妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットで食べない系は何でダメ?簡単おすすめ!体重コントロール法

断食のイメージ



妊娠中のダイエットって、今まで当たり前のようにやっていたダイエット方法の多くができなかったり、もしくは制限されたりしてかなり不利な状況にありますよね。
その上、体重コントロールがうまくいかないと後々自分も辛い思いをすることになりますし、何よりお腹の中の大事な赤ちゃんに何か危険が及ぶとなると責任感も今までのダイエットとは比べ物にならないものです。
とは言え、いろんなダイエット方法があるのは知っていてもやはり手軽で短期間で体重を落とせるのは「食べない系のダイエット」になってきますよね。
もしかしたら、今現在頭の中で食べない系のダイエットを検討されている方も少なくないでしょう。
なんとなく良くないのだろうと分かっていても、実際にやるとどうなんだろう?と言う疑問があるかと思います。
ここではその答えや、妊娠中のダイエットを効率よく進めていくためのちょっとしたコツをまとめていきたいと思います。

妊娠中の食べない系ダイエットは超危険!!

このページをご覧の方の中には、今現在ダイエットを検討していてその方法として、断食系のいわゆる食べない系のダイエットを検討されている方もいらっしゃるかもしれません。
もしそうなのであれば、それは絶対にやめましょう!
なぜここまではっきりとお伝えしているのかと言うと、妊娠中に食べない系のダイエットをすると言う事は、赤ちゃんに対しての栄養供給をストップすることになります。
シンプルに考えても栄養が不足するわけですから、栄養失調になっちゃいますよね。
でもそれだけじゃないんです。妊娠中に食べない系のダイエットをしてしまうことで、赤ちゃんに及ぶ具体的なリスクは以下のようになっています。
 

低出生体重児のリスクが上がる

これはいわゆる「未熟児」の状態です。
低出生体重児と言うのは、生まれた時の体重が2,500グラム以下の赤ちゃんのことを指します。
低出生体重児として生まれた赤ちゃんは、その多くがお母さんのお腹の中で十分に内臓などが発達できていないため、感染症のリスクが高まったり健康や生命への危険が通常よりも高まってしまうんです。
つまり、元気に生まれてきてくれたはいいものの、生まれてきてからまだ何もわからない赤ちゃんが危険なリスクに苦しめられてしまう可能性が高まってしまうんです。
 

将来太りやすい体になってしまう

妊娠中に食べない系のダイエットをすると、シンプルに赤ちゃんへの栄養供給がストップしてしまう。とお伝えしましたが、このような環境で育った赤ちゃんと言うのは、「栄養価が少ない環境下でも生命を維持出来るように遺伝子が変更されてしまう」と言われています。
これは一見すごく便利な能力に思えますが、確かにジャングルの奥地や砂漠などの厳しい環境下の中で暮らしていく分には優秀な遺伝子となるかもしれませんが、今日本国内で栄養不足になるような状況はほとんどあり得ませんよね。
むしろ食の欧米化が進み、現代人のほとんどは栄養の取りすぎでメタボリックシンドロームなのも様々な生活習慣病に悩まされているのが現状です。
ただでさえこのような現状なのにも関わらず、少ない栄養価でも生きていける遺伝子を持って大人になった子供は、みんなと同じ普通の食事を食べているだけでもその人にとっては栄養の過剰摂取となってしまうため、普通の食事をとっていてもみんなよりメタボなどの生活習慣病の危険性が高くなってしまうんです。
いってみれば、ちょっと食べただけでも太りやすい体質になってしまうため、将来食べたいものを制限しなければいけなかったり、日々ダイエットに苦しんでしまう人生になってしまうわけです。
赤ちゃんの遺伝子情報と言うのは、そのほとんどが胎児期に形成されていきます。
お腹の中で形成された遺伝子情報が、その子が大人になってそのような形で苦しい思いをする原因となってしまうんですね。
 

落ち着きや集中力がない子に育つリスク

妊娠中の食事と一体何の関係があるの?と疑問に思ってしまう内容ですが、食べない系のダイエットは、シンプルで簡単かもしれませんが自分との戦いになるため相当イライラしたりストレスの元になりますよね。
妊娠中に過度なストレスやイライラを積み重ねすぎてしまうと、その時の状況が赤ちゃんに伝わることがあると言われています。
その結果、将来子供が「多動性注意欠陥症候群」となってしまうリスクにつながるといわれています。
この症状としましては、通常に比べてやたらと落ち着きがなかったり、物事に対する集中力や注意力が不足してしまう。と言うものです。
そのまま成長していくと、学生時代に勉強が苦手になってしまったり、仕事でうまくいかなかったり。このような大きな壁にぶち当たってしまうことが増えると言われています。
妊娠中の無理なダイエットは、こういったところにまで愛する我が子に悪影響を及ぼす可能性があったんです。
ここでは3つのリスクをご紹介しましたが、大事な我が子にそんな思いはさせたくないですよね。。
妊娠中の食べない系ダイエットは、こういったリスクを高める原因となってしまいますので絶対にやめたいところですね。
 

じゃぁ、妊娠中のダイエットはどうやって進めていくの?

では、妊娠中のダイエットはどのように進めていったらよいのか?と言う話に入っていきますが、ダイエット方法について細かい部分まで掘り下げてしまうと正直キリがありません。
そして、どんなダイエットがオススメなのかは、その人の性格や体質、生活環境などいろんな部分に影響してくるため一概に言えない部分があります。
ですが、これをやれば痩せないわけがない!と言う方法が1つあります。
それは、食生活の見直しです。
ダイエットというと、生活習慣の見直しや運動を習慣づけるなどいろんな方法がありますが、1番強烈なのはやっぱり食事の見直しなんです。
世界最大の肥満大国でもあり、世界でもかなり進んでいるダイエット大国でもあるアメリカでは、運動が2割で食事が8割とまで言われています。
なお、それについてこれを言われて納得したのですが、確かに食事以外にもいろんなダイエット方法がありますが、それらのダイエット方法を取り入れたところで食事の面がボロボロだと、何をやっても結果は出ません。
そして、人間が太るときは必ず食事に原因があります。
仕事をしていても太りません。運動していても太りません。家でダラダラしていても太りません。
太る時は、必ず「自分にとって必要以上に食べ過ぎてしまった時」です。
これは妊娠中の妊婦さんも同じです。
 
だからこそダイエットの80%ほどを占めると言われている食事の要素を見直すことが大切なんです。
 

食事の見直しは具体的にどうするべき?

