妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中にお茶ダイエットはやって良いの?

・妊娠中はダイエットのためのお茶を飲んでも大丈夫?

妊娠中のお茶はどうなの?

いろいろなダイエット法が流行る中で、お茶を飲むダイエット法と言うものもはやっています。簡単にできるダイエット法なので、妊娠中のダイエットに取り入れたいと考えている方も少なくないでしょう。

ですが、妊娠中にお茶ダイエットをする中で、ひとつだけ問題点があります。

 

それはカフェインの存在です。


実際に妊娠中の方が飲んではいけないお茶としてカフェインが含まれているものが多く挙げられます。その理由としてはその飲み物に含まれるカフェインの作用が母体や赤ちゃんにとって良くない作用を引き起こしてしまうことが理由とされています。

というのも、カフェインは、危ない成分では無いのですが、とても胎盤を通過しやすく、赤ちゃんの体に直接入っていきます。

そしてカフェインを飲んだ妊婦の体と同じ濃度で赤ちゃんに行き渡ってしまい、それが赤ちゃんにとってはとても強い刺激となって、悪影響を及ぼしてしまいかねません。


ですが、妊娠中の方のためにノンカフェインのお茶があったり、お茶を一切飲んではいけないというわけではありません。このページでは妊娠中のダイエットとお茶に関することをまとめていきます。


まずは、妊娠中にお茶が良くないと言われている理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

 

・妊娠中にお茶が良くないといわれる理由

お茶のカフェインが心配です


妊娠中にお茶を飲むことで赤ちゃんにこのような悪影響があります。

先ほども話したようにカフェインは胎盤変わりやすく同じ濃度のまま赤ちゃんの体にどんどん入っています。

そうなるとどうなるかカフェインにある覚醒作用が赤ちゃんの中枢神経を興奮させてしまう働きや、赤ちゃんの体の機能が発達を遅くしてしまうデメリットがあります。


それだけでなく、妊娠中の体にカフェインが入ることによって、アドレナリンが抽出されて毛細血管が縮小し血液が滞りやすくなってしまうんです。

母胎がそのような状態になってしまうと赤ちゃんに重要な栄養素や酸素がきちんと届かずに、その結果赤ちゃんが未熟児として生まれてきたり、早産や最悪の場合、流産になってしまう可能性も完全に否定できなくなってしまいます。


次に母体への影響を見ていきましょう。先ほども話したばかりですが、それ以外にカフェインはカルシウムをたくさん排出させようとする働きがあるため、慢性的なカルシウム不足の危険があります。

それだけでなくカフェインは鉄分の吸収を妨げてしまう働きがあり、慢性的な鉄分不足となって貧血を起こしやすくしてしまいます。

特に妊娠中の時期と言うのは普段よりもカルシウムや鉄分、それ以外にもビタミンをたくさん必要とします。なので基本的にはカフェインは控えといたほうがいいんです。

 

・妊娠中のお茶はものによってはOK


確認はあまり摂取してはいけないと言うことを話してきましたが、ごくわずかであれば飲んでも大丈夫だと思われます。

その理由としては、ごく少量であれば先程のようなデメリットの危険はそれほど高くないということと、カフェインにはイライラ、ストレスを緩和させてくれる働きがあるため、たまにお茶飲むくらいならば、ストレス緩和など心のバランスを整えるという意味ではかなり効果的なんです。

特に妊娠中の時期はストレスやイライラを感じることが多いため、精神状態をコントロールする必要もあります。

そのためのアイテムとしてカフェインを少し摂取するのはおすすめです。あとカフェインは集中力を発揮したい場面でも大活躍します。もしもそのような場面があるのであれば少し前にカフェインを少量飲んで準備をしておくのも効果的でしょう

 

・便秘解消系のお茶でのダイエットはNG


中にはカフェインが入っていないお茶もあり、そういうものを飲んでのダイエットは良いのですが、お茶の中には便秘解消効果がオススメされているお茶もあります。

便秘解消はダイエットをする上ではかなり重要なので、つい利用したくなってしまう気持ちもわかるのですが、そういったお茶の中には効き目が強すぎて強い腹痛を感じてしまったり、便秘を起こしてしまう場合も少なくありません。

特に妊娠中は、ホルモンバランスが今までとは変わってくるため、そういった症状が強く現れることは多々あります。

さらに便秘茶の主な成分が腸内を刺激して便を排出させる、刺激の強い便秘薬のような働きを持っています。中でもセンノシドはセンナ茶の成分として知られ、腸に対して刺激が強く、下痢を起こさせる原因になりかねません。

妊娠前なら下痢自体は問題ないのですが、妊娠中は子宮収縮を招く原因になりかねないため危険性が高いんです。

これらの理由から、妊娠中に便秘解消効果のあるお茶を飲むのは特に良くないと言えるでしょう。

・妊娠中はどんなお茶を選べばいいの?

ルイボスティー

では、妊娠中に飲んで良いお茶はどのようにして選んだらよかという部分ですが、ダイエット茶ついて少しお話をします。妊娠中にお茶ダイエットをしたいと考えて、ダイエット茶は飲んでいいのかと疑問に思う方もいるかと思います。
これまでの話を見ていくと妊娠中にダイエットっていいよ飲むのは良くないと思われがちですが、ダイエット茶の中にもいろいろあります。

先ほども話したように便秘解消などのデトックス系のダイエット茶は、赤ちゃんに悪影響が出る危険があるため妊娠中は避けましょう。

  • ルイボスティー
  • とうもろこしのひげ茶
  • タンポポ茶

これらのカフェインレスのお茶はたくさんあります。

カテキンやサポニンなどの糖質吸収抑制効果をメインにした、プーアル茶やどくだみ茶などは、飲みすぎなければビタミンやミネラルも取れて体重増加を抑制効果もあるのでおすすめです。

・妊娠中のお茶ダイエットのまとめ

妊娠中に飲んでも良いお茶は?

このページではお茶ダイエットがいいのか悪いのかを始め、妊娠中のダイエットとお茶に関する内容をまとめました。

最後に書いたように、糖質吸収抑制効果の高いお茶を適度に飲む分にはお茶ダイエットもありですが、基本的に妊娠中のダイエットは適度な運動と食事の管理がメインとなってくるので、お茶ダイエットだけに依存せずに、体を動かすことを日々の食事を見直すことも視野に入れたいところです。
そもそも心中のダイエットはお医者さんからの指示が出るまではやってはいけないので、もしもそうでない場合は、赤ちゃんに複数のデメリットや危険が伴うので絶対にやめてくださいね!