妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠初期や臨月も旅行は大丈夫?妊娠中のお出かけについて

 赤ちゃんが産まれて育児生活が始まると、少しの間なかなか旅行には行けないため、妊娠期間中にどこか旅行へ行こう。検討されている方もいらっしゃるかと思います。

旅行イメージ

しかし、飛行機に乗るような旅行や、海外を検討している場合、妊娠中でも大丈夫なのか?といった部分は気になりますよね。
そこでこのページでは、妊娠期間を通してどのタイミングなら旅行に行っても大丈夫なのか、飛行機は大丈夫なのか、海外に行っても大丈夫か。押さえておきたい注意点は何か。といった、妊娠中の旅行の気になるあれこれをまとめていきたいと思います。
 

妊娠中の旅行はそもそも大丈夫?

妊娠中の旅行を楽しむカップル

妊娠してから旅行に行っても大丈夫なの?といった部分は1番最初に知っておきたいですよね。なお、これについては「妊娠中に旅行しても大丈夫」です。
もちろん無理な計画を立てないことが大切ですが、実際気分転換にもなりますし、妊娠中にたまりにたまったストレスや不安などを解消する場にもなります。
この後お伝えするような注意点をしっかりと押さえておくことで、妊娠中の方でも安心して旅行に行くことができると思いますよ♪

妊娠中はいつからいつまで旅行に行って大丈夫?

妊娠期間は大きく分けて初期、中期、後期の3つに分かれますが、基本的に妊娠初期はまだ体が安定していないため旅行は避けるのが無難だと言われています。
しかし、かかりつけのお医者さんから自宅安静と言われていなければ、絶対にいけないと言うわけではありません。
ただ、実際のところ妊娠初期はちょっとしたことで流産になりやすい時期でもありますので、あくまで無理をせず、ゆったりとした旅行されることをお勧めします。
そして妊娠後期についてですが、この時は赤ちゃんの状態は安定しているかもしれませんが、お腹がとても大きくて動きにくい時期ですよね。
この時に無理をするとお腹が張りやすくなったり、子宮収縮や貧血を起こしやすい時期でもあります。
ですので、決して旅行が悪いというわけではないので、具体的な注意点をピックアップしてまとめてご紹介いたします。
  • 旅行の荷物は大きいものは持たない
  • 旅行先は寒くないところを選ぶ
  • 国内旅行がおすすめ(万が一の時に救急病院を健康保険でまかなえる)
  • 母子手帳は常に携帯しておく
  • できれば車での旅行のほうが良い
  • こまめに休憩を取る
妊娠後期も、妊娠初期のように無理のないゆったりとした旅行がお勧めです。
なお、体が安定している妊娠中期の時期は、比較的動きやすく流産の可能性も低い時期です。
妊娠中の体調にもよりますが、最もおすすめな時期は、妊娠中期の体が安定している時期です。
特に妊娠5ヶ月から7ヶ月の間が最も好ましいと言われています。
しかし、妊娠中は安定期とは言え何が起こるかわかりませんので、万が一に備えて先ほどご紹介したようなポイントを意識して旅行プランを無理のないように立てると良いでしょう。

妊娠中は飛行機に乗っても大丈夫?

旅行の中でも遠くに行く場合は飛行機に乗らなければいけないこともあるでしょう。最近ではLCCの発達のおかげで飛行機移動も非常にお手ごろになりました。
しかし妊娠中の場合、飛行機に乗ることができるのでしょうか?

f:id:nextzone:20170522191105j:plain

結論から言うと、妊娠初期でつわりがひどい方などは、飛行機に乗ってはいけないわけではありませんが、気圧の変化や湿度の変化など、ちょっとしたことでも辛いものになる可能性は十分に考えられます。なので、飛行機に乗る旅行はやはり安定期が好ましいといえます。
また、航空会社によっては妊娠後期の出産間際の方の場合、医師の診断書の提出、もしくは医師の同伴が必要とされる場合があるそうです。臨月やそれに近い場合はそれだけ慎重にならなければいけないという事でもありますので、妊娠後期はできるだけ飛行機に乗らないで済む旅行が良いかもしれませんね。
 

妊娠中の温泉旅行はどう?

