妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中はダイエットしても大丈夫?

妊娠中太るのは絶対に嫌です。

何とか今の40キロ台をキープしたいんですけど

妊娠中のおすすめダイエットって何かないですか?

妊娠中のダイエットに疑問を感じる女性

このような質問をたまに見るのですが、

これを見てあなたはどう思いますか?

 

ここ数年で女性の中に『痩せている=きれい』という

強迫観念に近いような考え方が増えてきています。

 

冒頭の質問の中でも、そういった気持ちが表れているようにおもいます。

 

ですが、基本的に妊娠中は

『痩せてきれいになるためのダイエット』はおすすめできません。

 

産婦人科でも、体重を適正値にコントロールするための

食べ過ぎ防止や適度な運動によるダイエットは勧めるケースもありますが

冒頭の質問のような方のダイエットについては

 

『絶対にやめてください!』

妊娠中の危険なダイエットに警鐘を鳴らす産婦人科医

と指導しています。

 

実は、妊娠中はホルモンバランスの変化を始めとして

とても大きな変化が起こるタイミングです。

 

また、産後の身体の回復や戻りも含めると

2年近く特別な状態にあると言えるんです。

 

その変化があまりにも大きいため、

健康的に栄養管理もして適度な運動をして

ちゃんと過ごすことができた方は、その後に『母性本能』も含めて

妊娠前とは比べものにならないくらい魅力を増す女性も多いんですよ。

 

そこで、

『妊娠中の体重管理のための正しく健康的な妊娠中ダイエット』

と言われているものを詳しく、分かりやすく見て行きたいと思います。

 

・妊娠中に体重管理が必要な理由

体重の増加が限度を超えると、

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病に陥りやすくなる危険があります。

 

また、産道にまで脂肪がついてしまうと

赤ちゃんが通りにくくなり、緊急帝王切開や微弱陣痛など

難産になってしまったり妊娠線ができやすくなると言うリスクもあります。

 

そのため、妊娠中に

『適正体重に管理する』ダイエットが必要な場合が出てきます。

 

しかしながら妊娠中の過度なダイエットは

赤ちゃんまで栄養失調にしてしまいかねません。

 

栄養失調の赤ちゃんは体出生体重児のリスクが高まります。

生まれたばかりの赤ちゃん

さらに成長や発達が遅れる可能性が非常に高いため

栄養摂取に支障が出てしまうような過剰な摂食制限や

流産や切迫早産の危険がある

『激しい運動によるダイエット』を禁止する産婦人科医が多いんです。

 

未熟児にはどんな危険があるのか

未熟児は生まれてきたときの体重が低いと言うだけではありません。

未熟児は体の内臓機能が未熟になっているため

免疫力が弱く様々な感染症にかかりやすいのです。

 

またダイエット以外にも

妊娠中の喫煙や飲酒も妊娠中のダイエットと同じく

赤ちゃんが低出生体重児で生まれてくる原因として挙げられています。

 

さらに未熟児の場合は成人した後糖尿病や高血圧などの

生活習慣病を発症しやすいと言う研究結果も出ています。

 

少ない栄養で育った赤ちゃんは少ない栄養で生きていけるという

遺伝子を持ってしまいます。

その遺伝子を持った子が大人になり栄養豊富な食事をとると

メタボリックシンドロームのリスクが高くなるということです。


体重管理ダイエットが必要な時は誰が判断するの?

妊娠中に体重管理のためのダイエットが必要と判断される場合がありますが

その判断は、赤ちゃんの成長と母胎の血液量増加、羊水量などとのかかわりによる

理想的な体重増加ペースを超えて太ってしまった場合です。

 

その判断は産婦人科医が下して妊婦さんに指示を出します。

産婦人科のベテラン先生

目安としては、1ヵ月で2kg以上の増加をした場合となっていますが

  • その前月の体重増加幅がどうだったのか。
  • 血糖値や血圧、尿タンパクが出ているのか。
  • むくみ(浮腫)はあるのかなど

これらの要素も加味して総合的に判断します。

 

時には厳しい指摘をする場合もありますが、

できる範囲で指示に従って、体重管理を行いましょう。

 

また、食事や運動量などの具体的なアドバイスをお願いすると

もらえる場合もあります。

 

どちらにしても、

妊娠中に危険なダイエットは行わないようにしなければなりません。

 

 

このようなダイエットは絶対にNG!

