妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中にできるダイエット方法ってどんなの?

妊娠中は、妊娠前の時などと比べるとダイエットでできることが限られてしまいます。 それは、母体や胎児の安全のためなのですが、

母胎の健康と赤ちゃんの成長に対する安全性

という条件さえクリアできるものならば、問題なく行うことができますよ。

妊娠中の安全αダイエット方法

 

とはいえ、産婦人科ではいろいろと難しい注文を付けられてしまうことも多く、そのために妊娠中の体重管理ダイエットに悩んでしまう方が多いんです。 

そういったママさんのためにも、このページでは妊娠中のダイエットの注意点と、実際に安心して行うことができるダイエット方法について具体的な部分に触れてご紹介して行きます。

 

 

妊娠中のダイエットを行う前に確認しておきたいこと

妊娠中の方でも安心して行うことができるダイエット方法は、実際に存在しますが、その前に確認しておかなければならないことがあります。

 

それは、自分が今本当にダイエットをする必要があるのか? と言うところです。

 

日に日に増えていく体重に、不安や恐怖を抱いてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、妊娠中は、赤ちゃんが成長していくことや、赤ちゃんの成長に必要な部分、妊娠中に必要な身体の変化など、様々なことが影響して、ある程度体重が増えていくことは、必要なことなんです。

 

なお、妊娠中は出産までの間におよそ10キロ前後は体重が増えていくのが理想的だと言われています。 そのような体重増加の理想的なペースも存在します。

 

もしも、このままのペースだと太りすぎて体に危険が及んでしまう。 と言うようなペースの場合は、お医者さんから必ず体重管理の指示が出ると思います。

 

そうならないうちは、順調に体重が増えていってる証拠でもあるので、その時にするべき事は、必要以上に体重が一気に増えていかないようにちょっとだけコントロールしてあげると言うことです。

 

なので、話を戻しますが妊娠中のダイエットを行う際は、自分が本当にダイエットをする必要があるのかどうかをきちんと確認してからにしましょう。

 

妊娠中に不必要なダイエット行ってしまった場合のリスク

 

先ほども言ったように、お医者さんから特に体重管理の指示が出てないうちは、ダイエットを急ぐ必要はありません。 にもかかわらず不必要なダイエットをがんばってしまった場合、どのようなリスクがあるのか?という大事な部分について少し解説していきます。

 

妊娠中の不必要なダイエットは、おなかの中の赤ちゃんの栄養不足につながってしまい、そうなった赤ちゃんは 、未熟児として生まれてくるリスクがあり、未熟児の赤ちゃんは内臓部分の成長がまだ完全でないため、免疫力がかなり低い状態にあります。

 

すると、様々な感染症や合併症などのリスクが発生してしまうんです。 さらに、栄養不足のまま育った赤ちゃんは、栄養が少ない環境でも生きていけるように遺伝子が変更されます。

 

そのような遺伝子変更が行われた赤ちゃんは、大人になった時に、生活習慣病などの重たい病気にかかってしまうリスクが圧倒的に高いと言うこともわかっています。

 

このような理由から、妊娠中の不必要なダイエットは赤ちゃんの健康を大きく揺るがすてしまうことになってしまうんです。

太りすぎのリスクも

先程の段落では不必要なダイエットを行った際のリスクについてでしたが、その逆も存在するんです。 このページの最初の方で、妊娠中の理想的な体重増加は、およそ10キロ前後であると話しましたが、そのペースをはるかに上回るような体重増加をしてしまった際は、妊娠糖尿病や、妊娠高血圧症候群などの、重たい症状が発生してしまうリスクが高くなります。

 

実際にそうなると、流産などの非常に重たいリスクを伴うことにも繋がります。 また、太り過ぎによって産道に余分な脂肪がついてしまうと、難産になってしまうという危険もあるんですよ。

 

少々長くなってしまいましたが、ここまで解説した理由から、妊娠中は極端な痩せすぎと太り過ぎがよくなく、適切な体重増加を維持することが必要だということです。

妊娠中もできる安全なダイエット方法

もしも体重が必要以上に増えすぎてしまった場合、お医者さんから体重調整の指示が出るかと思いますが、その際には、どんなダイエットができるのかが分からずに困ってしまいますよね。

