妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットで「絶食」は危険!やってはいけない理由をまとめてみた

妊娠前から体重が多かった方、もしくは妊娠初期の頃に食べつわりがひどくて過食に走ってしまった。その結果体重がとんでもないことになってしまった。
こうなると妊婦健診の際に、お医者さんからこっぴどく注意を受けてしまいます。
 

産婦人科医師

かといって適正体重に戻すまでに、悠長な方法はとってられないし、いっそのこと絶食をして、一気に痩せてからその後の体重コントロールを穏やかに行っていきたい・・・
 
以前私はこのように考えていました。
ですが調べていく中で絶食をしてしまうと様々な危険が伴うことを知り、
私は思いとどまりました。
そこでこのページでは、妊娠中ダイエットで絶食(断食)を行ってはいけない理由について特集していきたいと思います。
また、適正体重に戻すために私が行った減量方法も後半部分でお伝えしていきます。
 

妊娠中の絶食ダイエットが与える母体への悪影響

妊娠中の絶食ダイエットは前提から行けませんが、ではなぜいけないのか。
具体的に考えられる悪影響についてポイント的にまとめてみました。
  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 栄養バランスの乱れ
  • 産後にママ自身が骨粗しょう症などのトラブルに
絶食は、妊娠中でなくてもかなりのストレスを伴います。
妊娠中はただでさえ食欲が盛んになりますから、そんな時に絶食ダイエットのような食べない系のダイエットをしてしまえば、継続的なストレスがかかってしまいます。
 
ストレスは自律神経の乱れを伴い、
お腹の赤ちゃんが将来的に多動性注意欠陥症候群などの精神疾患を伴うなどの危険性が考えられます。
そして、栄養バランスが乱れること自体がママの母胎には産後のさまざまなトラブルにつながりますし、赤ちゃんにとっては内臓の発育不充分による感染症の危機にもつながる可能性があります。 

絶食をすることによる胎児への悪影響

不適切なプチ断食、完全なる絶食などは、母体の栄養不足を招きます。
  • お腹の赤ちゃんに必要な栄養供給ができなくなる
  • 低体重出生児につながる
栄養が不足した状態だと、赤ちゃんに十分な栄養を供給してあげることができません。そのため赤ちゃんの発達が不十分なまま生まれてくる危険性が高まり、赤ちゃんが生まれてからも赤ちゃんに対する危険は続くと言われています。
 
また、お母さんの体の中でしばらくの間飢餓状態で過ごした赤ちゃんは、少ない栄養価の中でも生きていけるように遺伝子が変化すると言われています。良い面で言えば少ない栄養価の中でも生きているからだになるということです。しかし現代の日本では、少ない栄養価の中で生きていく、と言うよりも、摂取しすぎてしまう栄養をどうしましょう。といった悩みを抱える方が圧倒的に多いですよね。
 
つまり、飢餓状態で過ごした赤ちゃんは、将来的に周りのみんなと同じような食事をしてもその子にとっては食べ過ぎになってしまうため、メタボリックシンドロームなどの成人病になりやすいと言われています。
 
だからこそ、妊娠中は赤ちゃんにきちんと栄養を届けながら痩せていくダイエットをする必要があるんです。
 

つわりで食べれない時は大丈夫なの?

 
つわり中は食べれなくて悩んでしまうママさんも少なくありません。
実際にこの『はきつわり』を経験された方も少なくないんです。
ですが、つわりが長引いたからと言って赤ちゃんに影響が及んでしまうことはありません。

看護師さん

というのも、吐きつわりについてはほとんどの妊婦さんが『妊娠初期』で経験されていて『妊娠初期』はまだ、赤ちゃんの大きさも小さいため、ママが絶食状態になっていたとしても影響がないんですね。
また、妊娠初期の3週目~16週目頃までは一日当たりで赤ちゃんがママの身体からもらっていく栄養素は1日あたり約50キロカロリー前後という小さなもので、尚且つママの身体にもともとあった栄養素だけで育って行くことができるんです。
できれば栄養補給ができたほうが好ましいですが、つわりの時は無理に食べなくても大丈夫と言われているのはこういった理由があるからなんです。
 

私が行った妊娠中ダイエットの方法

 
私は妊娠中に体重が増えすぎてしまい、お医者さんから体重コントロールの指示を受けた経験があります。
 
このページの冒頭でもお伝えしたように、その時に私も絶食ダイエットを検討しました。
 
ですが絶食ダイエットが自分や赤ちゃんにとって良いものではないと知り、他のダイエット方法を取り入れることにしました。
 
酵素ドリンクを活用したダイエット方法です。
 
酵素ドリンク自体は、ものにもよりますが妊娠中の方でも安心して飲むことができるものもあり、妊娠中のダイエットをサポートしてくれる優秀なダイエットサポートアイテムです。
 
もちろん酵素ドリンクなしでもダイエットを成功されている方はいらっしゃいますが、当時時間がなかった私は、こういったものを活用して効果的にダイエットをしようと思ったんです。
 

酵素ドリンクを用いたダイエット方法

酵素ドリンクは飲み方によっては全く効果がありません。
 
全くと言うと言い過ぎかもしれませんが、実際に酵素ドリンクの口コミなどを見ても、酵素ドリンクを飲み続けてみたけど痩せることができなかった。といった方の口コミは実際に存在します。
ですがそれにはあるポイントが絡んでいました。
調べてみると、酵素ドリンクを使ったダイエットで痩せなかった方の多くが、ただ継続して飲むだけで食事のコントロールや運動などの要素を取り入れなかった。
これに対して酵素ドリンクで劇的なダイエットに成功した方のほとんどが、酵素ドリンクを飲む習慣+食事のコントロール(カロリーコントロール)を行い、定期的に有酸素運動をしていたそうです。
 
だから私は1日3回の食事をきっちりと取りましたが、摂取するカロリーや栄養バランスなどをきちんと考え、継続的な運動と同時に酵素ドリンクを飲む習慣を継続して行いました。
 
その結果出産に臨む頃には適正体重まで体重を落とすことができ、何とか無事安産で子供を出産することができました。
 

酵素ドリンクを飲んでいるのに食事や運動の要素が必要な理由

 
酵素ドリンクを飲んでも痩せない方の多くに共通する。勘違いがあります。
それは、ただ酵素ドリンクを飲めば痩せる。と言う認識です。
 
結論から言うとこれは正しくない考え方だと言われています。
というのも、酵素ドリンクのそもそもの役割は、酵素を大量に摂取して体内のデトックスを促進しエネルギーを代謝しやすい身体の状態に変えていく。というものです。
 
なので、継続して酵素ドリンクを飲んだところで、体内がデトックスされてエネルギーを消費しやすい体の状態に変わっていくだけで、飲むだけでガンガン痩せていくと言うものではないんです。
 
しかし、逆を言うと、酵素ドリンクを継続して飲んで体を痩せやすい状態に変えた上で、食事のコントロールを行い無駄にカロリーを摂取せずに、継続して運動して消費カロリーを増やすことによって、より効率の良いダイエットが実現するわけです。
 
だからこそ酵素ドリンクは「ダイエットサポートドリンク」と言われているんです。
 
酵素ドリンクを飲んで痩せなかった方の多くは、食事の要素や運動の要素がなかったと言われています。もしくは足らなかったか。このどちらかです。

妊娠中の絶食ダイエットの危険性まとめ

少し難しい話になってしまいましたが、何かダイエットを検討される際は、こうするとどうなるのか、と言う行動の意味や中身をしっかりと理解して、そのダイエットが今の自分に適切かどうかを判断されることをお勧めします。
 
最近、クックパッドに掲載されていた離乳食のメニューを、実際に作って赤ちゃんに食べさせたところ、そこには赤ちゃんに食べさせてはいけない成分が入っており、赤ちゃんがなくなってしまった。と言う事故がありました。
 
これも、ネットで掲載されていた情報の表面部分だけを見て鵜呑みにしてしまったことが招いた結果です。
 
これは妊娠中ダイエットでも同じことが言えるでしょう。
 
安易に妊娠中はこのダイエットがいいよ!やり方はこうだよ!と言う表面的な部分だけを見てしまうと、うまく痩せることができないどころか、大事な赤ちゃんを危険にさらしてしまうことだってあります。
 
ご自身が気になるダイエット方法が、安全であるかどうか不安である場合はお医者さんに相談してみるのも1つの手段かと思います。
 
なお、私が行った酵素ドリンク+食事のコントロールと運動のダイエットは、妊娠中ダイエットでも安全で効果的なダイエットとして有名な方法です。
 
何をしたらいいかわからないという方は、この方法を取り入れてみると良いと思います♪