妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットの食べて良いデザートを集めてみました

妊娠中の『体重管理ダイエット』は、方法も限られてくるので、決して簡単なものではありません。

また、食欲との戦いに苦戦して、妊娠中の体重管理がなかなかうまくいかないという方もとても多いんです。
特に、妊娠中はデザートが恋しくなるという方も多いですよね。
そこでこのページでは、妊娠中のダイエットをしながらも、食べてもさほど差し支えのない、お勧めのデザートを紹介しています。

f:id:nextzone:20170305234408j:plain

また、妊娠中のダイエットに関することを他にもまとめているので、妊娠中のダイエットについて調べている方はとても参考になるかと思います。

目次

  • 妊娠中にダイエットってしても良いの?
  • 妊娠中のダイエットでのデザート選びのポイント
  • 妊娠中のダイエットにオススメのデザート紹介
  • 妊娠中はダイエットのしすぎに気をつけよう


・妊娠中にダイエットってしても良いの?


妊娠中のダイエットについて少し調べてみると、妊娠中のダイエットはそもそも良くないよ。といったことが書いてあるページに出会うかと思います。基本的にはそういった思考が正しいです。
というのも、そもそも妊娠中はおなかの中の赤ちゃんの分も栄養補給しなければなりませんし、お腹の中に赤ちゃんがいるので、それに合わせた体の変化が起こるのは当然のことです。
そのため、そういったことから体重が増えていくこと自体は当たり前のことなのですが、自分の体重が日に日に増えていくことに恐怖感や不安感を覚え、まれに不必要なダイエットを行ってしまう方がいらっしゃいます。


それはとても良くないことで、何故かと言うと妊娠中に必要のないダイエットを行うことで、赤ちゃんに届なければならない栄養素が、不足してしまい、十分に行き届かなくなってしまいます。
そうなるとおなかの中の赤ちゃんは、少ない栄養価の中で成長していくことになり、そうするとどうしても、未熟児として生まれてくるリスクが高まってきます。
未熟児として生まれてきた赤ちゃんは、体の臓器等が未発達なため、様々な感染症や、様々な合併症等のリスクを背負うことになります。
また少ない栄養価の中で育った赤ちゃんは、そういった環境でも生きていけるように、遺伝子が変更されます。そうなるとその子が将来、周りの人と同じような摂取量の食事をしても、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病のリスクが、通常よりも高くなってしまいます。

このように、妊娠中に不必要なダイエットを行い、母体の栄養状態が不足してしまうと、赤ちゃんが多くのリスクを背負うことになってしまうんです。

そういったことから、基本的に妊娠中のダイエットは進められていないのですが、妊娠中も場合によってはダイエットが必要になる時もあるんです。
先ほど、妊娠中はおなかの中の赤ちゃんに合わせた体の変化から、体重がどんどん増えていくのは当たり前のこと。と言う話をしましたが、その流れで体重が必要以上に増えすぎてしまうこともあり、そうなると、妊娠中毒症や妊娠糖尿病のリスクが高まったり、産道が詰まってしまったり、母体自体にも様々な悪影響が及んでしまうんです。
そのため体重が必要以上に増えすぎてしまった場合や、そうなる恐れがある場合は、お医者さんからの指示で体重調整を行うよう言われる時があります。


そうなった時は、適切な方法でダイエットを行う必要が出てくるんです。

妊娠中のダイエットでのデザート選びのポイント

では、このページのテーマでもある妊娠中のダイエットでのデザートに関する話に入りましょう。
デザートといっても、幅広くあるため、中には妊娠中のあまり向かないようなデザートもあります、逆に妊娠中のダイエットに向いているようなデザートもあります。

しかし、妊娠中のダイエットには、どんなデザートを選んだらよいのかよくわからないですよね?

