妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットは便秘解消でスムーズに!お通じ改善に必要なこと

妊婦さんの便秘
妊娠中ダイエットがなかなかうまくいかずにお悩みではないですか?
もしも今現在便秘の場合は、それが原因でダイエットがなかなかうまくいっていないかもしれません。

というのも、便秘の状態と言うのは、体が痩せにくく太りやすい状態を作っている可能性があるからです。

しかし、妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンの働きによって、便秘になりやすい状態です。
こういった状況下の中で、便秘を解消してダイエットしやすい方向に向けていくためにはどうしたら良いのか、また、妊娠中の間違ったダイエットで便秘の状態を自ら作っている可能性もあるかもしれませんので、そちらについてもページ内で解説していきたいと思います。

 

便秘の状態は痩せにくく太りやすい

便秘の状態と言うのは、腸内環境の蠕動運動というのが非常に弱い状態です。
こうなると食事から摂取した脂質、糖分などの脂肪の原因になるエネルギーを体内でうまく消費することができずに、脂肪になって体に蓄積されやすくなります。

このようにして代謝が低下してしまうことから、便秘になると痩せにくく太りやすい状態になってしまうのです。

つまり、便秘の状態と便秘の状態でない場合を比較すると、同じ人が同じものを食べても便秘の状態の時の方が圧倒的に太りやすいと言う事ですね。
いろんな条件の中で、少しでもマイナスのほうに持っていきたい妊婦さんからすると、このような状態である事は相当ダメージがでかいですよね。

 

逆に、便秘解消すると痩せやすい体質づくりができる

先程の内容をそっくりそのままポジティブに考えると、便秘の状態を解消していくだけで、代謝が良くなり太りにくく痩せやすい状態を作ることができることになります。

ダイエットを始める際は、まず最初に便秘解消を行った上で運動の要素や食事の要素を本格的に取り入れる、もしくは便秘解消のための何かをしながらもダイエットを同時進行で行っていく。という方向性が良いかもしれませんね。

 

無理な食事制限は便秘の原因になる?!

妊娠中ダイエットで「炭水化物抜きダイエット」のような無理な食事制限はあまりされないかと思いますが、極端に何かを食べないようなダイエットなどをしてしまうと、便秘の確率が高まってしまうかもしれません。

極端に食事を減らしたり、体に良いからといって同じものばかりを食べていると、便の量が減ります。
これは一見良いように思えますが、便というのは、ある程度の重さにならないと排出されないような仕組みになっています。

つまり、極端に少食になってしまうとそれだけ排便のリズムが狂ってしまい、便秘の原因にもなるのです。

あと、私たちの水分補給は、飲料水などからだけではなく食材に含まれる水分からも行われます。

極端に食事を制限してしまっては、それすらもなくなってしまいますし、食物繊維が足りなくなれば当然、排便硬くなり排出されにくくなってしまいます。
このような悪循環が繰り返されると、店を外に排出するための腸内環境の蠕動運動が弱くなってしまったり、排便に関する筋肉が衰えたりするため、便秘につながりやすくなるんです。

私自身、間違った食事の見直しをするだけでこんなにも悪影響が出るとは、思いもしませんでした。

 

妊娠中の便秘改善は不可能?

妊娠中の便秘には様々な原因があるのですが、その中で唯一どうにもならない原因が1つあるんです。
それは、黄体ホルモン(プロゲステロン)による便秘です。
プロゲステロンの働きによって腸内環境の働きが低下すれば、腸内環境にある便を排出する動きが低下してしまうため、便秘になりやすいのは仕方がないんです。

かといって、妊娠中の便秘改善が不可能であるわけではありません。

このほかに考えられる原因としては、食生活、運動、ストレス等の要素が深く関係してきています。
これらのポイントを正しく改善することで、便秘になりやすい妊娠中でも毎日お通じが良い状態を作る事は十分に可能です。

 

妊娠中に便秘を改善、予防するための方法

妊婦さんの便秘の改善や予防のための方法はいくつかあります。

 

食事の見直しを正しく行う

食事の見直しでは、主に食物繊維が多く含まれている食べ物を選んで食べることが重要です。
すごく極端な言い方にはなりますが、これを毎日徹底するだけでも便秘が改善される方もいらっしゃいます。

なお、食物繊維は穀物、豆類、芋類、きのこ類、海藻類、野菜、果物など食べ物にたくさん含まれています。

肉や魚を食べない方が良い、と言うわけではなく、そういったものとバランスよく摂取していくことが大切です。

 

おやつは腸内環境に良いものを食べる

妊娠中で、特に食べつわりの方の場合、食べ物を口に運ぶ手がなかなか止まらない状況が続く方もいらっしゃるかと思います。
そうでなくても、おやつが我慢できない時は誰にでもあるかと思います。
そんな時は腸内環境に良いものをチョイスしていきたいところです。
中でも効果的なのがヨーグルトです。
ヨーグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれていますので、腸内環境では善玉菌として便秘改善のために働いてくれます。

