妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中の白米との向き合い方はEXILE流「おにぎりダイエット」が効果的

 今回はタイトルの通り「EXILE」も実践いているというおにぎりダイエットについて妊娠中でどのような効果があるのかなどを一緒に見て行きたいと思います。

おにぎり

白米は、わたしたち日本人にとって当たり前の存在であり、多くの方が毎日食べているかと思います。そんな白米は、ダイエットの敵とされている炭水化物の宝庫ですので、ダイエット中は白米を避けたいという方も最近では少なくありません。

ですが、白米を食べる事は健康を維持する上でも重要なことであり、あるポイントに注意することで白米が原因で太ることを避け、むしろ効率の良いダイエットを行うことができるんですよ♪

その注意点や食べ方の工夫などについても詳しく見て行きたいと思います。

妊娠中も白米は絶対に食べなきゃダメ?

 

妊娠中に白米を食べなきゃいけないのかという点については「絶対ではないものの、白米で摂ることができる栄養素もある」というのが正確な答えになるかと思います。

お米(玄米や雑穀米も含む)にはDNA(遺伝子情報)の正確な伝達を助ける「核酸」という物質が含まれています。また、野菜に比べれば少ないものの、食物繊維やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルも多少ですがとることができます。

白米

もちろん、これらの栄養素だけを考えるなら、胚乳などがそのままついている玄米や粟(アワ)稗(ヒエ)なども含まれている雑穀米のほうが栄養補給については優れていると言えます。ですが、味や食感などの妊娠中のストレス解消や満足感につながる部分では、白米のほうが炊き方が簡単なことも含めて優れていると言えます。

これは、妊娠中の体重管理ダイエットの戦略が個人差によって(もともと太り気味だったのか痩せ型だったのかなどのBMI数値によっても変わる)変わる要因があるため一概にお米を必ず食べなさいということではないと覚えておくと良いと思います。

妊娠中ダイエットに白米はやっぱりマイナスなの?

では今度は、白米をたくさん食べたい方向けにお話ししていきたいと思います。
一般的に白米を食べる事はダイエットに良くない。というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、白米を食べる=おデブの元 という認識をする必要はありません。日本の有名グループのEXILEのメンバーの方の間では、あえておにぎりを食べる「おにぎりダイエット」というダイエット方法が流行ったそうです。

つまり、彼らはダイエットのために白米を避けるのではなく、白米とうまく向き合っていたのです。これは妊娠中ダイエットをしなければいけないけど、白米を我慢したくない。という方にとっては朗報ですよね。それでは、EXILEのメンバーの方が行ったおにぎりダイエットの話に入る前に、白米を食べると太ってしまう。と言われていた理由について軽く見ていきたいと思います。

 

白米=太る  と言われる理由

白米はGI値が比較的高い食べ物ですので、血糖値が上がりやすく、インスリンの働きによって血液中の糖質が脂肪に置き換えられてしまうため太るというのが「白米は太る」と言われている理由です。
そのため、食べる順番と食べ過ぎが原因で白米で太ってしまう人がたくさんいらっしゃいました。実際私も白米の食べ過ぎで太った経験があります。かといって白米には私たち日本人の健康をサポートしてくれるうれしい成分がある食物である事は変わりありませんし、白米を食べたとしても、うまく向き合うことで太らないように体をキープすることが出来るのも事実です。そのヒントは、先ほどお伝えしたEXILEの方が行った「おにぎりダイエットのやり方」に隠されています。

EXILEメンバーが実践!白米を食べても太らない「おにぎりダイエット」

それでは、EXILEのメンバーの方々が行ったおにぎりダイエットのやり方についてみていきたいと思います。まず最初にお伝えしたいのがおにぎりダイエットの本質です。
これはシンプルに「おにぎりを食べれば痩せる!」というものではなく、白米とうまく向き合うことで太り気味の方が、今後痩せやすい体質になるためのダイエットの準備に効果的というものです。
なので、これをすることで爆発的なダイエット効果が期待できるわけではありませんが、白米を食べることでぶくぶく太ってしまうわけでもありませんし、むしろ痩せやすい体質の下準備ができるため、知って損はないと思います。

