妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中の下半身ダイエットの方法と注意点、知っておきたい重要ポイント

下半身ダイエット中の妊婦

 

妊娠中の下半身太りにお悩みではありませんか?
このページでは、妊娠中の下半身ぶとりに効果的なダイエット方法をご紹介していきます。
また、後半部分ではそもそも何で妊娠中は下半身が太りやすいのかといった部分や、ダイエットをする際に知っておきたい注意点や危険性等についても解説していきます。
 

妊娠中の下半身ダイエットに効く3つの方法

それでは早速の下半身ダイエットの方法をご紹介していきます。
 

睡眠時に足の位置を高くして寝る

夜寝るとき夜お披露目をする時などに活用できる方法になりますが、やり方としては枕やくるくる巻いたバスタオルなどを足の下に敷いて、足を床から大体20センチ前後位の高い状態にして寝ます。
たったこれだけです。
この方法により、下半身に溜まりやすい水分を体中に分散する効果が期待でき、安定期に入る前の妊婦さんにもオススメのダイエット方法です。
 

毎日ウォーキング

妊娠中に最適な運動と言われているほど、ウォーキングは毎日取り入れたいエクササイズの1つです。
毎日継続して歩くことで、下半身の血液循環が良くなり足のむくみの解消につながります。
その上体内の基礎代謝が向上するため、脂肪燃焼効果にもつながります。
基本的に妊娠期間を通して行える運動ではありますが、体が安定していない妊娠初期のうちはほどほどに行うことが大切で、歩くのであれば担当医の指示や許可を受けてからお勧めします。
 
こちらは臨月になっても行える運動ですし、継続すると安全効果も期待できるのでお勧めです。
 

マタニティーエクササイズ

YouTubeなどで検索すると妊婦さん向けのちょっとしたエクササイズを紹介している動画がいくつか出てきます。
お医者さんから運動を停められている方はお勧めできませんが、基本的には妊婦さん向けに考案されたエクササイズでどなたでも取り組めるものですので、お家の中で何かしたいと言う方はこちらを実践してみると良いでしょう。
 

妊娠中の下半身ダイエットのポイント

妊娠中の下半身ぶとりの多くは脂肪と言うよりは、妊娠に伴う浮腫であることが多いです。
もちろん、むくみにしても脂肪にしても上記でご紹介したダイエット方法が効果的であるのには変わりありません。
ただ、もしも下半身ぶとりの原因がむくみである場合は、それを放っておいてしまうとむくみと脂肪細胞が結びつきセルライトに発展してしまう恐れがあります。
 
一度セルライトができてしまうとなかなか改善するのが難しくなり、痩せにくく太りやすい状態が出来上がってしまいます。
セルライトに対しても基本的にはダイエットのアプローチ方法は大きく変わりませんが、深刻なセルライトに発展してしまう前にトラブルを解消してしまう方が安心です。
 

なぜ妊娠中は下半身が太くなりやすいのか

妊娠中に下半身が太くなりやすいのには、理由があります。
 

脂肪蓄積をサポートする酵素の働き

酵素と言うと逆にダイエットの味方になってくれる優秀な成分のイメージが強いかと思います。
ですが、酵素にもいろんな種類があり、女性の場合はリポ蛋白リパーゼという酵素が男性よりも多く存在します。
普段は血液中のコレステロールを整えてくれるうれしい働きをするのですが、あることをきっかけにその働きが鈍ってくると血液中に流れている中性脂肪を体内にキープしようとする働きをしてしまいます。
中性脂肪はメタボリックシンドロームの原因にもなりますので、こういった働きはネガティブです。
先ほど、「あることをきっかけに」とお伝えしましたが、リポタンパクリパーゼの働きが鈍くなる原因は運動不足です。
妊娠中は、安定期に入るまで基本的に今まで以上に運動する機会が減るかと思います。
多くの方はそのタイミングでリポタンパクリパーゼの動きが鈍ってしまい、今後太りやすい体質になってしまうのです。
 
それに加えて女性は男性とは違い、お腹周りよりも足回りが先に太りやすい仕組みになっています。
そのため、妊娠すると下半身が太りやすい。と言う状態になってしまうのです。
 

妊娠中の下半身ダイエットで知っておきたい危険性や注意点

そもそもダイエットすること自体は決してネガティブなことではありませんが、妊娠中の場合は注意しなければいけないポイントがいくつかあります。
 
それは
  • 無理して追い込まないこと
  • 不必要なダイエットはしないこと
これらが妊娠中ダイエットで注意したいことです。
無理して追い込まない。と言うのは、痩せたいあまり運動を激しく行ってしまったり、極端に食べない系のダイエットをしてしまったりすることです。
これをしてしまうと胎児の健康どころか命にまで関わる重大な問題に発展する恐れがあります。
あくまで安全に末永くやっていくイメージでいきましょう。
 
そして不必要なダイエットはしない。と言うのは店さんの中には少々痩せすぎている妊婦さんもいらっしゃいます。
そういった方の場合は、基本的に痩せると言うよりはちょっと太って適正体重に合わせる位の感じがベストです。
妊娠中はある程度体重増加をしないと胎児の健康や命に関わってくるので、お医者さんからダイエットの指示が出るまでは、無理にダイエットするのはお勧めできません。
それでも足の太さが気になるのであれば、ここでもご紹介したような足のむくみ解消のダイエットする程度に留めておくことをお勧めします。
 

なぜ下半身が太くなってしまったのか。を考えることも大切

足痩せしたママさん

下半身が太くなってしまうのも、それがむくみなのか、脂肪の蓄積によるものなのか、といった違いでダイエットのアプローチ方法も変わってきますよね。
基本的にヘルシーな食生活や継続的な運動していればどちらの原因にもアプローチをすることができますが、なぜ太くなってしまったのか。と言う部分を突き詰めて根本的な改善をすることも大切です。
この後ダイエットする前に改めて、なぜ足が太くなってしまったのかについて、まずは振り返ってみてはいかがでしょうか?