妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中から産後ダイエットを考えよう!骨盤ショーツの効果や履き方、おすすめの使い方

今回は、妊娠中から用意しておくことで産後の体型戻しダイエットや育児疲れの軽減に役立つ骨盤ショーツのおすすめアイテムや使い方、効果、選び方のポイントについて詳しく見て行きたいと思います。

f:id:nextzone:20180720232600j:plain

 産後ダイエットに役立つ骨盤ショーツは、妊娠初期の体重コントロールやホルモンバランスの変化によるむくみや冷え症、足腰の疲れやすさの軽減にも役立ちます。

妊娠中の安定期後半から後期や臨月にかけては赤ちゃん成長に合わせてお腹が大きくなるので骨盤ショーツでプロポーション矯正はちょっと我慢した方が良いですが、その時期をはさんで産前も産後の両方でお役立ちアイテムなのが骨盤ショーツなんですね。

妊娠中から骨盤ショーツを用意した方が良いの?

骨盤ショーツが必要な理由、産後の体型戻しや産褥期の身体の回復には骨盤のゆがみがいろいろな悪影響を及ぼしてしまうからです。具体的にどんな悪影響があるのかを一緒に見てみましょう。

骨盤矯正

骨盤矯正は、産後ダイエットのためだけではなく、赤ちゃんのお世話やコミュニケーションを楽しめるような身体づくりのためにも欠かせないものです。

骨盤は妊娠中からリラキシンという女性ホルモンの働きでお産に向けて赤ちゃんの通り道を確保するために骨盤が開いていくこととが産後に体型が変わってしまうことに直結することやそれが内臓の位置がズレて腸の働きが悪くなり痩せにくく太りやすい体質になってしまったりと言ったことが起こるため産後すぐにケアすることが大切です。

また、妊娠中から骨盤ショーツを用意しておくことが必要な理由は、産後は赤ちゃんのお世話や家事のために忙しくなってしまうからです。産後の育児は数時間おきに必要な授乳や赤ちゃんのお着替え、おむつ替えなど基本的なお世話だけでも寝る時間が作れなくなってしまうほどに感じます。

妊娠中は、ウォーキングなどお産に向けて体力作りをする方も多いのですが、それでも『筋トレ』ほどの激しいトレーニングは出来ないので筋力が落ちている傾向にあります。

骨盤ショーツは、着圧がかかることで毎日の生活の中の自然な動きがトレーニング代わりになるという効果もあるんです。

着圧で血行促進

骨盤ショーツの一番のメリットが着圧で血行を良くすることができるという点にあると言っても良いかも知れません。

血行が悪くなっていると産後ダイエットだけではなく体調が悪くなりやすかったり、疲れがたまりやすかったり、病気をしやすかったりいろいろな悪影響が起こります。

むくみや冷え症、便秘なども血流を良くすることが改善のカギになることも多いんですよ。

先ほど骨盤矯正のところでも触れましたが、産後の忙しい育児生活や家事をこなす中では『自分のケアをついつい後回し』ということになりかねません。

それが太りやすい体質や疲れやすさ、病気がちになってしまうことなどいろいろなおまけまでついてしまって、そのせいで気持ちまで沈んだ状態になってしまっては赤ちゃんに直接的な悪影響を与えてしまいます。

そうならないためにも妊娠中の今のうちから産後のために着圧ケアと骨盤矯正を同時に進められる骨盤ショーツが注目されている理由なんです。

マタニティショーツと骨盤ショーツの違い

マタニティショーツは妊娠中の『身体の冷え』を予防するために必要です。

一方で骨盤ショーツはその機能に加えて骨盤のゆるみを引き締めたり、着圧ソックスと同じく身体の末端部から帰ってくる血液の流れを滞らせないことが目的です。

マタニティショーツと骨盤ショーツには機能面でこのような違いがあります。妊娠中でも安定期の後半から後期、臨月などにかけては赤ちゃんの成長に合わせてお腹が大きくなって行くので、着圧効果や骨盤矯正よりも身体を温める効果に強いマタニティショーツが役立ってくれるということなんですね。

