妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中のおすすめ『ルイボスティー』の効果や効能・煎れ方や飲み方

f:id:nextzone:20180820221118j:plain

今回は妊娠中におすすめと言われるルイボスティーの効果や効能だけではなく、副作用はないの?とか、ルイボスティーの飲み方として煎れ方やホットが良いの?アイスでも大丈夫?と言った普段からルイボスティーを妊娠中の身体やお腹の赤ちゃんのためにメリットを最大限に活かすためのお役立ち情報のまとめをご紹介したいと思います。

なぜ妊娠中にルイボスティーが良いの?

妊娠中に身体に良い飲み物としてルイボスティーが注目されていますよね。この段落では、妊娠中にルイボスティーがおすすめと言われる理由について見てみたいと思います。

カフェインがない

ルイボスティーが妊娠中のプレママにおすすめな一番の理由は『ノンカフェイン』ということがあげられます。

カフェインはお腹の赤ちゃんに毒物として伝わってしまうだけでなく、血管を収縮させてしまう働きがあり、流産や早産のリスクを上げてしまいます。また、神経を過敏にする覚醒作用があるためストレスに過敏になってしまい、それが赤ちゃんに直接的に悪影響を与えてしまう恐れがあります。

このため、カフェインは妊娠初期から控えるべきと言われていて、授乳中も母乳を通じて間接的に赤ちゃんに伝わってしまうため、赤ちゃんの夜泣きや黄昏泣きなどにつながってしまいます。

ルイボスティーはこのような悪影響が心配されるカフェインが含まれていないため、妊娠中のプレママには最適な飲み物なんですね。

身体に良い効果・効能がたくさんある

ルイボスティーはカフェインが含まれていないだけではなく、免疫力をあげる働きが期待できる『SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素』が含まれていて、花粉症の症状軽減などの効果が期待できると言われています。

カリウムやマグネシウムなどのミネラルも含まれていて、それがお腹の赤ちゃんの健康な成長を支える母胎の健康な水分バランスを保つのに効果があるとされています。

カリウムは、むくみの改善の働きがあり、むくみによる血管の圧迫を予防して血流を正常な状態に保つ働きがあります。

マグネシウムもカルシウムとともに骨の成長に欠かせない他にも神経過敏を抑え、心臓の正常な働きを保つ働きもあります。

こうやって見て行くと、血流を良くしてくれたり神経過敏をおさえてくれたり、免疫の働きを助けてくれたりといろいろな働きを身体を守ってくれる効能があるのがルイボスティーなんですね。

ルイボスティーに副作用はないの?

ルイボスティーが妊娠中のプレママにおすすめな理由がノンカフェインだからというだけではないということが分かりましたが、そんなルイボスティーと言えども副作用はないのでしょうか・・

いろいろな資料を調べてみたのですが、唯一考えられるとしたらお茶の仲間であるルイボスティーにも含まれているカテキンが『葉酸を壊す働きがある』という副作用があることが分かりました。

とはいえ、緑茶やコーヒー、紅茶に比べるとカテキンが含まれている量も微量なんだそうです。

妊娠中の水分補給をただ水だけで行うというのは気分的にも変化が欲しいのでルイボスティーはおすすめなんですが、毎日飲む中でもあまり大量に飲むというのは避けた方が良いかも知れませんね。

この点については後ほど、ルイボスティーの飲み方をご紹介する時に改めて取り上げたいと思います。

お腹の赤ちゃんにはどう?

お腹の赤ちゃんにとってもルイボスティーは豊富なミネラルで順調な成長を助けてくれる働きが期待できます。

ママの身体にも良い影響を与えてくれるルイボスティーですが、その理由は豊富なミネラルが含まれていることがポイントでしたよね。

ルイボスティーのミネラル

  • カリウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • フラボノイド
  • SOD酵素(抗酸化物質)

これらのミネラルが豊富なだけでなく、そのバランスも良い状態で摂ることができるのがルイボスティーの特徴で、こういったミネラルがバランス良く摂れて、なおかつ胎盤を通じて赤ちゃんに吸収されることで、赤ちゃんの骨の成長も支えられて心臓の働きも助けてくれることが、ルイボスティーがお腹の赤ちゃんに与えてくれる良い影響なんですね。

ルイボスティーの飲み方は?注意点はある?

f:id:nextzone:20180820221155j:plain

ルイボスティーの飲み方を具体的に見てみましょう。ひとことで『飲み方』と言っても飲む量やタイミング、煎れ方、温度などいろいろな要素がありますよね。これらを知ることで妊娠中のママの身体にも赤ちゃんのためにもルイボスティーのメリットを最大限に活かさないともったいないですよね。

一日で飲む量はどのくらい?

妊娠中のママがルイボスティーを一日で飲む量は、1~1.5リットルくらいまでが良い量だと言われています。

これは、妊娠中の母体に一日で必要な水分量が大体2.5~3リットルくらいと言われていることから考えると結構な量を飲んでも大丈夫ということです。理由はカテキンが葉酸を壊してしまう作用があるからなのですが、これもルイボスティーには微量しか含まれていないので、そんなに気にしなくても良いということのようです。

ルイボスティーを飲む良いタイミングは?

タイミングについてはカフェインが入っているわけでもなく、ミネラルも豊富なので特に気にしなくても良いと言えますね。いろいろと調べてみたところですが、特に寝起きが良いとか寝る前は控えたほうが良いとかいう資料はありませんでした。

ただし、あくまでも推測ですがミネラルは基本的に24時間いつでも吸収効率が高いわけではなく、一番吸収効率が良いのは午前中であると言われています。

これは酵素人体学の中で登場することなのですが、人間の身体は24時間の中で午前4時から昼の12時頃までの8時間がもっともミネラルや栄養素の吸収が良いとされているためです。もしかしたら、朝起きて顔を洗って歯を磨いてから一息つくときに『モーニングルイボスティー』なんていうのも良いかも知れませんね。

ルイボスティーの煎れ方は?

ルイボスティーの煎れ方は、普通のお茶とはちょっとだけ違います。ルイボスティーのティーバックを入れたお鍋で20~30秒くらい沸かして、ルイボスに茶葉に含まれている栄養素・ミネラルを煮出すような感じで煎れるのがルイボスティーの効果や効能を最大限に活かすコツなんだそうです。

飲む時はホット?アイスが良い?

これも特に気にする必要はないとのことです。基本的に朝飲む時は身体が目覚めるように冷やした『アイス・ルイボスティー』として飲むと良いかも知れませんね。ただし、妊娠中はあまりお腹を冷やすのは赤ちゃんにも便秘予防の観点からも良くないので、一日中アイスルイボスティーを飲むというは控えた方が良いかも知れません。

ちなみにアイス・ルイボスティーの作り方ですが、ルイボスティーを煎れる時に沸かした状態から粗熱をとってから冷蔵庫に麦茶のポットに入れるのと同じ保管方法でしまっておけば良いそうです。