妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中のお茶ダイエットは可能?押さえたい点とは

妊娠中の体重管理ダイエットにお茶って大丈夫なの?

妊婦さんの疑問お茶って妊娠中にどう?

お腹の中に、大事な大事な命が宿っている妊娠中。

ママが摂取した栄養などを頼りに成長していく赤ちゃんの安全を考えると、

食べたり飲んだりするものにとても神経を使いますよね。

 

その飲食物の危険性や、含まれている栄養素など、

今までではあまり気にしなかったようなことまで深く考えるようになります。

 妊娠中の体重管理ダイエットが必要になった場合に、何を使ってどのようにダイエットをして良いのか分からなくなってしまうこともあるのではないかと思います。

 

そこで、このページのテーマでもある、妊娠中のお茶を使ったダイエット方法も、実際に安全なのかどうかなどといったところが気になるところだと思います。

結論から言うと、妊娠中のダイエットに適したお茶は実際にあります。

 

ですが、何がどうなるからどんなお茶がいけないのか、

また、どんな理由からどのお茶が良いのかなどといった、

具体的な部分を知りたいですよね。そこでこのページでは、そういった不安を解消するためにも、妊娠中のダイエットとお茶について詳しく調べた結果を分かりやすくご紹介していきます。

 

 

妊娠中のお茶が良くないと言われているのはなぜ?

妊娠中とは言っても、お茶ならカロリーもありませんし、

種類によってはカテキンやサポニンなどの血流をあげてくれるポリフェノール効果なんて聞いた事がある妊婦さんもいらっしゃると思います。

でもそうなると、妊娠中のお茶が良くないと言われている理由って気になりませんか?

 

その理由は、お茶などに含まれているカフェインが深く関係しているようです。

 

どうやら、このカフェインがおなかの中の赤ちゃんと、母体に悪い影響を与えてしまうことから、妊娠中にお茶を飲むことがよくないという話まで変わってしまったようです。

 

妊娠中に1日に飲んで良いお茶は何杯まで?種類は?

お茶

妊娠中に1日で飲んで良いお茶は緑茶の場合は5~6杯(大きめの湯飲み)くらいにとどめておきましょう。

コーヒーに比べればカフェインは少ないですが、

それでもコーヒーがカップ1杯で

100mgのカフェインが含まれているのに対して

緑茶では30mgほどになります。

もちろん茶葉の開かせ方にもよりますが、

二煎目や三煎目となるとダイエットに効果的なアミノ酸よりも

カフェインが濃くなって行く場合があるそうです。

また、お茶の種類でも玉露茶はカフェイン量がコーヒーと同量飲んだ場合に180mgとコーヒーよりも高く、玉露茶は妊娠中には危険な飲み物と言えます。

カフェインがこんな影響を与える

ただただカフェインが良くないと言われても、なかなか納得いかない部分があると思います。

では実際に、カフェインが母体と赤ちゃんにどのような悪影響与えるのか見ていきましょう。

赤ちゃんへの悪影響

バツを出す妊婦さん

カフェインは胎盤を通過しやすい成分であり、赤ちゃんの体に直接的に入ってしまいます。 そうなると、カフェインの覚醒作用が強まって、赤ちゃんの中枢神経を興奮させてしまったり、体の機能が発達するスピードを弱めてしまうという影響を与えます。

 

また、母体にカフェインが入ることで、血流が滞りやすくなってしまうため、赤ちゃんに必要な栄養素や酸素が十分に行き届かずに、それが未熟児のリスクや、早産、流産等にも繋がったりするんです。

カフェインの悪影響はとても大きいようですね。

母体への影響

赤ちゃんへの悪影響を見ただけでも十分重たいことがわかりましたが、カフェインには、カルシウムをおしっことしてたくさん排出させようとする働きが起こります。 カルシウムと言うのは、赤ちゃんにとって必要な栄養素の1つでもあるため、それがどんどん外に排出されてしまっては、赤ちゃんに必要なカルシウムを届けることができなくなってしまいます。

 

また、カフェインには鉄分の吸収を妨げる作用があります。 鉄分もカルシウムと同様に妊娠中に必要な栄養素です。

 

ただ、ここまで見てきてわかったように、妊娠中にお茶を飲むこと自体が良くないのではなく、カフェインを摂取することが良くないと言う事ですので、ノンカフェインのほうじ茶や、ハトムギ茶などを摂取することは全然大丈夫なんです♪

 

妊娠中のお茶ダイエットはノンカフェインを選ぼう

 

先程の段落の文末でも少し触れましたが、妊娠中にお茶を飲むこと自体は、ノンカフェインのものを選べば特に問題は無いので、もしもお茶ダイエットを検討されている方は、ノンカフェインのお茶を選びましょう。

 

では、具体的にどのようなお茶を選ぶことが好ましいのかと言うと、先ほども書いたように、ほうじ茶、ハトムギ茶などがお勧めです、

 

他にも、たんぽぽ茶やプーアル茶なども、体を芯から温めて、新陳代謝や体内の血流を改善したりする効果もあり、とても健康的でオススメなお茶です。

 

妊娠中のお茶ダイエットで痩せる仕組み

 

妊娠中にお茶ダイエットをすると言う事は、妊娠中の方ならではのメリットがあるため、とてもお勧めです。

 

そもそも、お茶ダイエットで痩せていく仕組みを簡単に説明すると、

 

たんぽぽ茶やプーアル茶等の新陳代謝が向上するようなお茶を飲むことで、体内の余分な毒素たちがどんどん外に排出されていて、体内に余分なものが溜まっていかないと言う循環を作ることができ、太りにくい体質に変わっていきます。

 

さらに同じくそれらのお茶には、体内の血流が改善されることで体温が上昇していく効果もあるため、基礎代謝量も増えます。 そうなることで、寝ていても消費していくカロリー数が増えていくため、消費カロリーを増やしにくい妊婦さんにとってはこのようなやせ方がまさに理想的です。

 

また、ほうじ茶などの、塩分の排出に効果的なお茶を飲むことで、体内の余分な塩分を外に排出することができるため、体内に余分な水分を溜め込むことを防ぎ、むくみの解消にもつながります。

 

このように、お茶を飲んでいくことが体の内側にアプローチをかけて、キレイに痩せていくということを実現させてくれるんです♪

 

お茶ダイエットはどう行う?

 

お茶ダイエットのやり方についてですが、特に凝ったものはなく、いちにちにコップ1杯程度の水を数回に分けて水分補給をするかと思いますが、その中に所々ノンカフェインの先ほど紹介したようなオススメなお茶を飲むことで、定期的なお茶の摂取が可能になり、無理なく続けられると思います!

 

 

脂肪吸引のように、実行したらすぐ数字に大きく反映されるようなダイエット方法ではなく、体の内側から改善していき、コツコツ痩せていく方法ですので、お茶を生活の中の1部にしてしまい、あくまでコツコツ長い事行うことが大事になってきます

 

まとめ

このページでは、妊娠中とお茶に対する誤解を解き、妊娠中のダイエットにお茶がお勧めだと言うことを紹介しました。

 

もちろん、お茶を飲むだけで、運動不足のままで良いのか、食生活はそのままで良いのか。と言うわけではないので、それらの改善も必要ですが、それらも改善した上で、妊娠中の方でも安心して飲めるお茶を飲んでいく習慣をつけることで、さらにダイエット効果がアップするという事は覚えておきましょう。

 

なお、つわり等でお茶を飲むと気持ち悪くなってしまうと言う場合は、無理にお茶を飲む必要はありません。 あくまで無理なく続けることが大前提です♪