妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中の玄米の食べ方とダイエット効果

玄米は、白米よりもたくさんの食物繊維をはじめとする様々な栄養素が含まれていることや、妊娠中に一番避けなければならない血糖値の上昇を防げる低GI食品のひとつであることが腸内環境整える効果や、美容に良いとして多くの女性に注目されているんです。

玄米ご飯

妊娠中のダイエットでは、低カロリーで栄養豊富な食事が求められるため、白米よりも低カロリーな玄米は妊娠中のダイエットにぜひとも取り入れたいところですが、ネット上では、妊娠中の玄米はあまり良くないと言う書き方をしているところもあります。

そこでここでは、妊娠中に玄米を食べてダイエットをすることが可能なのかどうかといった部分なども踏まえて妊娠中の玄米ダイエットについて解説していきたいと思います。

 

 

玄米とは?

玄米と言うのは、精米する前の胚芽などがついたお米のことを指します。

f:id:nextzone:20170507161519j:plain

玄米には、カロリー自体はほとんど変わりませんが、脂肪、タンパク質、食物繊維、ミネラル、ビタミンB群などの、バランスの良い栄養が含まれています。

 

さらに前述の通りですが、胚芽をを外して精米したお米に比べて血糖値の上がり方を穏やかにしてくれるため、インスリンの分泌を増やさないことができ、そのためインスリンによって血糖が体脂肪に変換されてしまうことを防ぐ効果が大きいんです。

玄米がダイエットに効果的というイメージがあるのは、こうした『低GI食品』であることや先ほどご紹介した栄養素の豊富さと両面を兼ね備えている食材なんです。

妊娠中も食べて大丈夫?

妊娠中に玄米をたべることは問題ありません。

ですが、以前は玄米を食べること自体が良くないと言われていたことがあります。

 

妊娠中に玄米を食べるのがよくないと言われた理由は大きく分けて2つあります。
その2つの説の部分をシンプルに見て行くと次のような要因があります。

デトックス効果が高すぎる

それは妊娠中にデトックス効果がある玄米に含まれるフィチン酸と言う成分を摂りすぎてしまうのはよくないのではないかと言う説があります。
これは、妊娠中の初期、安定期、後期の時期にかかわらずお腹の赤ちゃんが成長するために必要なミネラルも一緒にフィチン酸のデトックス効果によって排出されてしまうと言われていたからです。

玄米は消化に良くない

玄米は、稲から脱穀をして1番外側の籾殻だけを外した状態のお米なので、まだ固い街角に覆われた状態であり、それが妊娠中の胃腸が弱っているママさんにとってはあまり良くないと言う意見があります。ただしこの点にしても前日のフィチン酸の件にしても、ちゃんと解決する方法がありますので、後ほどしっかりとご説明させていただきます。

胎児への悪影響はある?

やはり何をするにも、1番気になるのが胎児への悪影響だと思います。 そこで調べてみたところ、今現在の段階で、玄米による直接的な胎児の悪影響は報告されていないようです。

 

しかし、先ほど述べたような理由から、ミネラルを無駄遣いしかねないため、そういった面ではあまり胎児にとって良いことではありません。

 

妊娠中に玄米を取り入れることのメリットとデメリット

ここまで読み進めていく中で、玄米は結局いいのか悪いのかよくわからないと言う方もいらっしゃるかと思うので、ここで玄米のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

デメリット

ここま玄米を妊娠中の体重管理ダイエットに使って良いのかという目線で見てきました。 白米よりも血糖値をあげない『低GI食品』であることや栄養豊富なところなど玄米の良いところをご紹介してきましたが、デメリットがないわけではありません。

  • 消化が良くない
  • アクがある
  • 農薬が残っている場合がある 

これらの3つのデメリットがあります。 なお、大量の農薬を口にしてしまう事は、あまり良いことではないですが、その点に関しては、無農薬のもの選ぶことでされます。

 

メリット

妊娠中に玄米を食べることによるメリットはシンプルに大きく見て行くと次の3つの要素があります。

  • 栄養バランスが良く妊娠中の栄養管理に最適
  • 便の調子が良くなる
  • 白米よりもカロリーが低い

このページのテーマは、妊娠中のダイエットと玄米ですので、玄米のメリットとしてカロリーが低いと言うのはとても大きなメリットだと言えるでしょう。 また、玄米には食物繊維が豊富ですので、便秘になりがちな妊娠中の方にはこちらも大きなメリットだといえます。

よく見てみると、重大なデメリットであるアクと農薬みかんしては、玄米選びと炊き方次第でクリアすることが可能です。 そうなると、デメリットよりもメリットの方が圧倒的に大きいため、やはり妊娠中のダイエットに玄米を取り入れると言う事はお勧めだといえます。

では次の段落で、妊娠中の方でも安心して玄米を食べれるようにアクを取り除く書き方について解説していきます。

妊娠中でも安全な玄米の炊き方

ここまで解説してきた通り、玄米には妊娠中のダイエットに対するメリットがあり、アクを取ることと、無農薬のもの選ぶというポイントをきちんと抑えることで、妊娠中のダイエットに大きな効果をもたらしてくれるでしょう。

玄米を安全に炊くときのポイントは、次の3つです

  • 最低でも3回は洗うこと(力を入れて洗うと胚芽も落ちてしまうので注意)
  • 一晩水に浸しておくこと
  • 浸したあとの玄米をもう一度洗うこと
  • 1合の玄米に対してひとつまみの塩を入れる

とてもシンプルですがこの3つのポイントを押さえることで、100%ではありませんが限りなくアクと農薬をカットすることができ、安心して食べることができます。

また、一晩水に浸した後にもう一度軽く洗ってくださいね。

そうすることで安心して食べられるようになりますよ。

また、おいしく炊けた玄米は炊きあがりの時点で『カニ穴』と呼ばれる穴がたくさんあきます。

炊き立て玄米

このような炊き上がりになるように水加減などを試しながら炊いて見てはいかがでしょうか♪

妊娠中の玄米とダイエットのまとめ

妊娠中に玄米を食べてダイエットをすること自体は全く問題があるような悪いことではありません。むしろ玄米の体GI食品であることを考えるとメリットが非常に多いと思います。
ですがフィチン酸のデトックス効果の高すぎるところや、残留農薬の心配など気になるところがないわけではありません。
ですので、くれぐれも玄米を炊くときの注意点であるよく洗うことが1番を水に浸すこと等をしっかり守って、安全性に十分な注意を払ってその上でしっかりと食べてくださいね。

妊娠中の玄米ダイエットのアドバイザー

また、玄米だけを食べれば良いというわけではありません。緑黄色野菜のほうれん草に含まれている葉酸や乳製品で取れるカルシウム、海藻類や穀類でも取れるマグネシウムなども妊娠中には必要な栄養素です。
どれも大切なことですので、妊娠中はできるだけ塩分、糖質、脂質の取りすぎに注意をして健康的な妊娠生活を送るようにしましょうね。塩分は妊娠中のむくみと高血圧症候群の原因になります特に注意が必要ですので、注意するようにしてくださいね。