妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットに最適な鍋料理を大特集!

妊娠中に体重管理で困る妊婦さん

妊娠中のダイエットで困る事は何かと言ったら、赤ちゃんのためにも栄養の管理と体重の管理を徹底しなければならないのに、食欲がなかなか抑え切れないと言うところです。
私も経験がありますが、特に家の中にいるとお菓子は買ってきてあればいつでも食べれますし、ついつい食べ物に意識がいってしまいますよね。


そんな方にうってつけなのが、妊娠中のママさんにオススメのダイエット鍋です。


妊娠中はカロリーが低いもので、尚且つ栄養価が高い食事を取る必要があります。このページで紹介するダイエット鍋ではそれが可能になります。

妊娠中の栄養補給におすすめ鍋


このページでは妊娠中のダイエットに取り組んでいる方にオススメのダイエット鍋のレシピを紹介しているのですが、その他にもそれに関連する様々なコンテンツをまとめています。


目次

  • 妊娠中に不足しがちな必要栄養素とは
  • 妊娠中のダイエット鍋で気をつけたいポイント
  • 妊娠中のダイエット鍋のおすすめレシピはコレ!
  • ダイエットが目的なら妊娠中でも可能な軽い運動も必要
  • 妊娠中の体重管理おすすめダイエット鍋のまとめ

まずは妊娠中に、ついつい不足してしまいがちな栄養素を見ていきましょう。

 

妊娠中に不足しがちな必要栄養素とは

妊娠中の体重管理におすすめなダイエット鍋のご紹介に入る前に

知っておかないと赤ちゃんと自分自身の妊娠中の健康に関わる栄養素があrます

妊娠中に不足してしまいがちな栄養素と、その栄養素はどんな食べ物に入っているのか?についてまとめていきます。

葉酸

特に妊娠初期の段階に積極的に取り入れたいのが葉酸です。
葉酸は特に妊娠初期に摂取すると良いと言われています。この成分は主にタンパク質や遺伝子をつけるのに使われており、この成分が過剰に不足してしまうと流産のリスクも高まると言われています。

などに豊富に含まれています。
葉酸は、下記の野菜に含まれる水溶性ビタミンB群のひとつです。

  • ほうれん草
  • 枝豆
  • レバー
  • 大豆

レバーや大豆などアレルギーがある方は食べられない方もいると思いますが

他の食材でも葉酸は補給することができるので、積極的に葉酸を摂りたい栄養素です。

 

鉄分

妊娠中に葉酸と同じくらい大切な栄養素が鉄分です。

女性はただでさえ普段から鉄分不足に悩まされますよね。

それ以上に妊娠中と言うのは赤ちゃんに栄養を送る関係で、貧血気味になる方が多いんです。


鉄分は次の食材に豊富に含まれています。

  • レバー
  • あさり
  • 牡蠣
  • 赤身のお肉
  • 小松菜


などに豊富に含まれます。


体を温めてくれる成分も必要になってきます。


妊娠中の体の冷えは、赤ちゃんが逆子になってしまう要因の1つでもあります。


ではどんな食べ物を食べるのが良いかと言うと

 

  • 大根
  • 人参
  • ごぼう
  • 生姜


これらがお勧めです。


次にこういった食材を使った妊娠中の方にお勧めなダイエット鍋のレシピを紹介したいところですが、その前に妊娠中のダイエット鍋で気をつけておきたいポイントをいくつか紹介します。

 

妊娠中のダイエット鍋で気をつけたいポイント

 

ダイエット鍋を作る際の注意点を2つ紹介します。

 

食べ過ぎには気を付けましょう

鍋料理は1つの大きな鍋に非常にたくさんの食材を入れて作るものです。

確かにヘルシーな料理ではあるのですが、どんな栄養も取りすぎてしまうのはよくありません。そのためほどほどの量を食べていくのがポイントです。

 

塩分の取りすぎには気をつけよう

次に塩分の取りすぎには注意が必要です。

先ほども書いたように、妊娠中のダイエット鍋はとてもヘルシーなものです。カロリー的にはヘルシーに見えても、塩分の量としてはそんなにヘルシーでないとも言えます。鍋を作る際に醤油、味噌などを使いすぎてしまったり、煮詰まっただし汁をそのまま飲んだりすると、最終的には沢山の塩分を摂取してしまうことになります。


あくまで薄味を意識することが大事になってきます。

*妊娠中のダイエット鍋のおすすめレシピはコレ!

では、妊娠中の方にお勧めなダイエット鍋のレシピを紹介していきます。


・鉄分たっぷりの牡蠣味噌鍋

f:id:nextzone:20170201180051j:plain


材料

  • 牡蠣120g
  • 鮭の切り身2切れ
  • 春菊1/4束
  • 白菜3枚
  • 人参1/6本
  • 椎茸1個
  • エノキ1/3株
  • ねぎ1/2本
  • 絹ごし豆腐1/2丁
  • 昆布だし250㏄


作り方

牡蠣は塩と片栗粉と50ccの水で30秒ほど優しく混ぜて、大体3%ほどの塩水ですすぎます。


昆布ダシ汁をとる。


それぞれの野菜を1口ぐらいのサイズに切っておく。必要に応じてみじん切りにするものもあります。


鍋にみりんと酒を入れて加熱。多少アルコールが飛んだ頃に味噌を加えて混ぜます


鍋を弱火で煮込んで、香ばしさが漂っていたら、春菊、葉、牡蠣、以外の具材を火の通りにくい順番に入れていきます。


それぞれに火が通り始めたのを感じたら、牡蠣を入れます。


最後に春菊、葉などを入れます。

 


これで完成です。


これは非常に鉄分がたくさん入っている鍋料理です。何も考えずに食事をしていると鉄分は意外と摂取するのが難しいものです。そんな中この鍋は妊娠中の方に強い味方となるでしょう。また鉄分だけでなく葉酸を豊富に含んでいる大豆製品の味噌で味付けをするので、妊婦さんにはとてもうれしい鍋料理になります。

 


カルシウム摂取にオススメ!鮭とブロッコリーのミルク鍋

f:id:nextzone:20170201180142j:plain


材料

  • 紅鮭2切れ
  • ブロッコリー1株
  • にんじん1/2本
  • 玉ねぎ1個
  • 固形スープ1個
  • バター20g
  • 小麦粉大さじ2
  • 牛乳1.5カップ
  • 塩、こしょう各少々

作り方


鮭は一口大に切って、塩、小さじ1/2、コショウ、少々、白ワイン、大さじ1これらをまぶして10分間放置します。ブロッコリーは小さなボールか何かに分けて水につけておきます。
にんじんは小さめの乱切りにして、玉ねぎは2センチ程度に四角く切っていきます。固形スープはお湯でとかします。


鍋にバターを溶かして玉ねぎを炒めて、あめ色に変わってきたら小麦粉を振り入れて、弱火で粉っぽさがなくなるまで炒めていきます。
鍋にスープを少しずつ加えて、人参も入れて5分から6分程度煮込んで行きます。


牛乳を入れて、再び煮立ってきたら塩、胡椒で味を整えて、鮭、ブロッコリーを加えて煮えたものから食べて行きます。


鮭はカルシウムを吸収する手助けをする栄養素を豊富に含んでいる魚です。ビタミンDと言うのは日光浴をすることで体内で生成されていくのですが、日光の量が少ない日や、つわりなどで外に出れないような日が続く場合は特にオススメだと言えるでしょう。

 

ダイエットが目的なら妊娠中でも可能な軽い運動も必要

 

ダイエットが目的なのであれば、食事の管理を徹底するのはもちろんのこと、でもそれだけではなく日々の軽い運動も重要になってきます。


妊娠中のダイエットでは、以前のように何でもできるわけでもなく、

極端な方法に取り組めるわけでもありません。

そのため赤ちゃんへの栄養考えながら食事の管理をしながら痩せていく必要があるのですが、やはりそれでは足りない部分も出てきます。

なので効果的にダイエットを行いたい方は、食事の管理を徹底すると同時に、ウォーキングなどの母体や赤ちゃんに負担のない、簡単なエクササイズを取り入れることが重要になってきます。


そういったエクササイズなどもあくまで無理のない程度にできる範囲で行いましょう。

 

妊娠中の体重管理ダイエットのおすすめ鍋のまとめ


このページでは妊娠中のダイエットに取り組む方のための、ダイエット鍋を紹介しました。

ここで忘れないでいただきたいのは、妊娠中のダイエットは、あくまで赤ちゃんの成長の為により良い環境整えてあげるために行うものです。

ですので、あくまでも体重管理を適正値の範囲にできる限りとどめるためのダイエットを行いましょう。

無事出産!元気な赤ちゃんとママ

そのために、美味しく食べられる鍋料理でしっかり栄養補給もして行きたいですね。

もう少しで元気でかわいい赤ちゃんに会えます♪

頑張って行きましょうね!