妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中のダイエットレシピをまとめてみました!

妊娠中にちゃんと栄養を摂るために

“食べながら体重管理をする”のは本当に難しいですよね。

体重管理に頭を悩ませる妊婦さん

妊娠中というのはとても太りやすい時期です。

ある程度太る事は必要ですが、太り過ぎると母体や赤ちゃんに

悪影響が出るため医師から体重をコントロールするように

指示される妊婦さんも少なくありません。

 

妊娠中のダイエットに関係する内容をまとめているので

ぜひチェックしてみて下さい。


・妊娠中は太りやすい体質になっている


先ほども軽く触れましたが

妊娠中というのは太りやすい体質になっています。

これは、赤ちゃんをまもるためのホルモンバランスや

インスリンの分泌などいろいろな条件が揃うようになっているためで

仕方のないことですが、だからと言って太りやすいままに

そのまま、食べたいだけ食べたいものを食べていれば

短期間で『激太り』なんていうことになってしまいます。

 

これが、ただ単純に太ってしまうだけなら

産後に痩せよう!で済んでしまうのですが、そうも行きません。

妊娠中に太り過ぎるとj分自身の母体やお腹の赤ちゃんに悪影響があるため

程良い体重増加、維持が必要になってきます。

妊婦さんと体重計

そんな妊婦さん自身が体の状態が

なぜ太りやすいのか、なぜ体重管理が必要なのか。

また、なぜ食べないダイエットはダメなのか。

この辺りの理由を見て行きましょう。


・妊娠中に太りやすい理由

 

女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌によって腸の働きが低下してしまっていること。お腹の中で赤ちゃんが成長していくにつれて子宮が腸を圧迫すること。

これらの影響で便秘になりやすくなります。

 

便秘というのは体内の老廃物が溜まりやすい状態でもあり、

そうなるとカロリーを消費する力を弱めてしまうんです。


それが理由で老廃物の排出にエネルギーが使われて行き、

本来脂肪燃焼したいところが、

そこになかなかエネルギーが使われないため、

体重がどんどん脂肪が増えていくんです。


妊娠中に太りやすい理由として今挙げた便秘だけではなく

そもそもの女性ホルモンの分泌バランス変化の

影響もあって太りやすいというのもあります。

 

妊娠中に必要以上に体重が増えてしまうことで

妊娠中毒症(妊娠中高血圧症候群)や妊娠糖尿病のリスクが高まります。

どちらも母体と赤ちゃんに悪影響を及ぼすものなので

体重をコントロールすることが必須なんです。


・妊娠前のような激しい運動は絶対にNG


お医者さんから体重調整の指示が出たところで、

心がけたい食事はこのような形になります。

 

  • 低糖質
  • 低脂質
  • 低塩分

ですが、

このような食事を毎日家族とは別に自分の分だけ作る

というのは面倒ですし、家族との楽しいはずの

食卓が楽しくないと感じてしまうようになってしまうかも知れません。

 

そうなると、体を動かして体重を減らしていくのが

 

一番手っ取り早い方法ではあるのですがそうもいきません。

妊娠中は妊娠前のように激しい運動によるダイエットは絶対にNGだからです。

妊娠中に走る妊婦さん


その理由として激しいマラソンや重たいものを持ち上げるような

トレーニングをすることで、切迫早産や

流産のリスクが圧倒的に高まってしまうからです。


・食べないダイエットの母体と赤ちゃんへのリスク


妊娠中のダイエットの際にもう一つ良くないとされているのが

極端な食事制限等による食べなさすぎです。

これは非常に危険な行為です。


妊娠中にそのような無理なダイエットをすることによって

母体が十分に栄養蓄えられなくなり、

そうするとお腹の中にいる赤ちゃんも栄養失調の状態になります。

無茶なダイエットは禁止です!

そうなることにより生まれてくる赤ちゃんは

未熟児として生まれるリスクが高まる恐れもあります。

未熟児というのは、体の臓器が未発達なまま生まれてくるため

免疫力が非常に弱くなってしまうことや、

将来大人になった時に生活習慣病にかかりやすいリスクが

圧倒的に上がってしまうという研究データも出ています。


そういった様々な理由から

妊娠中に食事制限などの無理な『食べないダイエット』を行ってはいけないんですね。

 

・妊娠中のダイエットは適切なレシピで食べて痩せよう


妊娠中のダイエットは食事を見直して

食べながらダイエットをするというイメージになるのですが、

いざ妊娠中のダイエットレシピについて考えてみると何がいいのか、

どういうものが良くないのかよくわかりませんよね?


