットティッシュなど、

万が一に備えてしっかりと準備をしておくと安心です。

万が一の時のウェットティッシュ