妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

自然分娩の予定が・・・緊急事態の帝王切開に!

1歳と5歳の子供がいる30代の専業主婦です。

すでに5年前の話になりますけど、わたしの体験談を話しますね。

妊婦さんセピア色写真

第1子の出産は初めてのことばかりで不安でいっぱいでした。

 

予定日になっても何の兆候もないため

主人とおでかけをし、とにかく歩くことにしました。

 

観光スポットまで行き、2時間近く歩きました。

ウォーキング中の妊婦さん

今思うと、危ないことをしてたな・・って思います。汗

歩いている最中に兆候が来てたらどうなんてたことか・・・

 

出産が未知の世界すぎて、

自分が妊婦である自覚があまりなかったのだと思います。

 

妊婦のときは、妊婦とは思えないほど

アグレッシブに行動をしていました。

 

出産は人それぞれ違うものなので、

そのときになってみないと分からないことばかりです。

 

結局、予定日は何も起こらず、

ご飯とおやつもモリモリと食べて、1日が終わりました。

f:id:nextzone:20161117135017j:plain

次の日、産婦人科の検診があったため行くと

 

「尿淡白と血圧が高くなっている」

 

と言われ、妊娠中毒症との診断が下されました。

 

すでに予定日を迎えている妊婦がここにきて

「ここにきて妊娠中毒症!?」と驚きました。

 

妊娠中、何もなかったためと

自分自身は何も変化はなかったため、

あまり心配はしませんでした。

ちょっとだけ心配している妊婦さん

予定日も過ぎ、妊娠中毒症にもなってしまったため、

すぐに入院し誘発することになりました。

 

入院初日、誘発促進剤を投与しましたが、陣痛は微弱でした。

2日、3日と誘発は続きましたが、陣痛は微弱のまま。

 

陣痛促進剤を投与するときは、

すぐに陣痛がくる人がほとんどなので、陣痛室で行います。

病院のナースステーション前

私は何も起こらないまま、

投与している時間を陣痛室で過ごすため、

3台あるベットは度々妊婦さんが入れ替わります。

 

3日目にもなると、陣痛室で出産する人を何人も送ります。

 

その間「なぜ私は陣痛がこないの?何か悪いことした?」

と初めてここでマタニティブルーになってしまいました。

 

自然分娩の流れを陣痛室で目の当たりにし

何とも言えない気持ちになりました。

 

この日は15:00になっても陣痛はこず

私の血圧は上がるばかりです。

 

「このままいくと妊婦がもたないので、帝王切開に切り替えたほうが良い」

先生の判断

と先生からお話がありました。

 

私自身お腹の赤ちゃんも心配だったため、

帝王切開で出産したほうが良いと思いました。

 

しかし主人の確認が取れないと帝王切開はできないため

代わりに母が主人に電話をすると

緊急連絡スマホ

「帝王切開は嫌です」と言ったそうです。

 

主人の職場から病院まで1時間ほどあるのですが

すっ飛んで病院にきました。

大至急!職場から病院へ向かう車

先生の話を聞いて、帝王切開に難色を示していた主人も納得。

 

帝王切開で出産することになりました。

 

ここからがあっという間で、急遽夕方に手術を行うことになり、

私はされるがままにストレッチャーにのり

手術室に向かっていました。

 

何が起こっているのか分からない状態です。

 

不思議と怖いという気持ちはなく、

「とにかく赤ちゃんに会いたい!」

という思いでいっぱいでした。

まさに今生まれたばかりの赤ちゃん

誘発の3日間の辛さが嘘のように、誕生の瞬間は感動で大号泣でした。

 

こんなに感動したのは産まれて初めてのことでした。

一生忘れられない日となりました。