妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

つわりの時にとった行動について

 妊娠~出産を経験した方のほとんどが口を揃えて困ったことに挙げるのが『つわり』です。

つわりに苦しむ妊婦

つわりに苦しむ妊婦さんが考え出した対処法

今回も妊娠中の困ったこと体験談は『つわりの対処法』について一緒に見て行きたいと思います。

妊娠中につわりで困り果てたわたしの対処法

私は妊娠している時に、起きたことについて話をしたいのはつわりのことです。それは、だいたい妊娠早期です。人により、違うこともありますね。妊娠後期まで続くこともあります。そのつわりというのは、とても辛いです。今回は自分なりに対処したことについて、ご紹介します。

①妊娠してつわりが起きた時

私が妊娠したのは、2回です。その2回共つわりがひどかったです。その時は、妊娠2ヶ月頃からもうすでにありました。なんとなく気持ちが悪い、胃のあたりがムカムカするなどがありました。そしてそれは、だいたい妊娠5ヶ月頃ぐらいまでありましたね。いつになったら、ましになるのだろうと思っていました。調べてみると、妊娠4ヶ月頃から、5ヶ月頃までにマシになることが多いようです。この私も妊娠5ヶ月に入った頃ぐらいから、少しづつ楽になってきました。

②どのような状況であったか

妊娠がわかったと思った時に、もうすでに気持ちが悪いということがありました。それは、早い人ではそんなこともあるようです。しかし、早くもつわりがあるのはとても辛いです。まったくないという人もいるので、そのような人と比べるととても辛いですね。つわりが強い時には、なんとかしたい、早く楽になりたいと思っていました。そのことばかり、考えるようになっていました。

③どんな対応策をとっていたか

私がつわりがひどい時は、食べると嘔吐するということを繰り返していました。それは、食べると気分が悪くなるからです。しかし、食べないともっと、気持ちが悪くなります。そんな風に思うことがありました。また食べないと、赤ちゃんに栄養を送ることができないと思ったのです。そのため、無理をして食べることがありました。
そんな風に、いろいろなことを行動として行ってきたのでその内容をご紹介します。


④できるだけ休む


つわりがある時には、体を休めることが大切です。しかし、仕事をしていた私はそんなに休めるということができませんでした。つわりで休むというのは、よほどひどい時しかいけないと思うからです。そのため、一緒に働いている人につわりがひどいことを話して、休憩時間には横になるようにしていました。一人でソファーに横になるので、ほかの人の許可を取ることにしたのです。つわりは病気と思われないことがあります。またつわりというのは、なったことがある人でないと、その辛さはわかってもらうことができません。特に独身の人には、無理なことなのです。しかし、安静にすることにより、少しでも血流をよくしたい、体力を温存したい、そんな気持ちがありました。

 

⑤家では安静が一番


家では、すぐに安静にすることにしていました。するととても楽なのです。立っていろいろなことをしていると、とても疲れます。そしてだるくなるのです。仕事をしながら、つわりに耐えるためにはそのように家族の協力が不可欠ですね。料理も簡単なモノを作ってもらうようにしました。主人には、自分のことは全て自分でしてもらうようにしていました。それは、当然のことと思いながらもやっぱり気になるのです。そのような決まりにすることにより、安心して寝ることができました。

 

⑥食事は空腹の時にする


絶えず気持ちが悪いので、考えた結果、お腹がすいた時に食べることにしました。その時があるのかなと思うのですが、お腹がすいてくるので心配しなくてもいいです。私の場合は、夕食のみ食べることにしました。それも、自分が食べれるものだけです。そのようにすると、食べることができて嘔吐することが少なくなります。最初の時は、赤ちゃんのために食べることが大切と思っていましたが、嘔吐してしまうと同じことになります。また嘔吐をするということは、かなり体力を消耗します。そのため、嘔吐すると思ったら、確実に食べるほうがいいと思ったのです。
朝と昼は、烏龍茶やさっぱりとしたお茶類を飲んでいました。すると、とても過ごしやすいです。

⑥食事が食べれなくなると病院を受診


食事が食べられない、仕事をすることが辛い、体が絶えずだるい等がひどくなると、病院を受診することが必要です。それは、妊娠を継続することがむつかしい、栄養失調になっている等が考えられるからです。
実際に2人目の時には妊娠悪阻という診断があり、仕事を休むことになりました。それはだいたい、1ヶ月ぐらいです。その診断書が出た時には、ほんとうに助かりました。無理をかなりしていたので限界と思ったのです。安静にすることにより、つわりもぐっとマシになりました。

わたしのつわり対処法の結果は・・・

つわりは、妊娠5ヶ月に入ったところでマシになりました。それは二人目の同じ時期です。その時は、本当に嬉しかったですね。なんでも食べることが出来るということと、つわりによる体のだるさがなくなるからです。後は、安定期に入るので気持ちの上でもかなり楽でした。

妊娠でつわりは、本当に辛いです。一人で我慢をしないで協力をしてもらうことと、辛い時には病院を受診しましょう。