妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットに効果的な飲み物とは

妊娠中は、母体や赤ちゃんの安全のために無理なダイエットをすることができません。そのためできるだけ母体や赤ちゃんに負担をかけないように、できるだけ無理のない楽な痩せ方をしていく必要があります。


そのための方法は様々ありますが、その中の1つとして今回紹介したいのが飲み物を工夫するダイエットです。
また妊娠中に、あまり好ましくない飲み物と言うものも中には存在します。そのためそれらを踏まえて妊娠中のあなたにオススメな飲み物などを、このページでは特集していきます。

 

妊娠中は飲まない方が良い飲み物もある


まず、最初に妊娠中にはあまり好ましくない、

飲まない方が良い飲み物について少しお話しをします。

早速ですが妊娠中にあまり好ましくない飲み物とは炭酸飲料です。

 

例えばコーラですが、妊娠中の体重管理ダイエットに良くないのは当然ですが

人工甘味料のアスパルテームやカラメル色素などが含まれています。

氷で冷やした缶コーラ

炭酸飲料は妊娠中の時でなくてもダイエットの邪魔になるもの。

無糖ならカロリーは低いですが、そうなると代わりに栄養素もありません。

とはいえ、炭酸飲料を妊娠中の方が飲むとつわり等の影響で口の中や胃の中がムカムカするようなときに口の中がすっきりできるというメリットはあります。


ですが、ほとんどの炭酸飲料には多くの糖分が含まれているため注意が必要になります。

特に炭酸飲料の中に入っている炭酸自体は問題ありませんが、“味のため”に入っている香料や甘味料、着色料などが妊娠中の体重管理だけではない赤ちゃんへの具体的な害につながる可能性もあります。

1日に何本も飲んでしまうような方は、当分の過剰摂取につながるので避けたいところです。


ちなみに、コーヒーや紅茶などを飲むときに入れる砂糖の量は、ティースプーン数杯程度ですよね?ですが市販の炭酸飲料で甘みが強いようなおいしい飲み物は、ティースプーン10杯ほどの砂糖が入っていると考えて良いんです。
糖分を過剰に摂取してしまうことで妊娠糖尿病のリスクも高くなります。

なので極端に炭酸飲料などの糖分の豊富な飲み物を飲む事は非常に危険です。


どうしても炭酸飲料飲みたいのであれば、糖分が入っていない炭酸水を飲むことをお勧めします。

 

妊娠中はカフェインにも要注意です


また、妊娠中はカフェインに注意が必要と言われています。
カフェインは疲れた時とかに摂取するとなんだか疲れがとれたような感じになりますよね。

カフェインが多いコーヒー

ですが、それはカフェインの覚醒作用の働きが錯覚を起こさせているだけ。

しかもそのせいで消化系の臓器に興奮状態を招いてしまいます。

そのため下痢、吐き気等を引き起こしてしまう場合もあり、

コーヒーを飲むとたまにお腹がゴロゴロしてしまう方がいるのはそれが理由です。

他にも様々な悪影響があるのですが、

妊娠中にカフェインを摂取すると、これらの悪影響も胎盤を通して赤ちゃんに行ってしまいます。


ちなみにおなかの中の赤ちゃんにカフェインが与える悪影響ですが、赤ちゃんが大量のカフェインを摂取してしまうと死産のリスクや、発育を阻害する可能性が高いと言われています。


それ以外にも様々な悪影響があるため、できるだけカフェインの摂取は控えるべきです。
可能であれば飲まない方が良いでしょう。

 

妊娠中のダイエットではどんな飲み物が理想なのか


ではどんな飲み物であればお勧めなのかという部分が気になると思います。

これからそれについて話していきます。


麦茶

麦茶

麦茶は『ノンカフェインの飲み物』ですので、赤ちゃんの影響を気にせず飲める飲み物です。

また妊娠中に摂取した良い食物線やミネラルを豊富に含んでいる飲み物でもあります。

また、デトックス力もあるので、むくみ予防におすすめですよ。
しかし麦茶を飲む際は体を冷やしてしまう力もあるので、常温か、少し温かい状態で麦茶を飲むのをオススメします。


ルイボスティー


おれも麦茶と同じでのんカフェインの飲み物です。この飲み物は妊娠中の方が不足しがちな鉄分、カルシウムなどの栄養価が非常に高いものです。
ダイエット茶、健康茶といったイメージをもたれる方が多いのですが、変な味はなく飲みやすいです。


ゆず茶


ゆず茶のいいところは、新陳代謝を活発にして、血行促進をする働きを持つ成分がたくさん含まれているところです。血管が健康的になることで体温も上昇していきます。妊娠中は体の冷えは体的になりますので体温を上げていく事は大事なこと。また新陳代謝が活発になっていくことでダイエット効果も得られるのでダイエットついでに飲んでみても良いですね♪

 

 

妊娠中にこまめな水分補給が大切な理由


妊娠中は、通常の時よりもさらに水分補給が重要になってきます。

その理由は3つあります。

新陳代謝が活発になるから

私たち女性は妊娠することによって、体が栄養や脂肪を以前よりも蓄えるようになっていきます。さらにその脂肪を燃やす男として新陳代謝が活発になっていきます。母体の新陳代謝が活発になっていくことで、それが赤ちゃんにも影響し赤ちゃんの新陳代謝も活発になります。2人とも新陳代謝が活発になりますので、妊娠前の時よりも基礎体温が上がっていくため汗をかきやすい状態になります。なのでこまめな水分補給が必要になってきます。


脱水の危険があるから


先程の理由から妊娠中は新陳代謝が活発になっていくため脱水症状に陥りやすくなります。そうなると水と電解質のバランスが崩れてしまい体の機能がうまく働かなくなってしまうんです。


私たち人間の体と言うのは、たったの2%から3%程度の水分が失われるだけで、脱水熱から始まる脱水症状に陥ります。脱水症状が悪化してしまうと、母体だけでなく赤ちゃんの命の危険のリスク上がってしまいます。
そのためもしも、喉が渇いたな。そう感じた時は既に1パーセント程度の水分は失われているので、直ちに水分補給をするようにしてください。


喉が乾かないようにこまめに水分補給をするのが理想だと言われています。


赤ちゃんを守るために必要だから


妊娠中にこまめに水分補給をする事は同時に赤ちゃんを守るためにもつながってきます。母体がしっかりと水分を持った状態であると、赤ちゃん羊水を循環させてきれいにしてくれる働きもあります。また赤ちゃんに送るための栄養を含んだ血液がサラサラになっていきます。さらに、用水をきれいに循環させておくと言う事は、生まれてくる赤ちゃんのアトピーになるリスクも減らしてくれるんですよ。


これらの理由から妊娠中は特に脱水の状態にならないように、こまめな水分補給が必要になってきます。

 

・妊娠中ダイエットを飲み物で効果的にする方法まとめ

妊娠中の方に必要な情報を添えるために、少し話を逸してしまいましたが、妊娠中のダイエットとして飲み物を見直すのであれば、このページでまとめたように、避けるべき飲み物は避けて、ダイエットに効果的な飲み物を積極的に飲んでいくようにしましょう。

アドバイスする女の子


また飲み物で健康的にダイエットをしたいと考えているのであれば、近年では酵素ドリンクを始め、コールドプレスジュースなどの、妊娠中の方でもできる健康的なダイエットに特化した飲み物がたくさんあります。


多少はお金がかかってしまいますが、ただ痩せるだけではなく、必要な栄養素を摂取すると言う意味でもそれらはかなり大活躍するでしょう。


実際に多くの妊娠中の方がダイエットとしてそういったアイテムを取り入れているので、もし興味があればそちらも試してみてはいかがでしょうか。