そしてヨーグルトの上にオリゴ糖をかけることによって、オリゴ糖自体が乳酸菌の餌になりますので、乳酸菌の働きを活発にさせることができます。
ヨーグルトの酸味が抜けて美味しくなるうえに、相乗効果で腸内環境の改善にも効果が高まりますので、ヨーグルト+オリゴ糖は大変お勧めです。


水分補給をしっかり行うこと

体内の水分量が足りていないと、便のために使われる水分も不足してしまいます。
便と言うのは水分が不足すると硬くなり外に出にくくなってしまいます。
食物繊維の摂取と同時に水分補給を意識するとさらに効果が高まります。

水分補給のポイントとしては、いっぺんにたくさんの量をがぶ飲みするのではなく、コップ1杯程度の水を数10分、もしくは1時間、2時間おきにこまめに飲むような呼吸の仕方が効果的です。

特に妊娠中は水分不足になりやすいので、ここを徹底するだけでもある程度効果が期待できるでしょう。

また妊娠中の水分補給はとても大切です。
通常は1日1.5リットル必要になるのですが、妊娠中は2リットル必要になってきます。
妊娠中はトイレが近くなったりしますが、だからと言って水分を控えると血液が循環しなくなったりして便秘になったり、お肌が乾燥したりと健康的な生活から遠のいてしまいます。
また、水分が足りなくなってしまうと母体の血液が濃くなりどろどろになります。
そうなると、血液の巡りが悪くなります。
結果として赤ちゃんに十分な栄養を届けにくくなります。
1度にたくさん飲むのではなく、朝から夜までこまめに水分補給することが大切です。

ウォーキングをする

必ずしもウォーキングでなければいけないわけでは無いのですが、いろんな運動の中でも総合的に見て妊婦さんにはウォーキングがベストな運動だと言われています。
一定時間歩くと言う行動をとると、腸内の働きも活発になり排便が促されやすくなります。
さらに、たくさん呼吸をすることや、外の景色を見ながら歩くことができるため、精神的な部分にもアプローチすることができます。

この習慣を継続すれば、便秘の解消ができるだけでなく体の代謝も高まるので直接的なダイエット効果にもつながります♪

ただし、お腹が張っている時や体調が悪い時など、体の調子があまり良くない時は無理しないことが大切です。

 

ウォーキングダイエット効果

妊娠中のウォーキング効果は何?
妊娠中にダイエット効果目的でウォーキングをする方もいると思いますが、ダイエット以外にも効果があります。
・出産の際に必要な体力がつけられる
・血液の流れが良くなり冷え性やむくみの解消になる
・気分転換できる
・骨盤や下半身を強くできる
・体重の管理がしやすくなる
このようにウォーキングにはダイエット以外にも良い効果がたくさんあります。
気軽に始められるので、気分転換にウォーキングを初めてみるのもおすすめですよ。

 

便秘に良い食べ物と悪い食べ物

私たちのお通じの状態は、良かれ悪かれ食べ物によって大きく左右されます。

そういった法則的なものがあるのであれば、そのルールを把握した上で、便秘解消に良い食生活を心がけておきたいところですね。
なお、便秘解消、予防などに良い食べ物と言うのは、食物繊維がたくさん含まれている食べ物です。こういった栄養素的な話になると、どの食べ物にたくさん含まれているのか、といった部分が気になるところですが、ここではあえてピンポイントではご紹介しません。
なぜならば、ピンポイントでこれとこれがお勧めです。と話してしまうと、そればかりを食べてしまい栄養が偏ってしまう恐れがあるからです。

食物繊維が多い食べ物の種類

食物繊維が一般的に多いと言われているのは、わかりやすく言うと野菜や果物です。
特にキノコ類は食物繊維が多く含まれているものが多いです。

なお、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があるのですが、お通じの状態を安定させるためにはどちらの食物繊維もバランスよく摂取していくことが好ましいとされています。
水溶性の食物繊維は、主に果物や野菜類に多く、不溶性の食物繊維は大豆食品やキノコ類、穀物などにたくさん含まれています。
 
いずれにしても、妊娠中は野菜、果物、キノコ類、穀物類などをバランスよく摂取するのが好ましいとされているため、肉肉しい食事だったり、ジャンクなものばかり食べる生活ではなく、妊娠中に好とされる上記のような食べ物をバランスよく摂取していれば、自然と便秘の改善にもつながりますし、下手に太りすぎない状態を作ることもできますね。
 

便秘を改善して妊娠中ダイエットを成功させよう

妊婦の便秘改善
便秘の改善は、あくまで妊娠中ダイエットを効率よくするための通過点に過ぎないかもしれませんが、ここを徹底するかしないかで、今後の妊娠中ダイエットの進み具合が大きく変わってくると言えるでしょう。

便秘改善のためには、原因を改善することと、便秘解消のための習慣を総合的に行っていくことが大切です。
そうすることで、妊娠中でも便秘改善をすることは十分にできますので、便秘にお悩みの方はまず最初に便秘解消してから、妊娠中ダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか?