妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットをしすぎてしまい貧血になった経験談

妊娠中に太っている状態だと妊娠中毒症や難産の可能性があるため、出産までにある程度体重のコントロールが必要になります。

もちろんお腹の中の赤ちゃんを成長させるために妊婦さんは栄養をしっかりと摂取する必要があるため体重の増加が見込まれるのですが、それでも妊娠中にダイエットの需要がある場合があります。

 

そのダイエットはあくまで妊娠中なので胎児に悪影響があるような痩せ方ではいけないのです。となるとダイエット方法や運動、食生活など注意が必要になることが多いので失敗する方もおられます。

今回はそんな妊娠中ダイエットをして貧血に悩まされた方の体験談をお届けします。妊娠中は貧血予防も大事なポイントになるので参考になるのではないでしょうか。

 

私が妊娠中にしてしまった失敗は、ダイエットをしすぎてしまったということです。そのことについて、とても反省をしています。それはなんといっても、自分ひとりのことではないからです。妊娠をしているということは、赤ちゃんがいるということなんです。それは、自分ひとりの体ではないということですね。しかも、私の行動がそのまま赤ちゃんに影響してしまうのです。

妊婦さん

今回は、赤ちゃんに影響することがなかったと感じます。しかし、ダイエットをすると必要な栄養素が赤ちゃんに届かなくなるなど、大変なことがたくさんあります。今回のことを振り返り、二度と起こしてはならないととても反省をしています。

私が妊娠中にダイエットをしたのは、妊娠6ヶ月の時でした。その前は、つわりが5ヶ月頃まであったので、その結果ほとんど食べることができなかったのです。
ところが不思議なことに、そんなに食べることができないにも関わらず、やせることはなかったのです。それは少しだけ食べていた分が、全て栄養素として取り込まれたということと感じます。赤ちゃんにとっては、つわりといっても栄養素が必要なんです。その結果、少し食べた分が赤ちゃんにいったことはとても良かったと思っています。

その後は、つわりの時につわりが終了したらこんなものが食べたいと思っていたものを食べることにしました。それは妊娠でつわりがある人は、理解できることですね。つわり中に食べることができないものを想像して、それが終わると絶対食べてやるという、そんな気持ちがあるのです。私もその時、そんな気持ちを持っていました。

そして、つわりが楽になったとたん、いろいろなものを食べるようになったのです。つわり中に食べることができずに我慢していたものとして、カツ丼があります。カツ丼は、絶対食べると思っていたので毎日のように食べていました。すると、想像していた通り、太ってしまったのです。

その時、私の考えが甘かったのです。そのつわりが終了した後にたっぷりと食べると、なんとか食欲がおさまると思っていたんです。ところがそれは大きな間違いだったんですね。食欲がおさまるどころか、かえって食べたいという気持ちが強くなり、その後もずっと食べ続けることになったのです。しかし、そんな状況でもいつかは、大丈夫だろうと思っていました。ところが大丈夫ではありませんでした。その後も食欲は強くなり、最終的に7ヶ月で7kgも太ってしまったのです。

 

食事

それは大変なことなのです。3ヶ月ぐらいでそんなに太るということは、血圧など身体に影響します。それは切迫早産などになりかねないのです。そして医師から早急にダイエットをするように言われました。その時、急激なダイエットはいけないと思っていたものの、そのことがとてもショックだったのです。

そのため、早速気持ちを切り替えてダイエットをすることにしました。通常の妊娠している時のダイエットというと、食事を制限するのではなく糖質や脂肪分の少ない食事をすることが大事ですね。ところがそのことがわかっているものの、早く体重を減らさないといけないと感じて、無理なダイエットを行っていました。

そのひとつに野菜ばかりを食べていたということもあります。炭水化物を減らすことはもちろんのこと、野菜を多くとってカロリーを減らしたいと思ったのです。しかし、栄養のバランスが悪かったんですね。野菜をとっていたら、その他のモノを摂取することがほとんどなくなっていました。

すると、面白いように体重を減らすことが出来るのです。蛋白質はとるようにしていたので、それで十分と思っていました。最終的には、太った7kgを2ヶ月で3kg減らすことができたのです。妊娠している時に、それだけ減らすことができるのはとても大変です。それができたと思って、とても喜んでいました。

ところが、フラツキが見られるようになったのです。それは歩いていると、フラフラする、入浴をすると立ち上がる時にめまいがするなどです。そんな事を繰り返していた時、ついに大変なことになりました。それは、倒れてしまったのです。貧血が強くなり、前のめりになり立ち上がることができなくなったのです。

それが起きたのは、自宅でした。畳の上だったのです。畳の上で良かったと思っています。もしもコンクリートの上などでなってしまったら、大変な事でした。そのことを思い出しただけでも、冷や汗が未だに出ます。

貧血については、その後に注射をすることになりました。3回の注射で貧血もおさまり、なんとか分娩まで持って行くことができたのです。それは、本当に良かったと思っています。もしもその時、激しく倒れていたら、怪我をしていたと思います。

何事も、加減ということが大事と感じました。なんとかしたいと思っても、急激に痩せることは無理なのです。特に妊娠中は、赤ちゃんのことを一番に考えて行動することが大切なのです。そのことを身に染みて感じた事でした。