ダイエットすべき時があるとは言っても

妊娠中はやはり体をいたわりながら体重調整をしたいところです。

 

妊娠中のダイエットで過激な運動やりすぎると

流産の原因となってしまうため絶対に避けたいところです。

 

例えば重いものを持つようなトレーニングや

かなりのハイペースで走る激しいマラソン。

腹筋運動のような腹圧が強くかかるトレーニング。

 

上記のような運動は流産のリスクが上がってしまいます。

 

また、過度な食事制限ダイエットは

赤ちゃんが低体重出生児の原因になるなどのリスクが付いて回ります。

決して良いことではないので、そのような間違ったダイエット方法も

絶対にしないようにしてください

 

妊娠中は果物ダイエットで体重コントロールをしていこう

 

妊娠中の置き換えダイエットのようなものでぜひ取り入れたいのがいちごです。見た目もかわいい1号と言うのは、パパイヤに続き葉酸を多く含んでいる果物です。その他に疲労回復効果のあるクエン酸や、腸内環境整えてくれるペクチン、お子さんにはぜひ摂取していただきたいキシリトールなどが同時に摂取できます。


マンゴー

太陽の恵みと言われているマンゴーは

その名の通り太陽の光をたくさん浴びる南国のフルーツです。

 

マンゴーはアボカドと並び かなり高い数値の予算を含んでいます。

葉酸以外にも視力の低下や目の疲れに効果があるビタミン。

 

カルシウムと結合して骨を生成するリン、花屋髪の毛を美しく保つビタミンビー6など女性にとってうれしい成分がとても多く入っています。

 

キウイフルーツ


キウイフルーツにもたくさんの葉酸が含まれています。

さらに葉酸が体の中で働くときに必要なビタミンCも多く含んでいるため

一石二鳥の食材なんです。

 

実は高栄養かと言われている花よりも食物繊維が圧倒的に多く、お腹もスッキリさせてくれます。さらに血糖値の上昇を穏やかにしてくれるためダイエットにも効果的な食材なんです!


果物以外にもあるマタニティーダイエット


これから妊娠中の果物ダイエットと並行して行っていきたい

マタニティーダイエットをいくつか紹介していきます。

 

まずはマタニティースイミングです。

スイミングならば、水中でできるエクササイズなので

妊娠中に起こる様々な症状の緩和の働きがあります。

 

さらにリラックス効果も非常に高く

子育ての際に悪影響なストレスの緩和にもなります。

 

しかしながら1人でやるのは危険なため

必ずインストラクターのいる場所で行いましょう。

 

マタニティーヨガ

ヨガと聞くだけでも体に良さそうですが

マタニティヨガは、腹圧が高まってしまうような運動を取り除いたポージングが基本で呼吸を整えるダイエット法です。

 

マタニティーヨガにはリラックス効果もあり

多くの妊婦さんに人気のエクササイズです。

 

マタニティーストレッチ

 

ストレッチには体の筋肉をほぐす効果のほか

お産で必要な筋肉を鍛えたり安産につながるのがマタニティーストレッチです。

 

ウォーキング

 

妊娠中は適度な運動を勧められますが、じゃあどうしたら良いの?

という方はウォーキングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ウォーキングは身体にとても良いのでお勧めです。

誰でも簡単にできるエクササイズなのでぜひ取り入れてみたいところです。


妊娠中ダイエットのまとめ

このページの最初の方で紹介したように

基本的には妊娠中のダイエットは控えるようにしましょう。

 

また、妊娠前に太りにくい体質だった方も

妊娠すると体質が変わる方もおられます。

 

病院から体重調整の指示が出た際には、

このページで紹介したような妊娠中の方向けの安全なダイエット方法で

必要なだけ体重を調整するようにしましょう!

産婦人科の看護師

特に果物ダイエットは妊娠中のタイミング以外でも

これからずっと使えるダイエット方法ですので、

これをきっかけに健康的なダイエットの選択肢のひとつとして

もっと詳しいやり方を説明してくれているサイトもありますよ。