そこで、この段落では妊娠中の方でも安全に行うことができるダイエット方法について解説していきます。

そもそも、ダイエットそのものにはたくさんの種類があるけれども、妊娠中の場合は極端なダイエットをしてしまうことで、母体や赤ちゃんにとって様々なリスクにつながりやすい状況であるため、安全なダイエットを行うためには、軸となる考え方がとても大切です。

それが何かと言うと、おなかの中の赤ちゃんのための必要な栄養素をきちんと補給しながらも、摂取カロリーを抑えながら、1日の消費カロリーを増やしていくこと このことを考慮したうえで、極端な食事制限や、母体や胎児に大きな負担になってしまうような激しい運動は控えるということ。

では、これらを踏まえ妊娠中の方でも安全に行うことができるダイエット方法は、

  • 緑黄色野菜を積極的に食べること
  • 毎日ウォーキングを取り入れること
  • 塩分と糖質、脂質の摂取を控えること

 

この3つです。 ではそれぞれについて、詳しく解説していきます。

緑黄色野菜を積極的に食べること

緑黄色野菜を積極的に食べるというのはなかなか難しいことかも知れませんが、できる範囲で良いので『色の濃い野菜』を食べるようにしましょう。

ニンジン・アサツキ・葉ネギ・ワケギ・ニラ・グリーンアスパラガス・ホウレンソウ・チンゲンサイ・メキャベツ・ブロッコリーなどの色が濃い緑黄色野菜を130g

そして次のような

タマネギ・白ネギ・レンコン・ハクサイ・キャベツ・カリフラワー・ダイコン・・・

淡色野菜とも呼ばれる220gほど食べるのが理想的とされています。

食事は、糖質になってしまう炭水化物の量を控えめにして、特に体重が増えすぎている場合は3食に1回、お茶碗半分くらいでも大丈夫です。

 

毎日ウォーキングを取り入れること

先ほど解説した内容と同じ位、これもとても重要なことです。 というのも、妊娠中は様々な体の不調や、大きくなっていくお腹の影響で自然と運動量が少なくなります。

そうなると1日の消費カロリーが少なくなるだけではなく、お産に向けての体力の低下も心配になってきます。

この2つの心配を解消するためにおすすめなのが『ウォーキング』なんですよ。

ウォーキングのメリットは、歩くことで気分転換にもなります。

ただし、注意点もあります。

 

  • 適度な休憩をはさむことと
  • ペースをゆっくりにすること
  • 腹式呼吸と背筋を伸ばすこと

 

その他にも、妊娠中の方でもできる運動は様々ありますが、誰でも簡単に今すぐ始められる運動としてお勧めしたいのはやはりウォーキングになります。 毎日ウォーキングする習慣は、臨月になっても役に立つんですよ。

臨月にウォーキングを行うことで、正期産になるように赤ちゃんを少しずつ子宮口に近づけるような運動にもなります。

 

塩分、糖質、脂質を控えること

この中でも特に注意しなければいけないのは糖質と塩分です。
糖質は、血液の中のインスリンの量を増やして太りやすくなってしまいます。
塩分は、妊娠中の高血圧症候群の危険性が高くなる高血圧に直結します。
またむくみの原因にもなりますので、できるだけ控えたいところです。
そして、脂質なのですができるだけ、完全に摂らないというのは良くありません。
直接お肉の脂身を食べてしまうようなことは控えて、
動物性タンパク質をしっかりとるようにしましょう。
例えば、お肉を食べる時に無駄な脂身を切り捨てて、茹でて油を溶かすようにしつつなおかつゆで汁は捨ててしまうと良いでしょう。

まとめ

妊娠中の体重管理ダイエットのアドバイザー

このページ解説したように、妊娠中にできるダイエット方法の考え方を軸にすることで、様々なダイエット方法の中から、どんなダイエットができるのか、どんなダイエットは避けた方が良いのかという判断ができるようになると思います。

 

なお、先ほど解説した、妊娠中の方でも安心して行うことができるダイエット方法の2つのポイントは、誰でもすぐに始められる安全なダイエット方法ですので、やり方に迷われた方は、それを実践してみるのも良いと思います♪