妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中におすすめの葉酸サプリの飲み方は?いつからいつまで飲むべき?

f:id:nextzone:20180915000900j:plain

妊娠中は葉酸をしっかり摂ることが大切で、そのためには葉酸サプリがおすすめなんて言われますよね。産婦人科でも先生に勧められて葉酸サプリの飲み始めることにしたという方もいらっしゃると思います。そこで今回はせっかくの葉酸サプリを活かすための葉酸サプリの飲み方を一緒に見て行きたいと思います。 

妊娠中に葉酸サプリを飲むメリットは?

妊娠中に葉酸を飲むことでどんなメリットがあるのか気になるという方もいらっしゃると思います。葉酸とはそもそもなに?という部分で後ほどもう少し詳しくご説明しますが、葉酸はビタミンB群のひとつで細胞分裂や血液を作るために欠かせない栄養素で『ビタミン様物質』と呼ばれています。

妊娠中に葉酸サプリを飲むメリットをまとめると次のようになります。

  • 妊娠中は通常時の倍くらいの量の葉酸が必要
  • お腹の赤ちゃんの奇形を防いで順調な発育を支える
  • 低血圧や高血圧を予防する
  • お産の後のママの身体の回復を順調にする

ちょっと大まかですけど、妊娠中に葉酸サプリを飲むメリットはこういったものになります。

逆に言うと葉酸サプリを利用するかしないかは別としても、葉酸欠乏症になった場合に赤ちゃんやママ自身の身体にどんな害があるのかという部分の裏返しになります。これはお腹の赤ちゃんにとっては『順調な成長を支えること』になりますし、ママ自身の身体にとっては『妊娠中の赤ちゃんのために起こる身体の変化が不調に直結しないために摂るべき栄養』ということもできるということになるんですね。

絶対というわけではないので、葉酸不足になった場合にどんなリスクがあるのかを見てみると、ママの身体では免疫機能の低下や悪性貧血、小腸が栄養吸収する働きが弱くなると言った健康被害が考えられます。また、赤ちゃんにとっては神経管閉塞(しんけいかんへいそく=脊椎などの中枢神経が育たたない)による奇形の『脊椎二分症』や『無脳症』などのリスクが倍以上に高まってしまうというデータがあります。また、生まれてからすぐの免疫機能不全や発育不全などのリスクが起こりやすくなるので、そういった症状を防ぐことにつながるのが妊娠中に葉酸サプリを飲むメリットです。そのために厚生労働省では妊娠中や授乳中に葉酸摂取量を通常時の倍ほどの量に設定していますし、産婦人科でも葉酸サプリを勧める理由は、野菜だけでは『妊娠中に必要な量の葉酸を毎日摂るのが難しい』という理由からなんです。

葉酸サプリを飲む時の注意点

f:id:nextzone:20180915000924j:plain

葉酸サプリを妊娠中に飲む時の注意点をポイント的にまとめた分かりやすい形でご紹介したいと思います。具体的には・・

  • 葉酸サプリを飲むべきタイミングは?
  • 飲む量は?
  • 飲み忘れた時はどうすれば良い?

こういった点についてシンプルかつ分かりやすくご紹介して行きます。

飲むタイミングは?

葉酸サプリを飲むタイミングは、毎日同じタイミングで出来れば食前に飲むようにしましょう。なぜかというとサプリは薬ではないので薬理効果を出すようなものではなく、飲んだり飲まなかったりという『バラバラな飲み方』をすると効果を感じられなくなる可能性が高いからです。また、食前が良い理由は食事で胃酸が分泌されるタイミングを利用して吸収効率を上げるためです。

飲む量は?

葉酸サプリを飲む量については『一度に一日に飲む量のすべては飲まない。数回に分けて飲む』というのが大切になります。なぜかというと葉酸はビタミンB群のひとつで『水溶性ビタミン様物質』なので、一度にたくさん飲んでも吸収しきれない分は尿や汗で身体の外に排出されてしまうためです。これはビタミンCのサプリも同じなので『水溶性ビタミンは一度に大量には摂らない』という鉄則を覚えておきましょう。

葉酸サプリは多くの製品が『一日に3~4粒飲む』という設定がされているのが多いので、それを朝・昼・晩の食前に分けて飲むというのが良いと思います。

飲み忘れたらどうする?

