妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットに水泳がもたらすメリットとデメリット、注意点まとめ

妊娠中のダイエットで水泳をやってみたいという方が最近増えてきているんだそうです。

水泳

妊娠中ダイエットでできる運動は他にもたくさんありますが、ほとんどが陸上で行うものであり、水泳だと陸では中々刺激することができないような部分の筋肉をふんだんに動かしたりするため、水泳ならではのダイエット効果が期待できるとも言えます。

しかし、妊娠中に水泳をするにしても、適切なタイミングというものがあります。また、以前とは体の状態が大きく異なるため、気をつけなければいけない点もいくつかあります。

ここでは、妊娠中のダイエットで水泳を行うメリットと、知っておきたい注意点などについてまとめていきたいと思います。

 

妊娠中に水泳を行うメリット

妊娠中に行う水泳を、一般的に「マタニティースイミング」と言います。

では、妊娠中に水泳を行うことでどんな効果やメリットが期待できるのでしょうか?

妊娠中の水泳よるメリット↓

  • 運動不足の改善と予防
  • 体重コントロール効果
  • 冷え性改善
  • 肩こりや腰痛改善
  • むくみやセルライトの改善と予防
  • 体力がつく
  • 心と体のリラックス効果

などの効果やメリットが期待できます。

このように「いいとこだらけ」に見える妊娠中の水泳ですが、デメリットや注意すべき点もありますので、もう少し詳しく見て行きましょう。

妊娠中の水泳のデメリット

妊娠中に水泳を行うことのデメリットとして挙げられるのは、主に不便さです。

そもそも近くに水泳施設がない方もいらっしゃると思いますし、あったとしてもマタニティースイミングを受け付けている施設かどうかは場所によります。

プールに行こう!

そして、マタニティースイミングを行うにしても、体の状態によってできるときやできない時もありますので、安定して継続することが難しい運動でもあります。心や体の面などでデメリットなどがあるわけではないため、そういった点では気にする必要がないかもしれませんが、始めるにしても何かと煩わしさが伴うため、そういった点にデメリットを感じる方も多いようです。

妊娠中に水泳ができる期間

マタニティースイミングができる期間というのは大まかに決められています。

一般的には安定期に入る妊娠16週目以降から行う方が多く、施設側でも16週目以降の妊婦さんでないと受け付けないという条件があるところがほとんどなのだそうです。

なお、いつまでできるのかついては、特に決まりはなく多くの方が出産直前まで続けるのだそうです。

妊娠中に水泳をする際の注意点

妊娠中に水泳をする際の注意点をいくつかにまとめてご紹介します。

 

  • 妊婦健診で許可をもらってから行う
  • 水温が冷たすぎないプールを選ぶ
  • 水分補給を注意する
  • バタフライやクロールなどの激しい泳ぎ方はしない
  • 基本は水中ウォーキング

 

基本的に危険な運動ではないとはいえ、健診で先生の許可を得ることが大切です。

最近では妊娠中の体重管理ダイエットに水泳をすすめている産婦人科も多いそうです。

また、最近では妊娠中に水泳をすることができる施設では助産師さんや看護師さんなどが付いているところもあるそうです。

 

万が一のことを考えるとそういった施設を選ぶことも大切です。

体の面で気をつけることといえば、体が冷えてしまうことです。

室温は寒くないか、水は冷たくないか。

といった部分も非常に重要ですので、実際に行う前に細かくチェックしておくことも重要です。(お腹が冷えてしまうと逆子になるリスクが高まります)

水中にいるから水分補給はしなくても・・・と思ってはいけません。

あくまで水泳は運動ですから、水中では汗が出ていることを感じることはありませんが、体内から水分は抜けて行っているからです。

また、水泳をすると言っても、妊娠中は心拍数140以上になってしまう激しい運動は子宮収縮の危険性(切迫早産につながる)があるため、水泳経験がある方でも激しい泳ぎは控えましょう。

おすすめは水中ウォーキング

水中ウォーキング

また、水泳経験のない方は水中ウォーキングがおすすめです。

水の抵抗をダイエット効率に変える効率的な泳ぎ方を知らないと効果が少なくなるかも知れません。

その点、水中ウォーキングなら重力の負荷が腰やヒザ、足首にかからず、水の抵抗で筋肉を付けることができます。

妊娠中に適度な運動ダイエットとして水泳をやろうとしているのですが、ゆっくりとした動きの泳ぎ方か、水中ウォーキングを行うと負担も少なくお産に向けての体力強化と体重管理ダイエットのメリットを引き出すことができますよ♪

妊娠中の水泳が行える所はどこ?

妊娠中に水泳ができるところとしては、多くの場合トレーニングジムやスイミングスクールなどが該当します。

なので、実際にご自身で水泳ができるポイントを調べる際は、トレーニングジムやスイミングスクールに絞ってみると探しやすいかと思います。

直接電話で尋ねるのもひとつの方法ですが、トレ―ニングジムや市営プールなどたくさんの施設にすべて電話をかけて聞くのは大変です。

そこで、近くでマタニティースイミングができる施設があるかどうかを産婦人科や保健所に尋ねるのもひとつの方法だと思いますよ。

もし、通っている産婦人科が水泳を体重管理にすすめている医院なら提携している施設があるかも知れませんからね。

海で泳ぐのはどうなの?

妊娠中に海で泳ぐ事はどうなのか?という部分については、ネット上でもお医者さんの間でも、やめといた方が良いという意見が多いのが実際のところです。

衛生面でネガティブな要素が多いためです。しかし、実際に調べてみると、妊娠中でもちょっとだけ海で海水浴をしたよ。という方も実際にいらっしゃいます。

ただし、これは完全に自己責任になります。近くにきれいな海があるという方にとっては、海でマタニティースイミングできるじゃん!となるかもしれませんが、先ほどもお伝えしたように衛生面であまり良くないと言われていますので、個人的にも「オススメですよ」とは言えません。

まとめ

妊娠中に水泳をすること自体は、心と体にとってとても良いことです。また、継続することで他の運動よりも大きなダイエット効果も期待できます。

しかし、妊娠中であるがゆえに注意点がいくつかありますので、そういった部分に気をつけて安全が確保できた環境で行うようにしていきたいですね。