そうなると今度は、具体的に食事はどうしたらいいんですか?と言う疑問が生まれてきますが、こちらもシンプルです。
赤ちゃんの栄養バランスも考える必要がありますから、できるだけたくさんの品目を意識し、なおかつ脂質少なめのヘルシーな食事を意識することが重要です。
また、ダイエットの大敵でもある炭水化物との向き合い方についてですが、炭水化物は全く摂取しないと言うのは良くないので、毎食小さな茶碗いっぱい位は食べていきましょう。
そして、1日3回の食事をできるだけ同じ時間帯でしっかり食べることを心がけていきます。
 
そうは言われても、具体的にどんなメニューにしたらいいのかあまりイメージがわかない。
と言う方は、ヘルシーな和食料理を心がけていきましょう。
今では、主婦の味方であるクックパッドが大変充実していますから、クックパッドでヘルシーな和食料理をぜひ検索してみてください。
簡単なものでも構いません。まずは自分のできそうなものから少しずつ取り入れて、それを継続していき、和食ベースのヘルシーな食生活を継続していきましょう。
人間の体は人それぞれ個性や特徴がありますが、1日のエネルギーの摂取量よりも、1日のエネルギーの消費量が上回るサイクルを作り出し、それを継続することができれば誰でも確実に痩せていきます。
人間は生命活動をしている以上、いやでもエネルギーは消費していきますので、ヘルシーな和食を継続していき1日のエネルギー摂取量を限りなく減らしていくことができれば、きっとあなたも痩せていくことができます。
なおかつ、バランスの良いヘルシーな和食は赤ちゃんにも嬉しい栄養がたっぷり含まれています。
赤ちゃんにも嬉しいので、まず何かダイエットで始めたいと言う方は、クックパッドでヘルシーな和食料理を少しずつ勉強していくと良いかと思います♪

妊娠中の食べつわりは一体いつまで続くのか?原因と対策をまとめてみた

 
妊娠中の食べつわりと言うのは、お腹が空くと胸焼けもしくは吐き気がしてしまうため、永遠と何かを食べ続けていないと辛い。このような状態のことを指します。
一方食べつわりとは逆で吐きつわりになってしまう方もおり、途中からつわりの種類が突然変化する場合もあるそうです。
このページでは、妊娠中の食べつわりについてこれは一体いつまで続くものなのか?原因は何でどんな対策方法を取るべきなのか。といった部分について皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

妊娠中の食べつわりは一体いつまで続くの?

食べつわりはいつから始まりいつ終わるのか。これについては人によって違ってくる部分がありますが、主に妊娠初期の早い段階で始まるといわれています。
また、胎盤が出来上がり始める妊娠3ヶ月あたりからその症状がだんだんと和らぎ初めて妊娠中期に入る頃には多くの方が食べつわりの症状が落ち着いてくると言われています。
しかし中には妊娠期間を通して永遠と食べつわりに悩まされる方もおり、その場合妊娠中の適正体重をコントロールするのに非常に苦労するケースが多いようです。
このように人によって変わってくる部分もありますが、一般的には妊娠してまもなくから、妊娠中期あたりまでの症状と言う認識で良いと思います。
 

食べつわりの注意点は体重増加

食べていないと体が気持ち悪くてやってられない。このような症状から今までとは考えられないくらい食べるペースがぐんと上がってしまうのが食べつわりです。
妊娠中はある程度食べることが大切だと言われていますが、四六時中永遠と必要以上のカロリー摂取を継続してしまうと、妊娠期間中に適した体重をはるかに上回ってしまう恐れがあります。
これは非常に危険で妊娠糖尿病の原因になったり、難産になったり、母体や胎児に対して様々な危険の原因となってしまうのです。
 

食べつわりの方が知っておきたい4つの対策方法

食べつわりを放っておいて気の向くままに食べ続けてしまうと、先程の段落でお伝えしたように適正体重をはるかに上回ってしまい、妊娠状態が危険にさらされてしまう恐れがあります。
食べつわり自体はホルモンの影響によるものですので発生してしまうこと自体は仕方がないことですが、それをきちんと対策できるかどうかが重要です。
そのための方法として4つこれからご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。
 

食べ物の量を減らし食事の回数を増やす

食べつわりは、お腹が空いている時間を限りなく少なくすることが1番の対策だと言われています。
なので、普段の食事を見直していきます。いくら心の中で我慢しようと心がけても食べ物に手を出さずにはいられません。そうであれば1回あたりの食べ物の量を減らしてしまい、それを1日3回ではなく5回、または6回にこまめに分けて分散するイメージの食事のスタイルに変えます。
そうすることで、結果として食べ過ぎるもしくはカロリーを摂取しすぎることを防止しながらも食べつわりと上手に向き合うことができます。
これに加えて食事の際は咀嚼する回数を意識するのもポイントです。
よく噛むと満腹中枢が刺激されてお腹いっぱいになりやすいと言う話は有名ですよね。今こそそれを実践する時です。
 

低カロリーの食べ物を選ぶ

先程の項目では、食事の量を減らしてその代わりに食事の回数を増やして空腹と向き合いましょう。といったアドバイスがありました。
それに加えてもう一つ取り入れていただきたいのがどんな食べ物をチョイスするかということです。
食事の量を減らすのも効果的ですが、そこにさらに高カロリーなものではなく低カロリーな食べ物をチョイスすることによって、カロリーの過剰摂取をさらに予防することができます。妊娠中は野菜や果物中心の食生活が好ましいと言われています。
まさにそのような食生活は低カロリーを実現できるためお勧めです。また余裕があれば、食事の際に炭酸水を飲むのも効果的です。炭酸水はお腹の中で膨れて食べつわりの対策になります。
もちろん普段の水分補給に炭酸水を選ぶのもオッケーです。
 