妊娠中のダイエットレシピのポイントとしては、

主食を中心にし、主菜、副菜を

バランスよく組み合わせることがポイントになってきます。

野菜中心でバランスの良い食事

ちなみに妊娠中の方に不足しがちな栄養素があります。

特に葉酸、鉄、カルシウムなどが挙げられます。

主菜や副菜にこうした栄養素を取り入れることも重要なポイントです。


また、避けておきたいポイントとしては、塩分を過剰に取りすぎないことです。

 

こういった点を踏まえて作ったレシピがありますので

もし良かったら一緒に見て行きましょう♪


・妊娠中のダイエットに最適なおすすめレシピ

ではこのページのテーマである妊娠中のダイエットに

最適なレシピを2つ紹介していきます。

妊婦鍋

野菜中心のヘルシーな鍋

妊婦鍋とは聞いたことがある方もいるかと思いますが、

しらたき、きのこ、野菜をたっぷり入れた鍋のことです。


それだけではなくタンパク質である白身魚や豚肉または

鶏肉を入れるのもポイント。

この鍋の良いポイントとしては栄養価が抜群だけども

ちゃんとヘルシーに仕上がること。

まさに妊娠中のダイエットにぴったりと言えます。

材料 (2人分)

  • 鶏ササミ(鶏を使う場合)4本
  • 春菊 1パック
  • 小松菜 1パック
  • えのき茸 1パック
  • しめじ 1パック
  • 糸こんにゃく 1袋
  • 豆腐 1丁
  • 長ネギ 1本
  • 白菜 1/4
  • ダシ昆布 18cmくらい
  • 出汁パック 2パック

作り方

 

  • 鍋に水を入れて一口大に切っただし汁昆布を入れてしばらく放置。
  • だし汁昆布を放置している間に野菜などを切っておきます。
  • 野菜たちを切り終えたらだし汁パック中見よう鍋の中に入れて温めます。
  • だし汁今度は沸騰前に取り出して食べます
  • 鍋が沸騰してきたら、野菜を全部入れて煮込んだら完成!

 

美味しく食べるアレンジ

美味しく食べるアレンジは、味付けを自分だけポン酢を使ったり

レモン汁を自分の小鉢にとって、味付けに足して使ったりすること。

塩分を控えることが目的で、ゴマだれなどに比べて圧倒的に低カロリーで

むくみを予防することにみなりますよ♪


豆腐グラタン

豆腐グラタン

豆腐ですのでとてもあっさりしていてなおかつ食べやすいです。


材料 (2人分)

  • 豆腐一丁
  • 人参 1/2本
  • 玉ねぎ(小)一個
  • しめじ 1/2パック
  • 大豆(水煮)一袋
  • コンソメキューブ一個
  • 牛乳200cc程度
  • 小麦粉大さじ2
  • とろけるチーズお好みで♪
  • マーガリン大さじ1前後適宜


作り方

  • 小さめに切った人参をレンジで温めて柔らかくします。
  • その間に玉ねぎをスライスしてブナシメジと一緒にバターで炒めます。
  • にんじんが柔らかくなったら
  • にんじんと大豆を入れて一緒に炒めます。
  • その際にコンソメも入れましょう
  • 小麦粉は一息で入れて粉っぽさがなくなるまで
  • 混ぜながら炒めていきます
  • 粉っぽさがなくなった頃に牛乳を入れて
  • とろみが出てくるまで混ぜながら一緒に煮込んでいきます。
  • とろみが出た頃にいったん火を止めて
  • チーズを軽くひとつかみ入れて余熱で溶かしながら混ぜていきます
  • とろみがでたら表面にパルメザンチーズを追加して
  • オーブンでチーズに焦げ目がついたら完成です。

 

美味しく食べるアレンジ

 

豆腐グラタンのアレンジですが、これはお醤油をベースに使ったり

カレー風味にしてみたりすることで、

味の変化を試してみてはいかがでしょうか。

また、先ほどの妊婦鍋と同じですが、

塩分は『できる限り控えめ』を心がけましょう。

カレー風味は塩分を控えて

味にパンチを出すためにおすすめの方法のひとつですよ♪

また、カレースパイスにカレールーではなく

缶入りで売っている『純カレー粉』を使うのがポイントです。

ターメリック(ウコン)の血流活性化効果もあり、

食べた側からカロリー消費の良い汗をかくことができますよ♪

 

・妊娠中ダイエットレシピのまとめ


特に初めての方は妊娠中のダイエットをどのようにしたらいいのか、

またどんなダイエットが良くないのかなどがあまりわからないものです。


このサイトではどんなダイエット方法が良くないのか、

妊娠中のダイエットに最適なレシピなど、

妊娠中のダイエットに関する様々なコンテンツをまとめました。


お医者さんから体重コントロールの指示が出た時は

是非このページを参考にしてみてくださいね♪