妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中でもウェディングドレスを少しでもきれいに着たい!安全にできる裏技ダイエット

妊娠中のウェディング

妊娠中に結婚式を挙げることになった場合、ウェディングドレスを少しでもきれいに着るためにダイエットしたい!と思う女性は少なくありません。
しかし多くの妊婦さんが、胎児への悪影響などが心配で、どんなダイエットをしたら良いのか悩んでいるのが現状です。
あなたもそのような悩みをお持ちでないでしょうか?
ダイエットにも、いろんなアプローチ方法がありますが、時間があまり無い方にこそ実践していただきたいダイエット方法をご紹介します。
もちろん、胎児への悪影響の心配はなく、安心して行うことができます♪
 

結婚式を控えた妊婦さんにオススメの裏技ダイエット

大事なことなので最初にお伝えさせていただきますが、このダイエットは、太り気味であることから妊婦検診にて減らす方の体重コントロールを指示された方に実践していただきたいダイエット方法です。
 
ここでご紹介するダイエット方法では、一旦運動の概念は置いといて、食事だけにフォーカスしていきます。
 

なぜ運動はしなくていいの?

運動を一切しなくて良いわけではなく、もちろんできるならばウォーキングなどは行った方が良いです。
ですが、運動の概念を一旦置いといて。とお伝えしたのには理由があります。
 
なぜならば、ダイエットには運動と食事のパワーバランスがあります。
そのバランスというのは、食事が70%、運動が30%です。
つまり、どんな食生活を過ごすかによってめちゃくちゃ太るか、どんどん痩せていくかの影響力が大きいと言うことです。
逆を言うと、運動によるダイエットの影響力は30%程度にとどまるため、時間にあまり余裕がない方の場合は、食事の見直しにフォーカスした方が圧倒的にダイエットの効率がいいんです。
 
もう一度言いますが、当然運動もしたほうが効果は高まります。
ですが、どっちつかずになるくらいであればまずは食事の方を徹底的にやっていきましょう。と言う話です。
 
人間は、太るときは必ず食事が原因です。
そもそもここを見直すことができなければ、これからも太っていく可能性がありますし、食事の見直しによるダイエットへの影響力が70%程度を占めるのであれば、もはややるしかないですよね!
 

どんな食事の見直しをすれば良いの?

細かく言ってしまうといろいろありますが、あえてシンプルにまとめるならば、これからの食事はヘルシーな和食に切り替えましょう。
そして、お腹いっぱい食べずに腹八分目程度に留めておきます。
 
かなりざっくりではありますが、この2つが徹底的にできれば着実に成果は出てきます。
これをちゃんとやってるつもりでも結果が出ない場合は、食事の内容が何かずれているか、必要以上に食べ過ぎてしまっているか、になります。
なので、痩せない時の原因究明も非常にシンプルですよね。
 
とにかくこの2つのポイントだけにフォーカスしてダイエットをしていきます!
 
和食にすると赤ちゃんに必要な栄養を幅広く補給できる
このダイエット方法では、今後の食事を和食にガラッと切り替えます。
日本では、古くから和食の文化が伝わってきていますが、和食ってめちゃくちゃ凄いんです。
洋食の簡単レシピなどに比べると、作るのはちょっと手間かもしれませんが、基本的に和食は妊婦さんに必要な栄養をバランスよく補給できる素晴らしい食文化なんです。
なお、和食にもヘビーなものもありますが、そういったものを避けることによって、赤ちゃんのために必要な栄養をバランスよく補給しながらも、必要以上にお肉の元になるようなものを摂取せず、なおかつ腹八分目程度に留めておけば、食べなさすぎないこともないし、食べ過ぎにもなりません。
 

このダイエットのポイント

このダイエット自体は非常にシンプルですが、押さえておきたいポイントを言うならば、1回の食事でたくさんの品目を用意することです。
和食はいろんな栄養バランスよく補給できるよ!とはいっても、おかずが1つ、2つ程度だとやっぱり摂取できる栄養も限られてしまいます。
なので、たくさんの品目を摂取することが大切です。
 

和食を作ったことがない方はクックパッドをフル活用!

私も最初はそうでしたが、和食を作ったことがない方からすれば、和食と聞くだけでかなりめんどくさく難しいイメージですよね。
 
ですが、実際にクックパッドで「妊娠中 和食」といったような感じで検索すれば、妊婦さんも安心して食べられる食材で作れる簡単レシピがたくさん出てきます。
最初は覚えるのが大変かもしれませんが、ここでヘルシーな和食メニューを覚えてしまえば、それをそのまま今後も生かすことができます。
産後ダイエットにも活用できますし、今後の子供の成長やご自身の健康管理にも役立たせることができます。
 
和食を覚えて損する事はまずありませんので、このタイミングで和食料理に挑戦してみるのもいいかもしれませんね♪
 

痩せすぎの方はダイエットNG!

妊娠期間中は、ご自身のプロポーション維持のためのダイエットは基本的にはNGです。
妊婦さんのダイエットは、赤ちゃんが少しでも良い環境で成長できるように調整する意味で行います。
ダイエットする必要がなく、むしろ太る必要があるのにダイエットをしてしまうと、胎児の健康に悪影響が及んでしまうだけでなく、下手すると生命を危険にさらすことにもなります。
 
なので、そもそも産婦人科で「痩せる必要がなく、むしろもう少し太ったほうがよい。」と言われている方は、このダイエットはしないことをお勧めします。
和食を食べること自体は問題ありませんが、腹八分目なんて言っていないで、しっかり食べちゃってくださいね♪
 
それでも腕の太さや足の太さなどが気になると言う場合は、むくみ解消に注意を向けてみると良いかもしれません。
 

むくんだ手足を解消するためのコツ

むくんだ手足を解消するためのポイントとしては、ストレッチやリンパマッサージ、ウォーキングなどもオススメです。
しかし、ここでは食事の見直しをテーマにしてお伝えしているので、むくみの解消も食事で改善したいましょう。
 
むくみ解消のための食事の見直しでは、フルーツにバナナ、1日1回納豆を食べると効果的です。
 

なぜバナナと納豆なのか

体がむくんでしまうのは、体の中に必要以上に塩分(ナトリウム)があるからです。
逆に、体内のナトリウム濃度を下げることができれば、必要以上に水分を溜め込む働きが弱くなるため、自然とむくみが解消されていきます。
なんと、都合が良いことにこのナトリウムを効率よく排出してくれる素晴らしい栄養素があります。
それはカリウムです。
そのカリウムがたくさん含まれている食べ物が、バナナと納豆なのです。
もちろん、他にもいろんな食材にカリウムは含まれていますが、比較的身近で含有量が多い食べ物がこちらになります。
 
カリウムを摂取して、ストレッチ、ウォーキングなどを行えば効率よくむくみを取り除くことができるでしょう♪
 

必要以上に痩せないように注意しよう

妊娠中のウェディングドレスの為のダイエット

このダイエット方法を正しく継続することができれば、今までいろんなダイエット方法で失敗してきた方でも、おそらく効果が実感できます。
そうなってくるとダイエットが楽しくて夢中になってしまう気持ちもわかりますが、あくまで妊娠中であるからこそ、ほどほどにコントロールしていかなければいけないと言う事は忘れてはいけません。
 
ウェディングドレスをきっかけに、今までなかなかうまくいかなかったダイエットがうまくいけば、結果として出産の際に安産になる可能性も高まりますので、ダイエットが成功すればいろんな喜びにつながるかもしれませんね♪