食べ物を枕元に置いて寝る

これは食べつわりの時に効果的な対策として知られています。
人間が1番空腹になりやすいのは朝起きたタイミングです。なので起きてすぐに食べ物をすぐ口に運べるように枕元にちょっとしたお菓子を置いておくと良いですね。
私の友人はお菓子ではなくバナナを枕元に置いていました。一緒にゴミ箱を近くに置いておけば食べ終わった後のバナナの皮もすぐに処理できますし、バナナは妊娠中に摂取したい果物でもありますのでクッキーなどを選ぶよりもオススメかもしれません♪
 

寝る前にちょっとだけ食べる

寝る前に何かを食べるのはいわゆる「デブ活」に値するかもしれません。
しかし夜ご飯を食べてから寝るまでの間に何時間か時間が空いてしまうと、ちょうど寝る頃にはお腹が空いてしまい吐き気をもよおしてしまう可能性もあります。
なので食べた方が良いのですが、食べ過ぎには注意していただきたいことと、やはりここでも低カロリーなものを選ぶことをお勧めします。
 

心の状態も食べつわりと深い関係がある

物理的な食べつわりの対策方法としては、食事をうまく工夫することがポイントだと言うことがわかりました。
ただ、もう一つの見方として心の状態も食べつわりと深い関係があると言われています。ここでのキーワードはストレスです。
食べつわりの時に関係なく、嫌なことがあったりイライラしたり強いストレスを感じた時に過食に走ってしまう。今までそんなことわなかったと言う方でも、食べつわりの場合はストレスを感じることで食べたいと言う意欲が増してしまうことが多いそうです。
つまり、ストレスを上手にコントロールしてあげるだけでも食べたいと言う気持ちをうまくコントロールすることにもつながります。
妊娠期間中はいろんな不安やストレスがつきまといますが、そういった中でも自分なりのストレスコントロール法を見つけて心のケアも行っていきたいところです。
 

まとめ

食べつわりは一般的には妊娠中期ごろまでの一時的な症状かもしれませんが、だからといって甘く見ているとこの時期に急激に体重増加をしてしまい、妊娠後期にストイックに体重コントロールに努めなければいけない。
こうなってしまう恐れも十分にあります。健康的な妊娠状態を維持するためには適切な体重を維持することが非常に大切です。
食べつわりの自覚がある方は、適切な対策方法で正しく対処していきたいですね。
 

妊娠中のウォーキングダイエットで知っておきたいことをまとめ

妊婦のウォーキング

ウォーキングと言えば、妊娠中ダイエットに限らず多くの方が取り入れる万人向けのシンプルなダイエット方法ですよね。
妊娠中の方でも、ダイエットでウォーキングを取り入れる事はもちろん可能であり、ダイエット効果が期待できるだけでなく、母体や胎児の健康にもつながりますし、安産に近づけるための体力作りだってできちゃいます。
そんな魅力的なウォーキングですが、妊娠中の場合は、やはりどうしてもいくつかの注意点を知っておく必要がありそうです。
そこで、現在妊娠中でダイエットがてらウォーキングを取り入れようと検討されている方に、知っておきたい注意点や努力を無駄にしないためのちょっとしたコツについてご紹介していきたいと思います。
 

妊娠中にウォーキングをするメリット

妊娠中のダイエットでウォーキングを取り入れる妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。
もちろん求める効果はダイエット効果だと思いますが、ウォーキングをすると脂肪が燃焼されていきだんだんと痩せることができる。このようなイメージをお持ちではありませんか?
もちろんそれはそうなのですが、もう一つダイエット面で嬉しいメリットと言うと、特に過食気味な方にでかいメリットかなと感じるのが、ウォーキングなどの有酸素運動すると食欲が減少すると言う事実です。
私も妊娠していた時は、あれこれつまみたくなってしまい食欲と向き合うのに大変苦労しました。ですが、ウォーキングを習慣づけるようになってから、自然と食べたい気持ちがおさまっていったんです。
人間が太る原因は食事でしかありませんから、私はこのような変化を生かして、朝と夜にウォーキングをし食欲をコントロールしました。
 

安産効果

最初の方でも軽く触れましたが、妊娠中にウォーキングをすると言うのは、ただ単にダイエット効果につながるだけでなく安産に向けた体力づくりをすることもできます。
既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、初めての出産の場合分娩時間の平均はおよそ12時間から15時間だと言われています。
これはあくまで平均であり人によっては丸一日かかってしまう方もいらっしゃいます。これほどにも長時間の出産となるわけですから、時間が長ければ長いほど体力が必要になりますよね。
ですが妊娠中は意識的に体を動かさないと、どんどん体力が減っていくばかりか、筋肉量も低下し難産に傾いてしまいます。
ですがウォーキングを習慣づけていれば、体力や筋肉の低下を防ぐこともできますし、むしろ力をつけることができるので、子ども安全に出産することができる体作りをサポートすることができるというわけです。
 

妊娠中にウォーキングをしない方が良い時

妊娠中は健康状態が不安定になりやすいですし、無理をしてしまえば当然、自分自身だけでなく胎児に危険が及んでしまうことだってあります。
なので、避けるべき時はウォーキングはしない方が良いです。
では、それは一体どのような時なのかと言うと、妊婦検診の時に妊娠状態何か不安要素となるポイントが発見された場合は、自己判断でウォーキングをしないでお医者さんに一度相談しましょう。
なお、体の状態が良かったとしても、激しくウォーキングをして心拍数を高くしすぎてしまうと危険が及びますので、あくまで妊娠中のウォーキングはお散歩程度にするのが無難だと言われています。
 

妊娠中のウォーキングはいつからできていつまでに止めるべき?

