妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠初期のダイエットを安全に行うための方法と注意点

今回は妊娠初期の体重管理ダイエットについて詳しく見て行きたいと思います。 

妊娠初期の体重管理ダイエット

妊娠初期とは言え、元々体重が多い方の場合、安全かつ健康的に出産を迎えるためにも、ある程度の体重コントロールは行った方が良いと言われています。しかし、妊娠初期と言うのは、胎盤もまだ完成していませんし、体の状態も不安定です。そういった中で流産などの危険なリスクを避けながら安全にダイエットを行うためにはどうしたら良いのか?という部分を見ていきたいと思います。また、妊娠初期の体重コントロールの目安についても一緒に特集していきます。
 

妊娠初期も体重コントロールが大切

妊娠初期はダイエットをしない方が良い。と言う意見をたまに見ますが、もしも食べつわりなどで急激に体重が増えてしまうと、妊娠期間中の今後の体重コントロールが困難になってしまいますし、母体の危険のリスクが高まってしまったり、体重が多すぎたままお産を迎えると、難産になってしまうリスクも高まります。だからこそ、妊娠初期のうちからでも、適正体重に近づけるための正しい体重コントロールであれば必要だと言われています。
 

妊娠初期のダイエット開始の目安

妊娠初期にダイエットをする理由の中でも、スリムな妊婦さんでいたい、もしくは妊娠中に太りたくない。といったようないわゆる自分のためのダイエットの場合は、避けるべきだと言われています。しかし、先ほどもお伝えしたように、妊娠中に必要以上に太りすぎてしまうと母体や胎児に危険なリスクが伴ってしまうため、適切なダイエットであればそれは必要なものとなります。では、そのための目安を見ていきましょう。
 
まず、妊娠3ヶ月までの1週間あたりの体重増加の目安は、100グラムから200グラムだと言われています。なので、毎日こまめに体重を測り、明らかに体重増加のペースがハイペースの場合は、調整する意味合いで体重コントロールが必要となります。また、BMIの値が25を超える方の場合、妊娠期間を通して体重増加の目安は5キロ位だと言われています。細かい部分についてはその人に合った体重増加の目安と言うものがありますので、さらに詳しい部分については産婦人科の先生と相談するのが確実です。今お伝えした内容は、おおまかな目安として参考程度に見ていただければと思います。
 

妊娠初期のダイエットを安全に行うためには

それでは、妊娠初期のダイエットを安全に健康的に行うためのダイエット方法についてみていきたいと思います。妊娠初期のダイエットで重要になるのが食事の要素です。本来であれば運動の要素も同じ位重要視していきたいところなのですが、妊娠初期の場合は体が安定していないため、運動によるダイエット効果はあまり大きく望まないのが一般的です。
 
では、食事の面でどうしたら良いのか。と言う部分ですが、塩分とカロリーを適度に抑える事が大切です。考え方の軸として、塩分を摂りすぎないこと、低カロリーを意識すること。これを常に頭に入れておくことが大切です。妊娠中に限らず、人間が太ってしまうタイミングは、食べ物や飲み物を口にした時だけです。そして、人間は基礎代謝によって運動をしなくてもある程度カロリー消費がされていきますので、食事見直すだけでも十分にダイエットを行うことができるんですよ♪
 

妊娠初期の食事の面でのダイエットの秘訣

先ほど、塩分とカロリーを控えることが大切だと言う話がありましたが、何か料理をする際、できる限り塩分を使わない調理方法の食事を心がけることが大切です。

妊娠初期の食事

蒸す、もしくは茹でるといった調理方法を行う料理を取り入れると、ナチュラルにカロリーカットができます。また、洋食よりは、ヘルシーな和食をイメージして献立を立てるようにすると、自然とヘルシーな食材を選ぶようになりますし、肉の量が減ってきて野菜の量が増えてくるかと思います。そうすることで、自然と低カロリーでバランスの良い栄養補給ができる食事に変わっていくかとおもいます。
 
ではここで一旦整理します。妊娠初期のダイエットでは、食事の要素が重要であり、ヘルシーな和食を意識することで、余計な塩分やカロリーを自然に抑えることができます。無理に運動をせずとも、低カロリーを実現し、基礎代謝と言う身体の機能を活かしてダイエットに取り組むことで、妊娠初期のママさんでも流産等のリスクを避けながら、安全なダイエットを行うことができます。
 

妊娠初期は運動が全くできないわけではない

先ほど、妊娠初期のダイエットでは食事の要素が重要です。と言うお話をしましたが、全く運動をしてはいけないと言うわけではありません。軽い運動で言うと、階段の上り下りや、お散歩程度であればストレス解消にもつながりますし、体を動かすカロリー消費も期待できます。しかし、やはりジャンプをしたり人と激しく衝突するようなハードなスポーツは危険です。また自転車も子宮に近いところに衝撃を加えることもあるため、妊娠初期は避けた方が良いと言われています。
 
適度に体を動かす分には、ダイエット効果も期待できますし、お産に向けた体力維持もできますので、可能であれば安全な運動を心がけたいですね。
 

まとめ

ここでは、妊娠中期のダイエットについて、安全な方法や注意点などをお伝えしました。適切な方法であればダイエットは悪い事ではありません。赤ちゃんがすくすくと育ちやすい環境を作ってあげるためにも、ダイエットが必要な場合は安全に体重コントロールを行っていきたいですね。