妊娠・出産・産後の育児はママにしか実感できない大きな身体の変化がプロポーションだけではなく見た目では分からない部分まですべてで起こります。女性の最大のライフイベントという名前にふさわしい激変が起こり続ける毎日なんです。

そのためにも時期に合わせた最適な身体のケアができるマタニティショーツや骨盤ショーツを選んで使うことが大切なんですね。

骨盤ショーツの選び方

骨盤ショーツの選び方は、身体のサイズを正確に測ることが大切になります。

骨盤ショーツは妊娠初期や産後の体型戻しダイエットまで、幅広く使えるので時期による体型の変化に合わせてサイズを測って今の自分に最適な物を選ぶことになります。

また、着けていて蒸れてしまわないように通気性が良いものを選ぶことも大切なポイントになります。

では、この2つの点をもう少し詳しく見て行きましょう。

サイズ

身体のサイズを正確に把握しておくことが骨盤ショーツ選びの大切なポイントになります。

ウエストやヒップのサイズを測る時にメジャーを巻いて測りますが、その時にラインが傾いたり、メジャーがねじれたりしないようにしましょう。

骨盤ショーツの多くはS・M・L・LLなどのサイズに分かれています。それぞれのサイズに適用範囲があるので、自分の身体のサイズがどのサイズの範囲にあるのかを見て選ぶのが大切です。

無理に小さめのサイズを選んで購入すると、着圧や骨盤の締め付けが強すぎて履いているうちに気分が悪くなってしまったりすることもあるので注意しましょうね。

通気性

通気性は骨盤ベルトと違って24時間履き続けることができる骨盤ショーツの場合は大切なポイントです。夏の暑い時期など発汗量が増えるタイミングだと通気性が悪いと汗疹で肌がかぶれてしまうこともあります。

骨盤ショーツは多くが黒のレース調の生地を使っていたり、ストッキングのような伸縮性のあるものなので、通気性はおおむね良いと言えますが、それに加えて見た目のデザイン性も良いものが発売され始めています。ただし、あくまでも機能性が一番大切なので、今の自分にとって一番必要な機能を備えたものであることを最優先に選びましょう。

骨盤ショーツの使い方

骨盤ショーツの使い方は長持ちさせるためや効果をちゃんと実感するために大切です。ここでは履き方とお手入れの仕方の2つの点に絞って詳しく見てみましょう。

骨盤ショーツの履き方

骨盤ショーツの履き方は、基本的に下着の上から履くということになります。もちろん肌に直接履くこともできますが、通気性が良くないものでは汗で肌がかぶれてしまうこともあるので注意しましょう。

基本的に24時間寝ているときも履き続けられるのが骨盤ショーツのメリットでもあります。骨盤ベルトと最大の違いでもあるのですが、さらに言うと骨盤ベルトは骨盤高位という正確な位置で着用することで初めて効果が発揮できるものですが、骨盤ショーツの場合は股上で固定されるので正確な位置で履くという面倒な手間が要りません。

ただし、産後の産褥期については身体の回復中でもあるので、その時によって体調が安定しない時があり、履いていると具合が悪くなる時もあるかも知れないので、その時は無理せずに脱ぐようにしましょう。

お手入れの方法

骨盤ショーツのお手入れ方法ですが、毎日履き続けるものなので、当然ながら洗い替えが必要になりますし、洗い方も生地が伸縮性に富んでいるため、その性能が落ちないように洗ってあげることが大切です。

他の洗濯物と一緒に洗うと毛玉が付いてしまうこともあるので、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

また、洗濯機のコース洗いでは『優しいモードや柔らかモードなど水流や回転がゆっくり目のプログラムを選択して洗うようにすると良いですよ。

もし。時間に余裕がある時は手でもみ洗いしてあげてから洗濯機の短め脱水時間で軽く水分を切ってあげれば、夜に室内干しして翌朝には乾いていることが多いですよ。

通気性や伸縮性が良い生地だからこそ乾きやすいと言えるのも骨盤ショーツの普段使いでのメリットかも知れませんね。