妊娠中は母体が安定していない時期がありますし、出産間近になれば「ウォーキングなんてしても大丈夫なの?」と心配になってしまうほどお腹が大きく成長していきますよね。
確かに妊娠初期は無理な運動は避けるべきと言われていますが、ウォーキングの場合は妊娠初期でも合併症がなかったり流産や早産の危険などがないと言われている場合は、妊娠12週ごろから始めるのが、むしろ良いと言われています。
そして出産間近の臨月の時期ともなれば、常に布団の上で安静にしていたほうが良いのかと思うところですが、臨月こそウォーキングをするべきとも言われています。(健康状態が良い場合に限ります)
ただし、臨月はいつ産まれてもおかしくない状態でもありますので、連絡のための携帯電話や、病院にお世話になる時に必須となる保険証、帽子手帳、診察カードは常に持ち歩きましょうね。
 

妊娠中の場合違ったウォーキングのやり方とかあるの?

妊娠中のウォーキングはお散歩程度に行うのが無難だと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
歩くスピードや姿勢が重要だと言われているウォーキングですが、妊娠中の場合はやはり普段の歩くスピードよりもちょっと遅いスピードが良いと言われており、姿勢に関しては、背筋をしっかりと伸ばして正しい姿勢で歩くのが理想です。
特に難しい事はありませんが、スピードは無理せず、悪い姿勢では歩かないようにすることを心がけていきましょうね。
また、ストイックにウォーキングをするのは大変危険です。下から運動を習慣化していた方であれば別かもしれませんが、基本的には無理して毎日する必要はなく1週間に3回から4回程度のウォーキングでも構いません。
1日空いてしまったからといってきっぱりやめてしまうのではなく、こまめに続けることが大切です。
また、実際に歩く際は、水分補給も忘れないでくださいね。
 

ウォーキングによるダイエット効果を無駄にしないためには

妊娠中にウォーキングをされる方は多くいらっしゃいますが、みんながみんなダイエットに成功しているわけでは無いようです。
やはり成功と失敗の鍵を握るのは、食事です。
食事といっても、妊娠中ですからある程度気を使っておられる方がほとんどだと思いますが、それでも太ってしまう原因としては、やはり食べ過ぎであることが考えられます。
人間の体は運動していなくても内臓の働きによってたくさんのエネルギーを消費します。これを一般的に基礎代謝と言うのですが、こうして運動や内臓などの働きによってナチュラルに消費されるエネルギーよりも、普段の食事で摂取するエネルギーの方が上回ってしまえば、当然痩せるサイクルはできません。
かといって断食ダイエットなどは妊娠中にはしてほしくないのですが、普段の食事で食べる量を見直すことも大切です。
どんなものを食べるか、どれだけの量を食べるか。これをいちど見直してみてください。
ウォーキングの習慣に加えて食事の要素をしっかりと考えることで、より着実に体重コントロールができていくはずです。

吐きつわりの時にオススメのゼリーはどれ?

たくさんのゼリー

妊娠中に
 
「吐きつわりがひどくて食べたいのに食べれない」
 
このような体の状態に悩んでおられる方も少なくないかと思います。
妊娠中はおなかの中の赤ちゃんの為にも十分な栄養補給したいところなのになかなか食欲がわかないのは辛いですよね。
この時期はシャーベットやアイス、ゼリーなどのすっきりするものを好む方が多いです。中でもゼリーは低カロリーで手軽に手に入るものであり、とても身近な食べ物なので吐きつわりのときのお供として多くの方に選ばれています。
しかし、妊娠中ともなれば良かれ悪かれ中身の栄養が気になるところです。
そこでどんなゼリーがおすすめでどんなゼリーは注意すべきなのか?といった部分をこのページで見ていきたいと思います。
 

ウィダーインゼリーは栄養が取れて人気が高い

 普段からウィダーインゼリーを毎日摂取してます!と言う方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、ウィダーインゼリーのうちのマルチビタミンとマルチミネラルは、妊娠期間中に必要な栄養が補給しやすいゼリーとして妊婦さんにオススメだと言われています。
マルチビタミンはグレープフルーツ味になっており、食べつわりの時に効果的と言われているビタミンB6、妊娠中に最も重要とされる葉酸も含まれているんです。
 
一方マルチミネラルは、グレープ味になっており、妊娠中に不足しやすいと言われているカルシウムやマグネシウムが含まれています。
特にカルシウムについては胎児に吸収されやすい栄養素であるため母体に不足しやすいものだと言われています。
また、こちらも元気な赤ちゃんを産むための葉酸が入っています。
何も考えずにとりあえずゼリー。と言うよりは、こういった中身の濃いゼリーを選ぶ方が良いかもしれませんね♪
 

こんにゃくゼリーで満足感アップ

こんにゃくゼリーは、カロリーが低く食べ応えがあるため満腹感を得やすいゼリーだと言われています。
吐きつわりの時はすぐにお腹が空いてストレスが溜まってしまいますよね。
なので腹持ちの良いこんにゃくゼリーは特にオススメです。
また、こんにゃくゼリーには腸内環境に良い食物繊維も含まれており、女性ホルモンの影響で便秘になりがちな妊婦さんにとって救いのアイテムとなるでしょう。
 

フルーツ入りのゼリーで果物の栄養を確保

 中には果物がそのままゼリーの中に入ったものもありますよね。
他の食べ物が喉を通らない時でも果物が入ったゼリーなら比較的食べやすいと言う声も聞きます。
吐きつわりの妊婦さんよく選ばれているのは、グレープフルーツやみかんなどの酸味が心地よいフルーツゼリーだそうです。
 

コーヒーゼリーは避けるべき?

