妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中期の便秘解消法!原因からみる一番効果的な改善方法は?

今回は妊娠中期の妊婦さんが悩まされやすい便秘の解消法について一緒に見て行きたいと思います。

妊娠中の便秘解消

妊娠中の便秘に悩む妊婦さん

すでにご存じかも知れませんが、妊娠中の便秘は体重管理はもちろん、健康管理、赤ちゃんの成長にも影響を与えてしまいかねないものです。

ホルモンバランスの変化によってプロゲステロンの分泌が増えている妊娠中はどうしても腸内環境が水分不足によって便が硬くなってしまい、便秘になりやすいものです。

ですが、妊娠中は市販の便秘薬を使うことが出来ないものも多く、そのせいで出来る限り水分補給を心がける程度しか対策が出来ないと悩む方も多いんです。

そこで、今回は妊娠中期の便秘解消法というテーマでどんな食べものが良いのか、そして便秘薬を使う場合はどういったお薬なら良いのかといったことも見て行きたいと思います。もし良かったら参考にしてみてください。

まずは妊娠中期の便秘の仕組みを知ろう!

まずは、妊娠中期の便秘の仕組みを知ることで改善に役立て行くことができるのではないかと思います。もちろん、冒頭で軽く触れた妊娠中のホルモンバランスの変化はあるのですが、それ以外にも妊娠中期の便秘は原因がいくつか考えられるんです。

その原因と仕組みは・・・

 

  • 妊娠初期につわりに悩まされて食べられず便のカサが減る
  • 食べものの好みが変わって繊維質の量が少ない
  • その逆に繊維質を摂りすぎて便が硬くなってしまっている
  • 運動量が減って腸の蠕動運動がうまくできていない
  • 水分補給量が足りていないことが自覚できていない

大きく分けて妊娠中期の便秘は、このような原因が考えられます。

中には妊娠中の体重管理を気にしすぎて食べる量を減らし過ぎてしまって、それが便の量が減ることにつながっているにも関わらず、それに気づいていない妊婦さんも多いようです。特に最近では妊娠中の体重管理にうるさい産院も多くなっているからという理由もあります。

食生活をチェックすることで妊娠中期の便秘解消!

便秘解消のために食生活を見直すとなると必ずと言って良いほど出てくるキーワードの栄養素があります。それは『食物繊維』です。多くの女性は普段の食生活でも食物繊維をできるだけ摂るように心がけている方も多いと思います。

ですが、食物繊維にはちゃんと分かって摂らないと却って便秘を悪化させてしまう可能性もあるんです。

ひとことで食物繊維といっても食物繊維には水溶性と不溶性のふたつがあり、水溶性の食物繊維には便を柔らかくする働きがあります。

また、妊娠中の水分不足で起こる便秘には食物繊維以外にも摂っておいた方が良い栄養素があります。この点についてもう少し詳しく見てみましょう。

食物繊維の種類って知ってますか?

便が硬く、水分不足になってしまっているという方は水溶性食物繊維を多めに摂るようにしましょう。水溶性食物繊維が多く含まれる食べものは、果物ではりんご、バナナなどです。

また、もう一方の不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して便のカサを増やし、腸の蠕動運動を活発化させる働きがあります。不溶性食物繊維が足りない時に起こりやすい症状は弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)という症状で、便がやわらかくなりすぎてしまい下痢と便秘を繰り返すような症状になりがちです。

不溶性食物繊維を多く含む食べものは、ゴボウ、切り干し大根などの野菜類の他、意外なところでは中華食材のキクラゲにもたくさん含まれていますよ。

また、食物繊維の摂り方のバランスとしては『水溶性1:2不溶性』が良いと言われています。

食物繊維以外で便秘解消に摂りたい栄養

また、妊娠中期の便秘は水分不足によって起こるものが多いのですが、その解消にはマグネシウムを多く含んだ食べものが良いでしょう。マグネシウムには水分を吸収して集めてくる働きがあり、市販の便秘薬にも有効成分として酸化マグネシウムが含まれているものがあります。その他にも妊娠中でも安心して使える便秘薬として『マグミット』などの酸化マグネシウム便秘薬を処方してくれる産院もあります。

また、その他にもちょっとだけ注意が必要な栄養としてはカルシウムがあります。

一般に安く市販されているカルシウムサプリでカルシウムを補給するという方もいらっしゃると思いますが、実はカルシウムの小腸での吸収率が悪いと大腸までカルシウムが残ってしまい、腸内の水分を吸収して便が必要以上に硬くなってしまう可能性もあります。カルシウムの小腸での吸収率を上げるにはマグネシウムが必要です。

