妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中に体重増加し過ぎた!もしくは予防したい方の為のダイエット方法まとめ

妊娠中にヨガ

妊娠中は、新しい生命に加えて胎児を育てたり守ったりするために用水や脂肪分などもプラスされていき、食欲も盛んになります。いってみれば体重が増えてしまって当たり前の時期でもあります。

しかしそんな妊娠期間中にも適正体重と言うものがあり、それを遥かに超える体重増加をしてしまうと、お母さん自身の体に危険が及んでしまうことや大事な赤ちゃんの命に危険が及ぶこともあるんです。
無理なダイエットはもちろん避けるべきですが、必要に応じて適切なダイエットはしたほうがいいんです。そこでまずは、どんな人が妊娠中ダイエットをすべきでどんな人がダイエットを避けるべきなのか。
また、ダイエットをするならば具体的にどんな方法が好ましいのか、どんな方法を避けるべきなのか。といった点も一緒に見ていきたいと思います。

妊娠中ダイエットをすべき人とそうでない人

妊娠中ダイエットをすべき人は、お医者さんから体重コントロールの指示が出た方です。
一方妊娠中ダイエットをしない方が良い方は、お医者さんから特に減量の指示が出ておらず、体重増加が順調な方、もしくはどちらかというと痩せすぎてしまっている方です。なお、ダイエットといっても、体重増加しすぎないように上手にコントロールするといった意味合いのダイエットもあります。
そういった意味合いのダイエットであれば、お医者様からのダイエットの指示が出ていなくても、増えすぎないように予防すると言う意味でダイエットするのはアリです。

妊娠中に体重増加しすぎてしまった方のダイエット方法

これから紹介するダイエット方法は、妊娠中ダイエットに限らず今後の出産後ダイエットにも役立たせることができます。ではどんなダイエット方法が好ましいのか見ていきましょう。
妊娠中ダイエットのポイントは、胎児への栄養補給を第一にして、余分な摂取エネルギーをカットすることとエネルギー消費量を増やすこと。これに尽きます。妊娠中ダイエットは以前とは違いお腹の中の赤ちゃんの栄養や安全などを考えなければいけません。
それを無視して極端な食事制限や激しい運動による原料を行ってしまうと、赤ちゃんが栄養失調になってしまったり、激しい運動により流産や早産になってしまう恐れもあります。
妊娠中ダイエットの目的はスタイル維持などではなく健康な赤ちゃんを安全にスムーズに産むための体作りの意味合いがあります。だからこそ赤ちゃんのことを最優先に考えた安全なダイエットを行う必要があります。

具体的にどんなことをしたらいいの?

具体的なダイエット方法としては、シンプルに言うと食事の見直しと継続的な運動です。
普段から赤ちゃんの栄養を考えた食事をとっておられるかと思いますが、そこに余分なエネルギーを摂取しないように低カロリーを意識していきたいところです。
そのためには様々な方法がありますが簡単に言うと、食事を和食中心にするもしくは野菜、果物中心にする、腹八分目に抑える。などの方法があります。
また運動に関しては、激しい運動などは行わず家にいる時はストレッチ、外に出て歩く時は姿勢やフォームを意識した歩き方などが効果的です。
なお、妊娠中は継続的にウォーキングをすることでダイエット以外にも正常な妊娠状態を保つために効果的であったり、安全のためにもなると言われています。
無理せず行う分にはいいことだらけですので、意識的に時間を作って毎日継続して行いたい運動です。

妊娠中の体重増加を予防したい方のダイエット方法

妊娠中の体重増加を予防したい方の場合も、上記のようなダイエット方法が有効です。
なぜならば食事の見直しをしてカロリーをカットすることや、継続的な運動してエネルギーの消費量を増やす事は必然的に太ることを予防することができるからです。

妊娠中の時期別の摂取カロリーの平均値

妊娠中に太りすぎを予防するために、
平均的な妊娠中の『時期別の摂って良いカロリー』をご紹介いたします。
  • 妊娠初期=通常時+50kcal
  • 妊娠中安定期=通常時+250kcal(白飯お茶碗1杯くらい)
  • 妊娠後期=通常時+500kcal
おおよそこのくらいの摂取カロリーならば一日の消費カロリーを上回ってしまうことはないと言われています。
カロリーコントロールは体重管理ダイエットの第一歩です。
ですが、あまり神経質になり過ぎると妊娠中のストレスが心配ですので、基本的には体重をできるだけこまめに測って太りそうな予感がする時に事前に摂取カロリーを制限するというのができるのが理想的です。
また、お産は体重コントロールも大切ですが、それよりも体力をつけるためにウォーキングをしたり身体を無理がない程度に積極的に動かしながら筋力が低下しないようにして、微弱陣痛などの難産になってしまうリスクを避けるようにしたいところですね。

妊娠中にやってはいけないダイエット方法

巷では妊娠中ダイエットはやめるべき。と言う声もいまだに残っているようですが、それは以下のようなダイエット方法をしてしまうのがよくないのではないかと管理人は考えています。
  • 極端な断食系のダイエット
  • 激しい運動を行うダイエット
これらのダイエット方法については先ほども少し触れましたね。断食系のダイエットを行うと、確かに一時的に一気に体重を減らすことができます。
とても簡単ですし、体重が一気に落ちると気分が良いですよね。
ですがこれをしてしまうとその間赤ちゃんに十分な栄養を届けることができず、赤ちゃんが栄養不足の状態になってしまいます。そうしてしまうと赤ちゃんが低出生体重児(いわゆる未熟児)で生まれてしまう恐れもあり、そのような赤ちゃんは将来生活習慣病のリスクが高まることも現在の研究で証明されています。
また、ウォーキングやジョギングどころではなく、マラソンを行ったり、ジムで激しいウェイトトレーニングなどをしてしまうと、流産もしくは早産になってしまう危険性が一気に高まります。
こういったことを知らずに赤ちゃんを危険にさらしてしまったと言うママさんも少なくありません。
あなたがそうなってしまわないためにも、やってはいけないダイエット方法のポイントは十分に押さえて安全な方法を取り入れていきたいですね。

酵素もしくはコンブチャでダイエット効率アップ

ダイエット情報に詳しい方は既にご存知かもしれませんが、近年日本国内でもコンブチャや酵素を用いたダイエットドリンクやサプリメントなどが大変人気を集めています。
もちろんどこの商品かにもよりますが、基本的にこれらのダイエットサポートアイテムは妊娠中のダイエットにも活用されることが多く、継続することでダイエットのスピードを加速させてくれる効果が期待できます。
ですが、コンブチャにも種類があり、パウダータイプで完全無添加のコンブチャマナというアイテムも発売されています。
また、妊娠中の便秘予防に最適な乳酸菌が150億個も摂れるということ。さらに妊娠中を通じて必要な葉酸を含むケフィアという乳酸菌も配合されており、無添加であることや前述の通りの特徴から人気になっています。
 

まとめ

妊婦さんのダイエット

妊娠中ダイエットについてはいろんな意見がありますが、してはいけないわけでもなく、むしろした方が良い方もいらっしゃいます。
今現在自分自身がどうなのかをきちんと把握した上で、必要に応じて適切なダイエットを取り入れていきたいですね。