妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中に太りすぎた場合、どんなダイエットをすればすぐに痩せる?

太りすぎたママ

妊娠中に太りすぎた場合、ダイエットをして体重をコントロールしなければ、胎児の成長の妨げになったり、ときには命が脅かされることもあります。
だからこそ妊娠中は、適切な体重コントロールが重要となってくるのですが、今までダイエットがなかなかうまくいかずに太りすぎてしまった。と言う場合、太りすぎたからといって一気に断食落ちて体重を減らしたりするわけにもいきませんし、無理な運動もできません。
そんな中で、着実にダイエットを成功させていくためには、どんなダイエット方法が良いのかここでご紹介していきます。
 
また、後半部分では、太りすぎてしまった状態を放っておいてしまうことの危険性についても触れていきます。

妊娠中ダイエットは食事の見直しでほぼ成功する

とてもシンプルな考え方になりますが、私たち人間が太ってしまう原因は必ず食事です。
仕事をしていようとも、犬の散歩をしていても、家でごろごろテレビを見ていても、その時に太る事はありません。
必ず太る時は食事が原因です。
料理のカロリーが高かったり、そんなにカロリーが高いものでなくても食べ過ぎてしまったり、ほとんどの場合はこれが原因です。
 
なお、妊娠中の場合はこれにプラスして浮腫の概念が加わってきます。
しかしこれも、食事のコントロールが徹底されれば解消されていきます。
なので、この段落のサブタイトルでもお伝えしているように、食事の要素を見直して正しい食生活を過ごすことができれば、ほぼ確実にダイエットを成功させることができます。
 
他のページを見てみると、様々なダイエット方法が紹介されています。
マタニティースイミングをしたり、マタニティーヨガをしたり、ウォーキングをしたり、もちろんそういったことも重要です。
ですが、それすらも食事の概念が完全に無視されていては確実にダイエット効果は出ません。
 
それくらいダイエットをするときは、食事の要素が重要となってくるんです。
 

じゃぁ、食事はどのように見直せば良いの?

食事を見直す時、1番最初に行いたいのが「自分に必要な3大栄養素の摂取量を把握すること」です。
自分にとってどれだけの3大栄養素が毎日必要になって来るのかを把握するためには、「マクロ管理法  計算」と検索してみてください。
そうすると検索結果の1番上に「DIET GENIUS.jp」と言うサイトが出てきますので、そこに入って後は流れの通りに進めていきます。
 
そうすると、あなたに必要な3大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質)の摂取量の目安が反映されます。
 
この3大栄養素の摂取量だけに着目して徹底的な食事の管理を行うのが、いわゆるマクロ管理法と言うダイエット方法です。
これは実際に、体脂肪率1%を目指す筋トレ好きの方が徹底して行うダイエット方法でもあるため、効果はかなり強烈です。
 
しかも、お肉も白飯も食べれちゃいます。
 
この3大栄養素の摂取量に合わせて食事を改善していくことで、ほぼ確実に原料を成功させることができます。
しかし妊娠中の場合は、3大栄養素だけにフォーカスして食事をするのは危険です。
他にもたくさんの栄養素を摂取していく必要がありますね。
ですので、妊娠中ダイエットでマクロ管理法を応用する場合は、3大栄養素の摂取量を厳守することに加えて、同時にその他のビタミンやミネラルなどをバランスよく摂取していくことを心がける必要があります。
 
かなり難易度は高いですが、これを行うことで着実にダイエットを成功させながらも、赤ちゃんに必要な栄養を供給することができます。
今までいろんな方法を試してもダメだった。と言う方こそ実践していただきたいダイエット方法になります。
 

妊娠中のマクロ管理法は和食メニューがオススメ

妊娠中にマクロ管理法を取り入れる場合は、先ほども触れたようにバランス良い栄養補給の概念も同時進行で行わなければいけません。
 
一見これは難しく思いますが、これをシンプルにしてくれるのがヘルシーな和食です。
和食といってもいろいろありますが、今ではクックパッドで「妊娠中 和食」といったような感じで検索すれば、妊婦さんでも安心して食べられてなおかつヘルシーな和食料理がたくさんヒットします。
マクロ管理の概念を取り入れながらも、クックパッドを参考にして和食メニューをうまく取り入れることによって、結果を出しながらも赤ちゃんに必要な栄養をきちんと補給することができるようになります。
私自身も、いろんなダイエット方法を見てきましたが、安全になおかつ結果を出しながら赤ちゃんへの栄養補給もしっかり行えるダイエット方法はこれしかなかったです。
 
巷でよく紹介されている、簡単ダイエットとは少し程遠いかもしれませんが、結果にコミットしたい方には大変お勧めの方法です。
 

妊娠中の太り過ぎを無視すると様々なリスクにつながる

妊娠中の体重の増加が急すぎずに順調で、そもそもお医者さんからダイエットの指示が出ていない場合は、現状維持程度でダイエットを考えれば良いと思います。
しかし、明らかに急激な体重増加がある中で、お医者さんからもはっきりと体重を減らすように言われている場合、これを無視すると非常に危険なリスクにつながります。
 

妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病のリスク

1度は耳にしたことがあると思いますが、体重コントロールが不十分になってしまった結果、こういった症状が出てしまうと、胎児の発育障害、早産などいろんなリスクやトラブルにつながる恐れがあります。
今現在悩んでおられる方に、下手に脅しをかけたいわけでは無いのですが、大事な命がお腹の中に宿っているからこそ、ここで改めてダイエットに対する気持ちを見直してみる必要があるかもしれません。
 

ダイエットは根拠のあるものを長続きさせることが大切

ヘルシーな食べ物

巷ではいろんなダイエット方法が流行していますが、中には「これダイエット効果があるって言えるの?」と言う根拠がとても薄いダイエットすら流行してしまっています。
当然ながらそういったものを継続したところで、たいした効果は得られないですし、それがお金がかかるものであればそのお金すらも無駄になってしまいます。
だからこそしっかりと根拠のあるものを取り入れ、それをきちんと継続していくことが大切です。
ここでご紹介したマクロ管理法と言うダイエット方法は、常に結果にコミットしている筋トレ好きの方も愛用していたり、ダイエット大国であるアメリカでも活用されているダイエット方法です。
面倒くささを感じるかもしれませんが、これは試す価値は十分にあると思いますよ♪