コーヒーゼリーはゼリーの中でも比較的人気の高いゼリーであり、とてもおいしいですよね。
しかし妊娠中はカフェインが含まれているコーヒーは良くないと言う話もあります。
実際にカフェインと言う成分は体の中で分解するのに時間がかかってしまうため、胎盤を通過して赤ちゃんに悪影響がある可能性が心配されます。
しかし、海外に目を向けてみると、確かに妊婦さんのカフェインの摂取量はある程度制限があるものの禁止されているわけではないんです。
アメリカやカナダ、イギリスなどでは11日に1杯から2杯程度のコーヒーなら飲んでも大丈夫だと考えられているんです。
そうともなればそれよりカフェインのレベルが低いコーヒーゼリーは、我慢せずに食べても良いと言えるでしょう。
しかし食べ過ぎはやはり危険ですので、コーヒーゼリーが大好き!と言う方は食べ過ぎに注意してくださいね。
 

吐きつわりで食べれない時は無理する事はありません

 以前吐きつわりに悩んでいた妊娠中の友人に、食べても戻しちゃうから赤ちゃんにちゃんと栄養が行っているか心配。どうしたら良いかな?と相談を受けたことがあります。
このページの冒頭でも触れましたが、吐きつわりのせいで食欲がないとしても、母親としてはしっかりと栄養補給をして赤ちゃんに届けなければ!と心配になりますよね。
 
ですが安心してください。人間の体はよくできており、吐きつわり中であまり食べ物が食べれなくても、ママの体に蓄えられた栄養で赤ちゃんはちゃんと育ってくれるんだそうです。
そのうちつわりが落ち着くと同時に自然と体重も戻っていきますし、食べつわりによる必要以上の体重増加よりはるかにマシだと言う意見もあります。
自分自身の体も大切にすると言う意味では、つわり中でもこれならいける。と言う食べ物を見つけて栄養補給をするのはもちろん大切なことです。
ですが「つわりのせいで全然食べれない、栄養不足だ。やばい。」と必要以上に心配する必要はありませんよ♪
 

まとめ

つわり中のちょっとした栄養補給としてゼリーを食べるのであれば、個人的にはウィダーインゼリーの先ほど紹介した2つがオススメだと思います。
しかし、ゼリーばかり食べていては栄養に偏りが出てしまうため、野菜や果物をほんの少しでも意識的に食べれると良いかもしれませんね。
なおグレープフルーツは吐きつわりの時でも比較的食べやすいと言われています。
ほかに何かいいのないかな?と迷われた時はグレープフルーツを試してみるのもありかもしれません。
 
また、つわりはストレスも大きく関係しているといわれています。目まぐるしく忙しかったり心が乱れてしまう時は誰にでもありますが、そんな時こそ「心のセルフケアはちゃんとできているかな」と自分に問いかけてみるのも必要かもしれません。
 

妊娠中ダイエットで食べないのは危険!安全な痩せ方について

 妊娠中は体重管理ダイエットが必要になることが多いのはほとんどの妊婦さんが実感されているかと思います。ですが、ひとことで体重管理と言っても太ったらその分食べなければ痩せて行くという単純な考え方のダイエットは妊娠中の場合は危険です。

f:id:nextzone:20170515192611j:plain

お腹の赤ちゃんに栄養を与えなければなりませんし、自分自身が健康でなければ産後の子育てにも影響してしまうからです。

 

そこで、今回は妊娠中にやってはいけない危険な痩せ方と安全な体重管理のための痩せ方について一緒に見て行きたいと思います。

まずは、妊娠前の通常時には普通にやってしまいがちな「食べない系ダイエット」の危険性について一緒に見て行きましょう。

妊娠中に食べない系のダイエットをしたらどうなるの?

もしも妊娠中のあなたが、断食などの食べない系のダイエットをしてしまうと、その悪影響が赤ちゃんに及んでしまう可能性があります。

赤ちゃんに及んでしまうという悪影響とは具体的にいうと3つです。

  • 低体重児のリスク
  • 将来的なメタボの危険性
  • 多動性注意欠陥症候群のリスク

それでは、これらのリスクをもう少し詳しく見て行きたいと思います。

低体重児のリスクとは

低体重児とは、出生時の体重が2,500g以下の赤ちゃんのことなのですが、ただ体重が少ないだけではなく、母胎の中で充分に内臓が発達していないため生まれてすぐの状況下で危険性があるさまざまな感染症のリスクが高くなってしまうんです。

将来的なメタボの危険性

 生まれたばかりの赤ちゃんの内臓が充分に発達していないと、成長するための栄養の受け取りがうまく行きません。そのため少ない栄養でも発育ができるように遺伝子情報が書き換えられてしまうんです。そうなると大人になってから充分に食べられるようになると栄養やカロリー過多ということになってしまい、メタボリック症候群の可能性が高くなってしまいます。

多動性注意欠陥症候群のリスク

 

多動性注意欠陥症候群とは、子供のうちでは幼稚園や学校に通うようになってから「落ち着きがない」とか「集中力がなく注意力が散漫」と指摘されてしまうことです。大人になる過程で学校の成績や就職する年齢になる前に勉強や仕事がうまく行かないと悩んでしまうことになるのですが、この原因は妊娠中に「食べつわりなどで食べたいのに体重管理のために食べない、あるいは食べることを無理やり我慢する」といったことによって過度なストレスやイライラが積み重なることによって起こると言われています。

妊娠中の体重管理の目安は?何kgまで増えて良いの?

 母体や赤ちゃんに悪影響が及ばないように安全にダイエットを行うためには、以前とは少し違った視点で体重管理を行う必要があります。 具体的に言うと、以前のように体重をガンガン落としていくイメージではなく、臨月に向けてだんだんと増えていく体重が急激に増えていかないように体重増加をコントロールするようなイメージです。

妊娠中に増えて良い体重の目安は、妊娠前のもともとの体重の「BMI値」によって目安が決まります。

BMI値別による体重増加の許容範囲は下記の通りです。

  • BMI値が18以下(やせ形体型)の方は9~12kgまで
  • BMI値が18~24まで(平均的な体型)の方は7~10kgまで
  • BMI値が25以上(肥満体型)の方は5~7kgまで

このような目安で妊娠中の体重の増加幅を管理することができれば「理想的な体重増加」になっていると判断されます。

BMI値ってなに?

BMI値とは「体重÷(身長×身長)」という計算式で割り出せます。

このBMI値の計算式で間違ってはいけない点は、身長×身長の部分をメートル単位で計算するところです。たとえば身長が161cmで体重51kgの方なら「51÷(1.61×1.61)=19.55」という計算になります。

ただし、体重増加は理想的な範囲に抑えることができても血糖値や血圧が正常値になるようにすることが一番大切な妊娠中の健康管理のポイントになります。

妊娠中は具体的にどんなダイエットをすればいいの?