おにぎりダイエットの方法

おにぎりダイエットでは、日本人が持つ「穀物に対応しやすい体、油の多い肉類が苦手」という遺伝子的な特徴を活用します。なので、日本人向けのダイエット方法とも言えます。では具体的な方法ですが、白米2合分のおにぎりを毎日4回程度に分けて、その際のおかずは野菜を食べます。こうすることで欧米化してしまった食事をリセットし、日本人らしい本来の体質に戻します。(お肉等から得られるタンパク質は大豆製品を食べることで補うことができます)このような要領で、必要以上にお肉や魚、脂っこいものや甘いお菓子などをできるだけ避けます。
そして、朝はおにぎり1つ、昼はおにぎり2つ、夜はおにぎり1つ、そして各食事のタイミングに野菜だけ(果物もあり)を食べる。

野菜サラダ

このような生活を続けます。なお、おにぎりと言えば何かに何かしらのおかずを入れますよね。そのおかずについては、できるだけ肉類や魚類は避けたいので、ツナ、マヨネーズ、おかか、鮭、明太子などは控えるのが効果的です。昆布やごま塩、梅干しなどをお勧めします。なお、同じ炭水化物となるラーメンやパン等の他の種類の主食は「同じ炭水化物でもグルテンに属する」ため、できる限り食べないようにしましょう。
グルテンは血糖値を上げてしまうだけではなく、最近では遅延型食物アレルギーのひとつであるセリアック病という親子間で遺伝するアレルギーの原因にもなると言われています。
そのため、海外セレブが行っているグルテンフリーダイエットには「ちゃんとした理由がある」ということを知っておくだけでも妊娠中の体重管理ダイエットには大切なことでもあります。

ある程度痩せたら「ヘルシーな食事意識」に切り替える

先ほどご紹介したおにぎりダイエットは、「食べる系」のダイエットになりますので、妊娠中でも安心して行うことができます。
ただし、妊娠期間を通して永遠とおにぎりや野菜ばかりの生活をするのはしんどいですよね。なのである程度体重コントロールができたら、おにぎりダイエットから、シンプルに「ヘルシーな食事」を意識する方向にシフトするのが良いでしょう。
ヘルシーな食事と言うと、妊娠中の場合は栄養素もバランスよく補給したい時期ですので、和食がオススメです。ヘルシーな和食のメニューを意識すると、太る要因となる高カロリーを避けることができ、胎児のために必要なバランスの良い栄養補給を同時に行うことができます。
なので、おにぎりダイエットである程度成果が出たらこのようにヘルシーな食事意識に切り替えましょう。
なお、ヘルシーな食事意識とは言っても、たまには高カロリーなものやヘビーなものが食べたくなる時もあると思います。もちろん我慢をすることも大切ですが、我慢のしすぎはストレスとなりそれはダイエット面でも健康面で見ても、胎児の為にも良くないことです。なので、食べ過ぎてしまわないようにダイエットを意識しながらも、たまにのご褒美に好きなものをあえて食べるというのもありだと私は思います。
例えば、1週間に1回だけは好きなから揚げを食べるというのも良いのかなと思います。

まとめ

妊娠中ダイエットでは、運動面でのダイエットが制限されてしまうため、やはり食事をどのように向き合うか。ここがとても大切です。
ここでは、中でも白米にフォーカスしてダイエットについてお話ししましたが、ダイエットは必ずしも「絶対にこうでなければいけない」と言うものではありません。
なので、おにぎりダイエットなどをやっていく中でもしも違和感を感じた場合は、ここでお伝えした内容を踏まえて「自分にあったダイエット」を進めていけると良いと思います。