なので、妊娠中でお腹の赤ちゃんのためにもカルシウムを摂っているという方で便秘が酷くなったように感じた方はマグネシウムも同時に摂れる吸収率の高いカルシウムサプリを使うと良いでしょう。

 

便秘改善には軽い運動も大切

 

前段では、食生活の見直しで妊娠中期の便秘を改善するポイントを見てきました。

ですが、便秘改善には食生活だけではなく、軽い運動もとても大きな効果があります。

妊娠中の便秘改善ウォーキング

妊娠中期の便秘改善に良い軽い運動としてはウォーキングがおすすめ

安定期とはいっても妊娠中であることに変わりはありませんから、あまり激しい運動やお腹をひねるような腰回し系の運動は控えたほうが良いでしょう。

妊娠中期の便秘解消におすすめな運動は『ウォーキング』です。ウォーキングは太ももを前後に動かしたり上下に動かすことで、腹筋を刺激して腸の蠕動運動を活発化する効果が期待できます。

また、適度な運動は特にはじめての妊娠でいろいろと分からないことだらけで不安を抱えている妊婦さんには気分転換という意味でもとても大切なものでもあります。毎日とは言いませんが、せめて1週間で4~5回は1時間程度のウォーキングを取り入れるようにしてみると良いのではないでしょうか。

消費カロリーが上がることで妊娠中の体重管理ダイエットにも役立ちますし、お腹が空いている状態を作ることでその後の食事のメニューを便秘解消の目的に合ったものにすることで快便にすることができるはずですよ♪

ウォーキングは天候が悪い日には出来ないこともあるなど不便な点もあります。

また、季節にもよりますがお腹や腰回りを冷やさないように充分に注意することが大切です。妊娠中にお腹や腰回りを冷やしてしまうのは血流を悪化させることで赤ちゃんの成長にも影響しかねません。

妊娠中はじっとしていても温かく感じるくらいの服装で『息切れしない程度の有酸素運動になる程度のペースでのウォーキング』を心がけるようにしましょうね。

便秘になっていると思い込んでいる場合も・・・

ちょっと意外に感じるかも知れませんが、実は便秘になっていると思い込んでいるというケースもあるというのはご存じでしたでしょうか?

普通は毎日便意があってちゃんと出てスッキリできるのが健康なお腹の状態と思うのが普通ですが、実は妊娠してから体重管理ダイエットを意識しすぎて、出来るだけ食べる量をコントロールするようにしているという方には『思い込み便秘』が多いと言われています。

便秘と思い込む妊婦

思い込み便秘に悩まされる妊婦さんは意外と多いんです。

根本的に食べる量が少なければ便のカサを増やすための原料がないので、便の回数が少なくなるのは当然ですよね。もちろん排便は毎日あるに越したことはありませんが、実は毎日の排便よりも、ちゃんと出てスッキリした感覚があるかどうかのほうが大切なんです。逆に言えば、毎日排便があってもちゃんと出切っていないような残便感があると便秘になっているということなんです。

たとえ3日に1回しか便が出ていなくてもちゃんとスッキリした感があれば便秘とは言いません。

 

妊娠ということ自体が。ちゃんと赤ちゃんが順調に育ってくれているかどうかといったことも含めて不安な気持ちになりやすく、それが体調的にもスッキリしない感じを増長させてしまいやすいのですが、便秘に関しては案外と思い込みで便秘と感じてしまっているケースもあるので、排便リズムにこだわりすぎずスッキリした感があるかどうかをちゃんと意識するようにしましょう。

 

また、毎日の排便がないと不安になって『毎朝トイレにこもって何十分もイキんでしまう』というのはあまり良いことではありません。なぜかというと妊娠中期の特にお腹が大きくなって行く時期は大きくなって行く子宮に圧迫されて下半身の血流が順調に行かなくなるので、粘膜が傷つくと傷の治りが悪くなりやすいんです。そのため、あまり毎日の排便にこだわってイキんでいると痔になりやすいんです。

妊娠中の痔は、一度なってしまうと産後も尾を引く症状になって痛みに付きまとわれてただでさえ睡眠時間が削られる産後の子育て中の体力低下が酷くなってしまうことで本来赤ちゃんのお世話や授乳のために取っておかなければならない体力を失ってしまうと産後うつや育児ノイローゼなどの遠因にもなりかねない危険性があるということは頭の片隅でも良いので置いておくようにしてくださいね。