それでは、妊娠中は具体的にどんなダイエットをすれば良いのか。という部分について見ていきます。 なお、妊娠中に限らずの話になるのですが、ダイエットの基本として「1日の摂取カロリーをできるだけ減らし、1日の消費カロリーを少しずつ増やしていく」このような要領でダイエットを行っていきます。 しかし、妊娠中の場合はおなかの中の赤ちゃんに、絶えず必要な栄養を届けてあげなければいけませんので、今の内容に加えて、「バランスの良い栄養補給」を意識していきましょう。

栄養バランスのとれたヘルシーな食事を意識

f:id:nextzone:20170528224127j:plain

これは、毎日継続して行うとなると、意外と難しいですよね。 特に妊娠中は食事の好みが変わったり、うっかり食事の内容が偏ったりすることもあるでしょう。 ですが、ダイエットの基本は食事の見直しですので、まずは普段の食事を見直していきます。 なお、これについては細かく言っていくとキリがないので、大まかに言うとヘルシーで栄養バランスのとれた和食のメニューを意識していきます。 日本食と言うのはよくできていて、ヘルシーな和食のメニューを心がけているだけで、余分なカロリーを抑えながら妊娠中に必要な栄養をバランスよく補給出来るようになっています。 また、考え方の1つとして野菜や果物中心の食生活と言うのもオススメです。 ただ、お肉や魚などを一切食べてはいけないわけではありませんので、そういった食材もうまく取り入れながら、たくさんの種類の野菜を摂取していけるように心がけていけると良いでしょう。

負担にならない軽い運動の要素を取り入れる

少し前にもお話ししましたが、ダイエットの基本は1日の摂取カロリーをできるだけ抑えて、1日の消費カロリーを増やしていく。これが基本になります。 運動の要素を取り入れることで、1日の消費カロリーを増やしていくことができます。 なお、運動についても妊娠中にできる内容は限られてしまいますが、その中でも多くの方が取り入れている妊娠中の運動と言えば、やはりウォーキングです。 この運動はもはや鉄板ですが、妊婦さんにとってもお勧めの運動だと言われています。 家の近所をお散歩するだけですので、特に何か新しいものが必要となるわけでもありませんし、ちょっとした空き時間を使って行うことができます。 誰でもすぐに始められるのが、この運動の魅力ですね。

 

ダイエットは正しいやり方で継続することが命

妊娠中ダイエットになりますので、あくまで無理は禁物なのですが、一度ダイエットを始めた際は、諦めずに長く続けることを意識していきましょう。 その日の気分や体調によっては、普段やっているダイエットメニューを行うのが困難な日もあるかもしれませんが、そういった日でも、その時にできることを意識して、コツコツ続けていけると良いですね。 また、「正しいやり方で」と言うのも大事な要素の1つです。 せっかく一生懸命コツコツ取り組んでいても、そのダイエットが、もしも痩せる仕組みができていなければ、痩せるものも痩せません。

そういった具体的な部分については、お医者さんと相談しながら、ご自身に合った痩せる仕組みができている正しいダイエットを見つけて、それを行っていけると良いかと思います。

水泳は妊娠中ダイエットにおすすめ!期間と健康効果と注意点

マタニティスイミング

妊娠中ダイエットに水泳を行うと言う事は、ダイエット面で見ても健康面で見てもメリットがたくさんあることをご存知ですか?

実際に、水泳をすること自体が普段使わない筋肉をふんだんに動かすことができるため、たくさんのエネルギーを消費することにもつながりますし、陸でのトレーニングで鍛えられない部分の筋肉を鍛えてあげることもできます。
体を鍛える事は、お産に有利な体作りをすることにもなりますので、水泳はそういった面でもぜひ行いたい運動の1つです。

ただ、現在妊娠中ともなれば、どのように泳いだら良いのか、どんな点に注意すべきなのか、期間はいつからいつまでやって大丈夫なのか、といったような様々な悩みが出てくるかと思います。

 

ここでは、妊娠中ダイエットに水泳を行うことの効果やメリット以外にも、そういった部分についてもまとめて皆さんにシェアしていきたいと思います。

 

妊娠中ダイエットに行いたい「マタニティスイミング」とは 

一般的に、妊婦さんが行う水泳をマタニティスイミングと呼びます。
妊娠中に行いたい運動はいくつかありますが、このマタニティスイミングもその運動の1つです。
妊娠中に水泳をするのはよくないのでは?と心配される方もいらっしゃるかと思いますが、専用の施設も存在し、インストラクターや助産師さんがついているジムなどもあるんです。

万全の態勢が整っている場所で行えば、基本的にどなたでも安心してマタニティスイミングを行うことができます。

 

マタニティスイミングではどんなことをするの?

妊娠中でも水泳ができるとは言え、本当に簡単なことくらいしかできないのでは?と思ってしまうところですが、クロール、背泳ぎ、バタフライなどの、通常の水泳と同じような泳ぎをすることもできます。

私の知り合いにもマタニティスイミングで妊娠中ダイエットを行っていた人がいたのですが、今まで背泳ぎができなかった彼女は、マタニティスイミングをしている最中に背泳ぎができるようになった。と言っていました。

このように、本格的に泳ぐことが出来るのも泳ぐことが好きな方にとってはとても魅力ですね。

また、そうでない方でも、音楽を聴きながらプールの中で体を動かす水中エクササイズやウォーキングをしたり、水に浸りながら呼吸方法を練習するヨガのようなプログラムまであります。

泳ぎが好きな方から、泳ぎが苦手な方まで楽しめるのがマタニティスイミングの良いところだと思います。

 

マタニティスイミングを行うとどんな効果が期待できる?

海もしくはプールで遊んでいた時に、家に帰った後に普段感じないような激しい疲労感を感じた経験はありませんか?