そこで、妊娠中のダイエットをする際に、デザートを選ぶときのポイントを2つ紹介します。
それは、

 

  • 低カロリー・低糖質を意識すること
  • 妊娠中に必要な栄養をバランス良く摂る

 

この2つがポイントになってきます。まず最初に出てきた低カロリーを意識することについてですが、妊娠中はご存知の通り、お腹が大きくなるにつれて、日常生活の中での動きなどが控えめになってきますね。
そうなると自然といちにちの消費カロリーが減っていってしまいます。
それなのにもかかわらず、いちにちの摂取カロリーを以前のままにしていては、体重は増えていく一方ですよね?
そういうことから、妊娠中はとにかく低カロリーの食事を意識することが重要だと言われています。それはデザート選びの際にも同じことが言えます。
なので、妊娠中のダイエットを考えている方は、とにかくカロリーが低いデザートをチョイスしましょう♪


次に妊娠中に必要な栄養素が含まれているデザートを選ぶと言う事についてですが、これは純粋に、カロリーを抑えるためにも、できればデザートは控えておきたいところなのですが、どうしても我慢できずに、どうせ何かを食べるのであれば、少しでもプラスになる要素を取り入れたいですよね?
そこで、妊娠中に不足しがちで、必要な栄養素をこのタイミングで摂取していくんです。


まとめると、妊娠中のダイエットにオススメなデザート選びのポイントは、カロリーが低いもので、なおかつ妊娠中に必要な栄養素を多く含んでいるデザートと言うことになります。


とは言っても、どんなデザートが低カロリーなのか、どんなデザートが妊娠中に必要な栄養素がたくさん含まれているのか、よくわからないですよね?


次の段落ではデザート選びのポイントを考慮したうえで、妊娠中にオススメなデザートを紹介していきます!

妊娠中のダイエットにオススメのデザート紹介

この段落では、先程の話を踏まえた、デザート選びのポイントを押さえているダイエットデザートを3つ紹介していきます♪


・妊婦さん用寒天ゼリー

材料

  • マグカップ 3杯分)
  • 棒寒天一本
  • 水400cc
  • 牛乳200cc
  • 砂糖100g
  • ミロ大さじ2(20g)

 

作り方

まず鍋に水を400㏄沸かし、もみ洗いして細かくちぎった棒寒天を煮溶かします。
次に、煮立ってから3分程度した後に、牛乳、砂糖、ミロを入れて溶かします。
ある程度煮立ったら、好きな形にそれを流し込んで、粗熱をとります。
粗熱をとったら、冷蔵庫で冷やして、表面が固まっていたら完成になります。


・豆腐のお団子

材料(1人分(お団子のみ232kcal))

  • お団子の生地
  • 絹ごし豆腐60g
  • 片栗粉 60g
  • みたらし団子用のたれ
  • みりん 大さじ2
  • 醤油大さじ1
  • 片栗粉 小さじ1/2
  • サラダ油(フライパンで焼く用)大さじ1
  • お好みで
  • きな粉適量
  • 黒蜜適量
  • めんつゆ 適量
  • バター醤油
  • 醤油大さじ2
  • バター20g


作り方

基本的な材料は絹ごし豆腐と、片栗粉の2つだけです。
ボールがビニール袋に、用意した豆腐と片栗粉を入れて、ひとまとめにします。
生地の硬さは耳たぶぐらいの硬さが目安とします。できるだけ硬すぎないように注意してください。
程良い硬さになったら、お好みのサイズで丸めて団子を作ります。
水を沸騰させて、先ほど丸めた生地をその中で茹でます。
生地が水面に浮いてきたら、さらに5分程度茹でて行きます。そして生地がひとまわり膨らんできたら完成です。
もしも味見をした際に食感が悪ければ、もう一度鍋に戻して、さらに一回り大きくなるまでゆでて行きます。
茹で上がったら、お好みできなこや砂糖醤油、みたらしなどをかけて召し上がってください。


・揚げパン風デザート

材料

  • パン粉 余った分
  • 卵液余った分
  • 牛乳適量
  • バナナ1本
  • はちみつor砂糖適量


作り方


パン粉はフライパンできつね色になるまで炒めます。
オリーブオイルなどを入れても良いでしょう。
そしたら残りの材料を全て混ぜます。
混ぜたものを平べったく形を作り、200度のオーブンで15分焼いてください。それで完成です。


ここで紹介したデザートは、ささっと作れる簡単なものばかりなので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

妊娠中はダイエットのしすぎに気をつけよう

このページでは、妊娠中のダイエットについてと、その際にオススメなデザートを紹介しました。


しかし、妊娠中のダイエットは食事を見直すだけではなく、日常的な有酸素運動が同じく重要になってきます。


その際は、激しい運動などは取り入れなくて良いので、散歩する程度のウォーキングなどでも良いので、合わせて習慣化できると良い効果が出ると思います。


また必要以上のダイエットは、先ほど紹介したように、赤ちゃんにとって大きなリスクになる可能性が高いので、絶対にやめてくださいね。