温泉旅行は大丈夫?

実は、国の環境省が定めた温泉施設に関する注意書きのところに、妊娠中の温泉への入浴を避けるべき。と記載されています。これは1982年に定められたのですが、最近では医学的根拠がないことがわかり、2014年の段階では、妊娠中に温泉は禁止。と言う考えを見直す方針で進められているそうです。文部科学省も、2014年以降に妊娠中に温泉を避けるべきという勧告を削除しています。
そのため、妊娠中に温泉旅行は不可能では無いのですが、やはり温泉施設の足場と言うのは滑りやすいですし、足元が非常に不安定です。また妊娠中は比較的のぼせやすいこともあります。
特にここまで妊娠中に旅行するなら安定期を選ぶようにとお伝えしてきましたが、妊娠中は30週目をピークに血液量が増えていく状態にあるため『のぼせやすい』と言えます。どうしても温泉旅行に行きたい場合は長湯をしないことを注意してくださいね。
また、旅行先に検討している温泉旅館などが妊娠中でも入って大丈夫かどうかをあらかじめ確認することとともに、その施設が入っても大丈夫だったとしても、転倒や体調の変化等には十分ご注意を!

妊娠中の旅行で注意しておきたいこと

妊娠中も温泉旅行や飛行機での移動が不可能ではないことがわかりました。
しかし、可能であっても気をつけたいポイントに十分注意しておくことが大前提になります。
 
ではどんなポイントに気をつければ良いのでしょうか。
  • ハードスケジュールを避け、疲れないような旅行にする
  • 体を冷やさないように注意重たいものを持たない
  • 限りなく安全な移動手段を選ぶ
  • 母子手帳、健康保険証は必ず持っていく
  • 旅行先の近くの病院の場所を把握しておく
といったポイントです。
これに加えて、旅行先が海外であるならばクレジットカードをもっていくことや、気候に合わせた衣類選びなどが加えて意識したい注意点になります。
 

自然の多いエリアを選ぶと大きな心のケア効果が期待できる

普段コンクリートに囲まれた生活をしている私たち現代人は、多くの方が自然から離れて生活しているかと思います。
たまに川に遊びに行ったり、海や山、森林を散歩したりすると、普段とは違う刺激を受けることができ、何となく気持ちがすっきりしますよね。
実はこれは気のせいではありません。

自然がある風景

自然がもたらす人間のメンタルケア効果には、しっかりと科学的根拠があるんですよ。風が吹いて葉っぱがぶつかり合う音や、川の流れる音、波が崩れる音、自然の匂いや緑を見ることなど、そういった自然の中に身を置くからこそ体感できることには私たちに心の安らぎを与え、普段なかなか行うことができないストレスコントロールをしてくれると言うメリットもあります。
都会を歩きまわることに比べると、利便性にはかけてしまいますが、旅行の中で自然の中に身を置く時間を作ると母体にも赤ちゃんにも良い影響があるでしょう♪
 

妊娠中の旅行はゆとりある計画と備えが重要

妊娠中の旅行は、たとえ安定期だとしても時間や日にちにゆとりを持たせることが大切です。
旅行はたまにしか行けないからこそ、限られた日数で行きたいところややりたいことを詰め込んでしまう気持ちもよくわかりますが、スケジュールの中にきちんとゆとりを作っておくことや、何かをなくしてしまったときのこと、体調急に崩してしまったときのことなどを考えておくことも必要です。
また、旅行はできるだけ荷物が少ないほうが圧倒的に楽ですが、妊娠中の身体の安全の為のものは極端に省いたりせずしっかりと備えておくことも大切です。
 
こういった部分を押さえて旅行すれば、夫婦にとって最高の思い出ができる素敵な旅行となるでしょう♪