毎日飲むと決めていても外出や用事などで飲み忘れたりすることもあると思います。そういった場合でも『昨日飲み忘れたから今日は昨日の分まで飲もう!』というのはやめておきましょう。理由は先ほどご紹介した通り大量に飲んだからと言って吸収されるわけではないということと、過剰摂取になった場合『葉酸過敏症』と言って、しびれやかゆみ、蕁麻疹などの副作用を起こしてしまう可能性も否定しきれないからです。

葉酸っていつからいつまでたくさん摂るべき?

妊娠中に葉酸を普段の倍摂ることが大切というのは妊婦さんなら多くの方がご存じだと思います。ですが、妊娠を境にして『いつからいつまで葉酸をいつもよりたくさん摂らなきゃいけないの?』という疑問も生じてきませんか?

その答えは『妊娠を計画して妊活に入った時から産後の授乳期が終わりママの身体の回復が順調に進んでいる事が確認できるまで』というのが正確な答えになります。

ちなみにちょっと余談になりますが、葉酸は旦那さまにも摂ることをお勧めした方が良いんですよ。妊活を始めた時から夫婦生活の機会も増える上に生理のタイミングとも合わせた計画的な生活が『ちゃんとおめでたになる』ために大切ですが、旦那さまも仕事が忙しかったり、疲れがたまっていたり、規則正しい生活も送ることができなかったりと言った実生活での『夫婦間の歯車が噛みあわない』なんていう現象も起こるかも知れませんし、旦那さまの精子をちゃんと健康的で元気な精子にするためにも葉酸は必要なんですよ。葉酸は身体全体の健康維持に大切な働きをいくつも掛け持ちしているマルチ栄養素とも言えるものなので、こういったことが言えるのですが、それについては次の段落で見てみましょう。

そもそも『葉酸』ってなぜ必要?

妊娠中には葉酸の摂取量が通常時の倍は必要というのは冒頭でも触れた通りですが、なぜそんなに必要なのかが不思議という方もいらっしゃると思いますので簡単ながら説明したいと思います。

葉酸は『ビタミンB9』や『ビタミンM』という別名もあるビタミンB群のひとつです。葉酸の身体の中での働きを簡単にまとめると・・

  • ビタミンB12との共同作業で血液を作る
  • 亜鉛との共同作業で体内酵素を作る
  • ビタミンB6と共同作業でタンパク質合成を助ける
  • ビタミンB2と共同作業で基礎代謝(カロリー消費や糖代謝)を進める
  • ビタミンCと共にタンパク質同士をつなぐコラーゲン生成をする

葉酸の働きを簡単にまとめるとこのようになります。特に妊娠中はママの身体でいうと血液が通常時に比べて約1.4倍まで量が増えるので、ビタミンB12と一緒に働いて赤血球をつくるため、葉酸が不足すると悪性貧血になる原因になってしまいます。一般的に貧血というと鉄分不足からくる『鉄欠乏性貧血』というものなんですけど、鉄分は赤血球と酸素を酸化することで結び付けて酸素を運ぶのですが、葉酸が不足すると『そもそも酸素を運ぶ船とも言える赤血球自体が少なくなってしまうというもっと深刻な貧血になる』ということなんですね。

また、タンパク質合成や合成されたタンパク質を皮膚などの完成された形にするためにコラーゲンでつなぐのが必要なんですけど、そのタンパク質合成にもコラーゲン作りにも関わるのが葉酸なんです。つまりお腹の赤ちゃんのためにも妊娠中のホルモンバランスの変化で肌がデリケートになっているママの乾燥肌や敏感肌の緩和なども葉酸の働きなんです。

まとめ

今回、妊娠中の葉酸サプリの飲み方や飲むことで得られるメリット、さらに欠乏した時にどんな害が起こるのかという点から見てきましたがいかがでしたでしょうか。ちょっと難しい言葉も出てきたように感じた方もいらっしゃるかも知れませんが、葉酸はママになる女性やパパになる男性、そして生まれてくる赤ちゃんにも必要なものであることは分かっていただけたのではないかと思います。また、葉酸だけではなく亜鉛やその他のビタミンB群、ビタミンCも必要な事もご紹介しました。

なので、特に妊娠中はということにこだわらず妊活や産後の身体の回復のためにも生まれてきた赤ちゃんのためにも葉酸サプリを賢く選んでバランスの良い栄養補給ができるようにして行きましょうね。