水中で体を動かすと言う事は、その時は夢中になっていて気づかないかもしれませんが、実は体がその時感じている以上にいい運動になっています。

そのため、直接的なダイエット効果にもつながりますし、先ほどもお伝えしたように普段なかなか鍛えられないような筋肉を鍛えることもできるため、代謝アップにつながり、ダイエットしにくい体作りをサポートすることもできます。

このようなダイエット効果が期待できるだけでなく、血流の改善によって妊娠中によくある肩こりや腰痛、体のむくみなどの不快な症状を改善、予防することにもつながります。

さらに、水中で体を動かすことでストレスを発散することができたり、施設に助産師さんがついているところであれば、マタニティスイミングを行った際、助産師さんにその時感じている不安や悩みを気軽に相談できるきっかけになるのも魅力かなと感じます。

 

なお私の友人は、上記のようなメリットの他にも、ママ友ができて、新しいコミュニティーができたのがすごく楽しかったと言っていました。

同じ時期に妊婦としての楽しみや不安などの様々な感情をシェアできる仲間が作れるのは、確かに大きな魅力の1つかもしれませんね。

 

妊娠中の水泳はいつからいつまで大丈夫なの?

今このページをご覧の方の中には、すぐにでもマタニティスイミングを始めたい。とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、妊娠中の水泳が行えるのは、一般的には16週目を超えてからが条件になる場合がほとんどです。
つまり、母体が安定期に入って落ち着いてからと言う事ですね。

なお、期間的には大丈夫だったとしても、その時の体の状態によっては避けるべきだと言う場合も出てきますので、マタニティスイミングを始める前に必ず担当のお医者さんに相談してからにしてくださいね!

ちなみに、マタニティスイミングは基本的に「いつまで」と言う上限はなく、出産直前まで継続することが可能です。
実際に出産直前までマタニティスイミングを行い、健康と体重を管理されている方もたくさんいらっしゃいます。

ですが、体が安定していることが大前提ですので、絶対に無理はしないように心がけたいところです。

 

妊娠中の水泳で注意したいこと

妊娠中に水泳をすること自体は可能ですが、先ほども触れたように担当の先生の許可を受けてから行うようにしましょう。

例えば、切迫早産などの危険が考えられる状態などでマタニティスイミングを行ってしまうと、そこから悪影響に発展する恐れなどもありますので、ここは絶対に押さえておきたいポイントです。

 

また、どこの施設に通うか。ここも重要なポイントです。最近ではインストラクターの方だけでなく助産師さんや看護師さんがついている施設も増えてきていますが、中にはそうでないところもあるようです。

もしもの時を考えると、インストラクターの方以外にも専門知識を持った助産師さんや看護師さんがついているところの方が、気持ち的にも安心ですよね。

 

あと、妊娠中は体が冷えると母体だけでなく胎児も危険にさらされてしまう恐れがありますので、体の冷えにつながらない水温になっているかどうかをチェックしておくことも大切です。

 

マタニティスイミングはどこでできるの?

ここまでの流れで、マタニティスイミングが行える施設があると言う話が出てきましたが、具体的にどんなところでマタニティスイミングができるようになっているのかについてみていきたいと思います。

マタニティスイミングは、トレーニングジムやスイミングスクールで基本的に行われています。
数年前までは数が少なかったものの、最近では需要の増加とともにマタニティスイミングを実施する施設が増えてきているようです。
なお、基本的には都心部などで広がっているマタニティスイミングですが、ご自身が住んでいる付近ではどこでマタニティスイミングが行われているかについては、保健所や産婦人科で確認することもできます。

調べてもよくわからないと言う方は、次回足を運んだ際に、どこでできるのか聞いてみるのもいいですね。

 

マタニティスイミングで健康的な体を手に入れよう

マタニティスイミングでクロール

数多くある運動の中でも、「水泳」は、陸ではなく水中で行うスポーツですので、陸の運動では得られない効果やメリットを得られるのが魅力です。

マタニティスイミングとして、本格的に妊婦さんに適した水泳を行うことで、効果的なダイエットにもつながりますし、安産の確率を上げることにもつながりますので、今現在検討中の方は、ぜひ始めてみると良いかもしれません。

妊娠中こそ筋トレ!メリットと安全なメニューとその他の運動

妊娠中の筋トレについてどんなイメージをお持ちでしょうか?ちなみに管理人の私は最初の頃は、妊娠中は常に安静にしてなければいけないから筋トレなんてもってのほか!と思っていました。

f:id:nextzone:20170607121127j:plain

確かに場合によっては好ましくない筋トレメニューもありますが、基本的に適切なメニューを適切なタイミングで取り入れることによってたくさんのメリットが期待できるんです。そこで健康や赤ちゃんの為にも、そして産後の体型戻しダイエットをスムーズにするためにも安全で適切な筋トレを行いたいと考えている方も増えてきているんです。
そこで、今回は妊娠中の筋トレを安全に行うためのポイントや筋トレメニューについて一緒に見て行きたいと思います。

妊娠中の筋トレはメリットがたくさん!

 
妊娠中に筋トレをするとメリットは数えてみると結構あります。
たくさんあるので、その簡単な理由も含めて箇条書きにまとめてみました。
  • 慢性的な運動不足の解消
  • 妊娠中の急激な肥満予防
  • メンタルケア(体力強化でお産への不安が和らぎ自信が持てる)
  • ストレスでイライラすることがないため旦那さんとの関係が良好になりやすい
  • 安産につながる
  • 睡眠の質が高まる
  • 腰痛改善、予防
  • 便秘解消効果
  • 手足のむくみ解消(静脈を戻る血流がスムーズになるため)
  • 妊娠線予防(皮下脂肪が少なくなると肉割れが起こりにくくなります)
このような効果やメリットがあるのが妊娠中の筋トレなんですよ。メリットの感じ方は個人差がありますが、アメリカでも腹筋を鍛えて「シックスパック」を維持し続けた
サラ・ステージ」という西海岸カリフォルニア在住の下着モデルの女性が話題になっています。このように妊娠中の筋トレは話題性でも最新の妊娠中の美容法でもあると言えるのですが、もちろんただ腹筋や脚力を鍛えれば良いというものではなく、安全に実践するためのポイントがあります。
 

こんな場合は筋トレをする前に確認を!

