妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットはなぜ赤ちゃんに良くない?

妊娠中は、ホルモンバランスの影響や成長していく赤ちゃんとともに体重が増えていくものです。

f:id:nextzone:20170212201152j:plain

ですが、妊娠中に初期、中期(安定期)後期と妊婦健診でも体重は厳しく指摘されますし、あまり体重が増えすぎると妊娠中の健康管理だけではなく、産後ダイエットも大変になるという心配があります。

そのため、妊娠中ダイエットに必死になる方もいるのですが、度を越した『食べないダイエット』を行ってしまう方も・・・

そうなると『赤ちゃんへの影響』が心配になります。

このページでは、そんな妊娠中ダイエットの『赤ちゃんへの影響』を一緒に考えて行く特集です。

目次
  • そもそも妊娠中は太りやすい
  • 妊娠中に不要なダイエットをすると赤ちゃんにリスクが及ぶ
  • 逆に妊娠中は太りすぎも良くない
  • もし妊娠中ダイエットが必要な時はどうすれば良い?
  • まとめ

もしも、個人的な理由から妊娠中のダイエットを始めようとしていた方は、特にこのページをチェックしてくださいね。

本来、妊娠中は太りやすい

妊娠中は、ホルモンバランスの影響から、水を飲んでも太ってしまうような体質になっていることをご存知ですか? ちなみに妊娠前から出産直前までの体重増加を見ていくと、どの妊婦さんも大体10キロ前後体重が増えていくんです。 妊娠前の感覚で行くと、これは驚きのハイペースですよね? ですが、妊娠中と言うのはお腹の中の赤ちゃんを守るためにも、女性ホルモンが大量に分泌つされて、それらがフル稼働します。 その中に、水分を蓄える必要性や、ある程度脂肪分を蓄える必要性と言うものがあり、体重が増えやすいのは仕方がないことなんです。 ある程度の体重管理は確かに必要ですが、このような理由から基本的に妊娠中は太りやすいんだな。 と言う認識を持ったほうが気持ちも楽ですよね♪

妊娠中に不要なダイエットをすると赤ちゃんにリスクが及ぶ

先程の段落から、そもそも妊娠中は太りやすい体質になっているということがわかりました。 ですが、このページの冒頭で少し書いたように、増えていく体重に恐れを感じて、ダイエットに励んでしまう方も少なくありません。 実際にそのようなことをしてしまうと、赤ちゃんに対してどのようなリスクが及ぶのかについて解説していきます。 まず妊娠中に不必要なダイエットを行い、おなかの中の栄養状態が不足した状態になってしまうと、その影を頼りにする赤ちゃんも栄養不足の状態になってしまいます。 お腹の中で栄養不足のまま育っていた赤ちゃんは、未熟児として生まれてくるリスクが高まり、未熟児の赤ちゃんは様々な合併症のリスクを背負うことになります。 それだけでなく、未熟児の赤ちゃんは体の臓器等が未発達なため免疫力がとても弱いんです。 そうなると様々な感染症にかかりやすいと言うリスクもあるほか、胎児期に少ない栄養価で育った赤ちゃんは、少ない栄養価でも生きていけるように遺伝子が変更されます。 そのような遺伝子を持った赤ちゃんは、大人になった時にメタボリックシンドロームや、他の生活習慣病などにかかってしまうリスクが一気に高まると言うデータも出ています。 妊娠中に不必要なダイエットを行ってしまうと、このようなリスクが赤ちゃんに及んでしまうことを忘れないでください。

逆に妊娠中は太りすぎも良くない

妊娠中に不必要なダイエットをしてはいけないならば、増えていく体重はそのままにしていいのかというと、場合によってはそうではありません。 妊娠中は適切な体重増加をする必要があり、それを超えて必要以上に体重が増えすぎてしまうと、妊娠糖尿病や、妊娠高血圧症候群などのリスクが高まってしまうんで。 さらに産道に余計な脂肪がつきすぎてしまうと、出産の際に赤ちゃんが出てきにくくなり難産になると言うリスクも高まります。 こういった理由から、妊娠中は太りすぎても良くないんです。 もしも太りすぎてしまった際は、お医者さんの方から必ずダイエットをするように指示が出ます。 そうなった際はダイエットを実践してください。

もし妊娠中ダイエットが必要な時はどうすれば良い?

実際にお医者さんからダイエットの指示が出ても、妊娠中は以前のようなダイエット方法行って良いわけでもなく、実際にどのようなダイエット行ったら良いのか迷われる方も少なくありません。 そこでこれから妊娠中の方でも安心して行えるダイエット方法をいくつか紹介していきますので、参考にしてみてください。

ガムを利用する

これがどういうことかと言うと、特に妊娠初期のつわりの時期にありがちなのですが、つわりの種類によっては、常に何かを食べていないと気分が悪くなってしまう。という状態になってしまうかと思います。 できれば本能に従いたいところですが、その調子で1日中食べ続けていると、必要以上に体重が増えてしまうのは目に見えています。 なのでこのようなタイプのつわりが訪れたら、するめなどの低カロリーで長時間間で満腹感を得られるような食べ物を口にしましょう。 その後にガムを噛み続けることで、不必要なカロリー摂取を抑えることができます

食生活の改善

先ほどは食欲のコントロールについて話しましたが、実際に食生活を改善して行く必要もあります。 お肉や炭水化物が大好きな気持ちもわかるのですが、妊娠中にダイエットをしようと言うのであれば、そういった食生活は好ましくなく、ジャンルとしては洋食よりも和食中心の方が良いと言われています。 それは栄養面もう理由として挙げられるのですが、さらに栄養面を考慮したダイエットとしては、野菜や果物を中心にした食事にすることももう一つのポイント。 中でも緑黄色野菜は妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれている場合が多く、同時に果物を摂取することで幅広い栄養補給ができるほか、生野菜や果物には沢山の酵素が含まれています。 酵素は体の内側にアプローチをかけて健康的なダイエットに導いてくれる最高の成分ですので、妊娠中のダイエットでは、特にそれを味方にしていきたいですね。 またそうしていくことで、低カロリーな食事を取る仕組みが出来上がるので、いちにちの摂取カロリーが減ってくること間違いなしです。

運動

妊娠中のダイエットでは、食生活を改善し、幅広くバランスを摂取しながらも、摂取カロリーを抑えていくということが大事ですが、それと同時にいちにちの消費カロリーを増やしていくのもポイントです。 そのために勧められているのがウォーキングです。 もちろん無理して行う必要は無いのですが、あれば毎日30分前後外を散歩するような感覚でウォーキングをすることが好ましいと言われています。 ウォーキングをすることで体全体の血の巡りを良くし、基礎代謝を上げてくれる上、直接的な脂肪燃焼効果も期待できるんです。 これほど質の高いダイエットを、お金もかけずに身近にできることから、妊娠中のダイエットにはウォーキングがお勧めだと言われています。 また、先ほど紹介したような構想を味方につけると言うポイントを押さえることで、その効果はウォーキングの成果も上げてくれるんですよ♪

まとめ

このページでは、妊娠中のダイエットと赤ちゃんの関係について詳しくまとめました。 妊娠中のダイエットは、ここでまとめた通り、自分のために行うものではなく、赤ちゃんのために行うものだと言う事は絶対に忘れないでください。 妊娠中のダイエットの本質はそこにあります。 また赤ちゃんのために行うダイエットですので、赤ちゃんが危険にさらされるような、無理な食事制限や、重たいものを持ち上げるようなウェイトトレーニング等のダイエットは、絶対にやめましょう。