妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中にダイエットをしても大丈夫なの?

近年、美容とダイエット思考の妊婦さんが

非常に増えている傾向にあると言われています。

体重計に乗って体重を気にする女性

女性はいつだって綺麗でありたいのは当然です。

そのため妊娠中でも容姿を気にする

妊婦さんはたくさんおられるんですね。

 

確かに容姿を気にするのは大切なことなのですが、

妊娠中に関しては考え直したほうがよさそうです。

 

なぜなら、妊娠中のダイエットというのは

おなかの中の赤ちゃんにたくさんの危険なリスクを高めてしまうからです。

 

妊娠中にダイエットをすると赤ちゃんに良くない理由

 

妊娠中はどうしても体重がどんどん増えていき、

妊娠前のようなスリムなプロポーションでいることはできません。

ウエストを測る女性

これは、普段からスタイルや肌の調子を気にかけて

お金をかけてまでケアをしている芸能人ですらそうなのです。

 

妊娠中は不必要なダイエットをしてしまうと

おなかの中の赤ちゃんに危険なリスクが伴ってしまうため

基本的にはダイエットをしてはいけません。

 

というのも、妊娠中に過度なダイエットをしてしまい

赤ちゃんに栄養が行き渡らない状態になってしまうと

低体重児出生の危険が高くなるからです。

 

妊娠中のダイエットで低体重児になるとどうなるの?

 

低体重児は、一般的には『未熟児』とも呼ばれますが、

未熟児で生まれると、赤ちゃんの体の中の臓器が

赤ちゃんとママの手

充分に発達していないままであることが考えられるので

これからの成長に大きな影響が及んでしまうリスクがあります。

 

また、免疫システムがまだできあがっていない赤ちゃんは

内臓が弱いと様々な感染症等のリスクが上がってしまうため

赤ちゃんにとって未熟児のまま生まれると言うのは非常に危険なんです。

 

さらに未熟児で生まれた子供は将来大人になってから

生活習慣病のリスクが高まってしまうという研究データも出ています。

それらの理由から妊娠中はダイエットは避けるべきだと言われているんです。

 

しかしながら妊娠中であっても体重が増えすぎるということも

今度は母体に悪い影響が出てしまうため、

適切なな体重の増加幅に管理することが必要となってきます。

 

その場合は必要な分だけダイエットをする必要が出てくるため、

その場合はダイエットして体重を調整していきましょう。


妊娠中にやってはいけないダイエット

 

先ほど必要な場合は、体重管理のためのダイエットして

体重を調整する必要があるというお話をしましたが、

 

妊娠中の場合は妊娠前のようなダイエットをする事は

基本的に危ないのでやめましょう。

 

具体的には、激しい運動を伴うようなダイエット

(マラソンやウェイトトレーニング)または

無茶な食事制限ダイエットなどは良くないとされています。

アドバイスする妊婦さん


妊娠中のダイエットに最適なのは食事を上手にコントロールすること


妊娠中は栄養のバランスが特に大切な時期です。

そのためダイエットの際も、

きちんとした栄養補給をベースにしなければなりません。

 

また、それに見合った食事をして体重を調整していく必要があります。

 

妊娠中に必要なダイエットは、赤ちゃんがママのお腹で

順調に育って元気に生まれてくるために

必要な環境を整えてあげるためのものです。

 

なので毎日決まった時間にきちんと記録を残し

無理のない体重管理を心がける必要があります。

 

妊娠中のダイエットに最適な食事は、主食、副菜、汁物などの

バランスを意識して1日3回の食事を意識しましょう。

f:id:nextzone:20170114190224j:plain

 

野菜などの健康的な食事をとり続ける分には

太り過ぎることはないので安心してください。

 

特に妊娠中に避けなければならないのは

  • 塩分
  • 脂質
  • 糖質

これらの3つの要素が過剰な摂り過ぎにならないようにすることが大切です。

 

塩分は、妊娠中に危険なむくみ(浮腫)の原因になりますし

脂質と糖質は、赤ちゃんに栄養を運ぶ血液の質を

低下させてしまう可能性が高くなります。

元気な赤ちゃんを産むためにも栄養バランスを意識した食習慣は

必要不可欠と言えますね。

 

さらに、三食バランスも整った食事をとることで、

母体への影響、産後の体調回復を早めることにもつながります。


ダイエットの時に意識したい食事の内容は

主食では、炭水化物はしっかりと取ることです。

 

カロリー自体は大きく違いませんが、

玄米や十六穀米などの穀物を選ぶことで

食物繊維やミネラルを食事の時に補給することができます。

 

さらに副菜ではタンパク質を食事で補うためにも肉や野菜、

大豆などをバランスよく取り入れて

緑黄色野菜やキノコ、ワカメなどのローカロリーな

食材も食事の時にうまく混ぜて工夫しましょう。


女性がいちにちに必要とするエネルギーの量は

約2,000キロカロリーと言われています。

 

高カロリーなものを食べすぎないように外食は控えることです。

 

なぜなら、外食は味を美味しくするために塩分や糖分、脂質が

多い傾向にあるからです。

 

先ほど紹介したような健康的な食事を意識しながら

栄養バランスの良い食事をとり続けるようにして

体重調整をしていきましょう。


妊娠中のダイエットは食事以外にもこのような方法があります


先ほど紹介したような食事でのダイエットも必要ですが

体重管理のためにはお産に向けて体力をつけるためにも

適度な運動は大切になってきます。

 

とはいえ、妊娠中の体に負担をかけるのは

決して良くありません。

 

なので、ウォーキングも息切れしないように

ゆっくりとしたペースで行いましょう。

 

また、妊娠中の体重増加は脂肪分がほとんどなので

軽い有酸素運動がお勧めです。

歩く時間は20分から30分程度で大丈夫ですよ。

ゆっくり歩く妊婦さん

また、体調がすぐれない場合は、無理をせず

早めに適切な休憩を取るように心がけましょう。

 

さらにヨガやストレッチ、ピラティスなども

妊娠中のダイエットに最適と言われています。

 

有酸素運動は代謝を促し脂肪を燃焼するだけではなく、

効果的に酸素を取り込んでエネルギーに変換することができます。

 

胎児に酸素を送る事はママにとっても

赤ちゃんにとっても良いことです。

 

毎日続けることで母体や赤ちゃんに良い影響もあります。

 

ここで注意したいのがお腹に力が入りすぎるような

激しい運動は、不意に子宮収縮が起こってしまうかも知れません。

また、赤ちゃんの負担になってしまうのでやめておきたいところです。


妊娠中の体重管理ダイエットのまとめ

妊娠中のダイエットといってもたくさんありますが、

このページでは妊娠中の方でもできる

 

  • 食事を見直す体重管理ダイエット方法
  • 妊婦さんが安心してできる有酸素運動ダイエット

 

という2つの観点からご紹介しました。

 

ここでご紹介した妊娠中に安全で安心してできるダイエットの

注意点を守れば、妊婦健診で体重の増えすぎなどで注意されることも

少なくなるかと思います。

 

もうすぐ元気でかわいい赤ちゃんに会えます♪かわいい赤ちゃん

決して無理や無茶をすることなくストレス発散もかねて

上手に妊娠中の体重管理をして行きましょうね。