f:id:nextzone:20170410104749j:plain

妊娠中に適切な筋トレをすることが好ましいのですが、中には運動を控えた方が良い場合もあると言われています。それは子宮口が開いている方の場合です。子宮口が開いてしまうというのは臨月付近で起こることで自覚症状がない場合や子宮口が開いてなくてもお腹の張りを感じたりすることもあります。要するに子宮口の開きを自覚症状で知ることは難しいため、こんなタイミングで筋トレを敢行すると高い確率で早産につながってしまう恐れがあります
また、高血圧の状態になっている方も筋トレをするとさらに血圧が上がり体が危険な状態にさらされてしまう恐れがあります。多くの方にとって妊娠中の筋トレはたくさんの健康メリットをもたらしてくれる運動ですが、場合によっては危険を伴うこともありますので、妊婦健診の際に必ず先生に確認して相談のうえで行うようにしましょう。
 

妊娠中の筋トレは始めるタイミングも重要

f:id:nextzone:20170705223410j:plain

妊娠期間は大きく3つに分けて妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期がありますよね。この3つで言うと、妊娠中期から筋トレを始めるのが好ましいと言われています。要は体が安定期に入ってからと言う事ですね。そして何時まで筋トレなどの運動をしても良いのかと言うと、それは生まれる直前まで可能なんだそうです。特に臨月になるとお腹も大きくなり安静にしてなければいけないイメージが強いかと思いますが、臨月になると逆にお医者さん側から積極的に運動をしてくださいねと言われることが多いのです。なのでその時に合った適度な運動を心がけましょう。ですが、妊娠後期の場合は血圧が高くなることが多いですので、担当の主治医の方に相談してから行うのが良いかもしれません。
 

妊婦さんにお勧めの筋トレメニュー

 
ひとことで筋トレといっても、いろんな種類の筋トレメニューがあります。
最近では激しい運動をしても早産のリスクにさほど影響しないとも言われ始めていますが、確実でないうちはちょっと怖いですよね。そのことも踏まえて私が紹介する筋トレは、スクワットと骨盤周辺の筋肉を鍛えるエクササイズです。
 
スクワットと骨盤周辺の筋肉を鍛える筋トレは、出産をスムーズにする、つまり安産につながる効果が期待できるんです♪
近年スクワットを取り入れたダイエットが話題になっていますから、スクワットならやったことあるよ!という方もいらっしゃるとおもいますが、妊娠中のスクワットの場合やり方が少し変わってきます。大きな違いと言えば、膝を正面に向けて曲げるのではなく、つま先と膝を外側に向けて開きます。月齢が進んで大きくなって行くお腹に不必要な負荷をかけないためです。
違いと言えばこのくらいですが、妊娠中のスクワットとしてはこのフォームが進められていますので、スクワットを行う方はぜひつま先と膝を外側に開いて曲げる。このやり方を取り入れてみてくださいね。

骨盤周辺の筋肉の鍛え方

f:id:nextzone:20170705232513j:plain

骨盤周辺の筋肉は出産する際に非常に重要です。骨盤底筋とも言われています。この筋肉の鍛え方は、まず仰向けに寝て、足を肩幅程度に開いて膝をたたせます。この形が作れたら体の力を抜いて肛門をきゅっと締めるようなイメージで骨盤をゆっくり5つ数えながら閉めていきます。たったこれだけですが、定期的に行うことで骨盤底筋を鍛えることができ出産の時に大活躍しますよ♪
 
またもう1つ骨盤底筋を鍛える筋トレ方法があります。こちらも先ほどと同じように仰向けに寝て足を肩幅に開膝を立たせます。今度は先ほどと同様、お尻の穴をゆっくりとしめながら、それと同時に体全体は固定してお尻を上にあげるイメージでゆっくりと上に上げていきます。この時内側の太ももに力が入るように行うとバッチリです。そして肩、背骨、膝が一直線になるように腰を上に持ち上げます。その形が取れたら3秒から5秒程度そのままの体勢をキープし、ゆっくりと息を大きく吐きながら下ろしていきます。これを繰り返すといきむ時に活用する筋肉が鍛えられます♪
 

筋トレ以外にも取り入れたい運動

 
このページのテーマは妊娠中に取り入れたい筋トレですが、体力づくりは筋トレだけでなくストレッチや有酸素運動などトータルで考えることでより効果的に行うことができます。そこで筋トレの前後に取り入れていただきたいのがストレッチです。ストレッチと言えば体を硬い状態から柔らかい状態に変えるためのトレーニングですが、体が柔らかい状態と言うのは出産のときに非常に重要なんです。もしも体が硬い状態だと出産のときに激痛が走ります。そうともなれば痛みのせいで力が入りにくくなりそれが結果として難産の原因にもなってしまいます。だからこそ筋トレをするタイミングで良いのでストレッチを意識的に行い体を柔らかくしておくことも大切なんです。特に股関節やお腹周りのストレッチが効果的です。

階段上りは意外と効果的

 
もしもご自身の生活環境の身近なところに階段があるならば、階段のぼりをトレーニングの一環として取り入れるのも効果的です。妊娠中の筋トレでは足腰や腹筋がつくのが効果的と言われています。そのトータルを鍛えることができるのが階段の駆け上がりです。階段を駆け上がると言う行動は、最も足腰腹筋の筋肉が付きやすいと言われています。ポイントは駆け上がると言うことです。階段踏み外して転んでしまうことだけは充分注意していただきたいのですが、このトレーニングはとても効果的ですのでもし身近な環境に階段があるならば、試してみる価値は十分にあると思います。

妊娠中にできる筋トレのまとめ

私自身もこの内容について調べていく中で、筋トレがこれほどにも大きなメリットがある事は知りもしませんでした。これほどにもたくさんのメリットがあるとなれば、暇な時間があればスマホゲームをするよりも筋トレをしたくなりますよね♪ここで紹介した筋トレ方法は、いずれにしてもお家の中で出来る事ですので、雨の日でも忙しい日常の中でもちょっとした空き時間を使ってできるのが魅力かと思います。なお、筋トレをした後はタンパク質を摂取すると良いと言われており、ヘルシーながらもタンパク質がたくさんとれる食材として鶏のささみが有名です。筋トレ後のおやつに鶏のささみを活用したサラダを食べる習慣もいいかもしれませんね!