妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

安心してできる妊娠中ダイエット方法と太りにくい体作り(妊娠中期)

今回は、妊娠中期(5ヶ月目からの安定期)から始めておくと後期や臨月での激太りを防ぐ役に立つ体重管理のためのダイエット方法と太りにくい身体作りについて一緒に見て行きたいと思います。

妊娠中の体重管理ダイエット

なぜ妊娠中期からの体重管理が大切かというと「安定期」というようにホルモンバランスを始めとして体調が安定しているため、無理さえしなければ運動も出来ますし、多くの妊婦さんが「つわり」が治まっている時期でもあるため、食事管理もしやすくなるからなんです。

つわりに関しては個人差もありますが、長引くこともある食べつわりに関しても食べ方のコツなども含めて簡単ながらご紹介していきますので、一緒に見て行きましょう!

妊娠中期~後期の体重管理が難しい理由

妊娠初期がまだまだお腹も目立つほど大きくなっておらず、個人差でひどい吐きつわりに悩まされる方もいるため、そういった方の場合はむしろ体重が大幅に減った仕舞う方もいるほどになるのですが、妊娠中期(安定期)に入ってからは体調は安定期というだけあって安定する方が多いのですが、安定期からは先ほどもご紹介した「たくわえ体質」がより強く強調される事になります。

というのも、安定期からはプロゲステロンの分泌量が増え始めるためです。

プロゲステロンは胎盤を子宮内壁に安定させる働きの他にも、子宮内の羊水量を一定レベルに保つためや妊娠中に増える血液量のために水分を身体にたくわえようとする働きがあるので、安定期からの体重管理には「塩分摂取量を控えること」が大切になってくるんです。

また、その一方で身体にたくわえる水分は血液と子宮内の羊水にほとんどが使われてしまうため、水分不足によって腸内環境が悪玉菌が増えることで腸内フローラのバランスが乱れて便秘になりやすいのが体重管理にも影響します。

こういった体質的な矛盾を改善するためには水分補給と塩分控えめの食生活が大切になってくるんですね。

妊娠中期から始めたいダイエットと身体作り

まず最初に、妊娠中期にオススメのダイエット方法を一覧でご紹介します。

  • 食事の管理
  • 有酸素運動
  • 筋トレ
  • 酵素ダイエット

これらのダイエット方法です。それでは、それぞれのダイエット方法のやり方の簡単な説明と、それを行うことでなぜダイエットに効果的なのかを見ていきたいと思います。

食事の管理について

妊娠中の食事管理は、食べる量を加減することが大切になるのですが、ただそれだけで良いというわけではありません。
食べる量を少なくすれば太らないというのはあくまで妊娠前の状態であり、妊娠中は激しい運動もできませんし、特に妊娠中期の場合はプロゲステロンというホルモンが分泌されていることによって「たくわえ体質」になっているため、もっと注意深く身体に入ってくるものに対して管理する必要があるんです。

繰り返しになりますが、先ほども触れたとおり妊娠中の安定期(中期)がプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きで「たくわえ体質になっているから」なんです。
そのため、甘いものや塩分の取りすぎ、脂質の取りすぎに注意する必要があります。

また、妊娠中に食事面で注意が必要な部分として、食物繊維と水分補給は注意したいところです。

というのも、妊娠中期から便秘に悩まされる妊婦さんが多く、その理由として生理中と同じプロゲステロンの分泌量が多くなり、その働きで身体中の水分が

有酸素運動

有酸素運動と言えばウォーキングだけでなく、ジョギングや踏み台昇降、水泳などいろいろあります。水泳に関してはお医者さんの許可が必要となってきますが、お医者さんからの許可が出次第、妊娠中期から行うことができます。どの有酸素運動も1つに絞って継続することでしっかりとそのダイエット効果を実感できるかと思います。大事なのは出来る限り毎日継続することです。先ほどの食事制限の段落では、基礎代謝量を下回るカロリー摂取を目指すことの大切さをお伝えしましたが、有酸素運動を継続することで消費カロリーを意図的に増やすことができるため、食事の制限とうまく混ぜ合わせることでより効率の良いダイエットが実現できます。

筋トレ

筋トレも大切ですが・・

安定期に入ったからといって、ジムで歯を食いしばるほど重たい重さのウェイトトレーニングを行ったりするのは危険です。ですが妊娠中の方向けの骨盤スクワットや、マタニティーヨガなど簡単な筋トレメニューを取り入れるのは効果的と言われています。妊娠中に適度に筋肉をつけることによってお産の際にいきみやすくなり、より安産の可能性を高めることができます。さらに人間の体の約40%の基礎代謝が筋肉で行われていると言われています。つまり筋肉量を増やすとそれだけ寝ている間に消費されるカロリー数も増えるため、より効率の良いダイエットが行えます。このページのタイトルでは太りにくい体作りとありましたが、継続的な筋トレを行うことがそれに該当します。なお筋トレをした後は30分以内にタンパク質をたくさん補給するとより効率よく筋肉がつくと言われています。わざわざプロテインを買う必要はありませんが、大豆製品や鶏肉メニューなどのタンパク質がたくさん含まれている料理を意識的に摂取すると効果的です。

酵素ダイエット

酵素ダイエットは近年のダイエットの主流でもあります。実際に私も酵素ドリンクを購入して一定期間集中的にダイエットをしていたことがあります。外部から意識的に酵素を積極的に取り入れることで体内のデトックスが盛んに行われ基礎代謝が向上して痩せやすい体作りをサポートしてくれます。

それと同時に適切な食生活の改善や、継続的な有酸素運動を取り入れることでびっくりするぐらい大きなダイエット効果を実感できるでしょう。逆に多くの方が飲むだけで痩せると勘違いして、ただ飲むだけを続けていた結果思うようにダイエットができなかった。と口コミを書いている方もたくさんいらっしゃいます。もしあなたが実際に酵素ダイエットをする際は、そうなってしまわないためにも何よりも重要な食事と運動の要素を忘れないでくださいね。

妊娠中の太り過ぎを放っておくと危険

実際に私の友人がそうだったのですが、妊娠してから食べつわりの影響で必要以上に太りすぎてしまい、お医者さんからダイエットの指示が出ていました。しかし彼女は、自分の中で「何とかなるでしょう」と言う気持ちがなぜか沸き上がってきて、実際ダイエットをしなかったそうです。

その結果彼女は、産道に余計な脂肪がたくさんついてしまい難産になってしまったのです。

このように妊娠中の太り過ぎを放っておくと、母体が危険にさらされるだけでなく、お腹の中の大事な生命も危険にさらされることになります。

さらに場合によっては妊娠高血圧症候群になり、赤ちゃんが未熟児として生まれるリスクや、早産、死産にもつながる場合もあります。

ですので、体重管理ダイエットが大切になるんですね。