妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットを安全に行なう方法まとめ

妊娠中は、基本的にはダイエットはNGですが、体重が増えすぎてしまうのは母体にも赤ちゃんにもともに命の危険があるため、適切な体重管理がとても重要になってきます。

f:id:nextzone:20170108200633j:plain


そのため場合によっては、妊娠中でもダイエットを行わなければならない時もあるのですが、妊娠前の時のように、過激な運動をしたり、ダイエット食などでも極端な食事制限での減量は妊娠中には向いていません。


そのためこのページでは、妊娠中にはどのようなダイエット方法がお勧めなのか、などといった、妊娠中とダイエットに関するコンテンツをまとめています。

 

・妊娠中にダイエットってしても良いの?

体重計と妊婦さん

先ほど、妊娠中のダイエットは基本的にはしてはいけないと言う話をしました。

しかし近年の日本では、生まれてくる赤ちゃんの体重が2500g未満の未熟児が増えています。

その原因のほとんどが、妊娠中に行われる過剰なダイエットが原因と言われています。

妊娠中に栄養が不足していると、栄養失調の赤ちゃんが生まれてくる傾向にあるのが最近の研究ではわかっています。


確かに、赤ちゃんをお腹の中で小さく育てて、できるだけ出産を楽にしたい、

妊娠中でもできるだけきれいでいたいからあまり太りたくない。

妊娠中に増えすぎた体重が、出産後にちゃんと落ちてくれるか不安なので、今のうちからダイエットを始めておく。これらの気持ちはよくわかるのですが、これらの気持ちで、実際にはダイエットが必要がないのにもかかわらず、不必要なダイエットを行うと、赤ちゃんに大きな悪影響を及ぼしてしまうので、妊娠中は、赤ちゃんの健康状態を最優先にして体重管理を行う必要があります。


では、妊娠中に不必要なダイエットを行ってしまうと、赤ちゃんに実際にどのような悪影響が及んでしまうのかについて見ていきます。


先ほど、妊娠中の不必要なダイエットが影響し、栄養失調のまま赤ちゃんが生まれてしまうという話をしました。

そういった未熟児として生まれてきた赤ちゃんは、非常に多くの合併症のリスクがあるだけでなく、成長や発達が遅れる可能性が十分にあり得ます。

また未熟児として生まれた赤ちゃんは、体の中の臓器が完璧に発達していないため、免疫力が非常に弱く、たくさんの感染症にかかりやすいなどのデメリットもあります。


それだけでなく、未熟児として生まれた赤ちゃんは、成人した後、糖尿病や高血圧などといった生活習慣病などのリスクも出てきてしまうんです。


生活習慣病の原因は日常的な運動不足や、暴飲暴食、喫煙、肥満などの生活習慣や、入れによるものだと考えられてきました。

しかし、最近の研究結果では、生活習慣病の原因は、胎児期や乳幼児期に栄養が不足している事が大きな原因であることがわかりました。

ママのお腹にいる赤ちゃん


妊娠中に過剰なダイエットを行うと、赤ちゃんは少ない栄養素の中でも生きていけるように、遺伝子を書き換えてしまいます。

確かに少ない栄養価の中でも生きていけるような遺伝子はとても優秀ですが、現代では、そういった状況はほとんどないでしょう。

そのためそういった子供が将来大人になった時に、栄養豊富な食事を日常的に取ることで、通常よりもメタボリックシンドロームなどの生活習慣病にかかるリスクが高くなってしまうんです。


妊娠中の不必要なダイエットには、赤ちゃんに対するこのようなリスクがあることを絶対に忘れてはいけないんですね。


・妊娠中にダイエットを行うときはどんなとき?


では、妊娠中にダイエットをしなければならないときはどんなときか?について説明します。ちなみに妊娠中に痩せすぎると赤ちゃんに対してどのようなデメリットがあるかは先ほどお話しした通りです。

ですが、その反対に妊娠中に太りすぎてしまうとどうなるか、そうなると母親の方が、妊娠糖尿病、妊娠中毒症などといったリスクが高まります。

冒頭でもご紹介した通り、母胎、赤ちゃんともに命に関わる重大な危険であるため、体重が増えすぎてしまった場合は、適切な体重まで戻す必要が出てきます。

その際には病院側からダイエットの指示が出るでしょう。


妊娠中のダイエットは、そのように病院側からダイエットの指示が出た場合のみ行うようにしてください。

 

・妊娠中のダイエットを行う際に気をつけたいこと

 

妊娠中のダイエットで運動を行う際は、安定期に入ってからというのが一つの目安です。

適正体重のキープについては、BMI値をもとに割り出した個人差も考慮した数値をもとにアドバイスされるのが基本的な対応です。

妊娠中の体重管理にアドバイスを出す産婦人科医

ですが、すべての病院がそのように『一定の対応』を必ず行っているわけではなく、中には妊娠中の体重管理にそれほど厳しくない産婦人科医院もあります。

この『対応の差』は何が基準になっているのかというと、妊婦さん自身が体重管理ダイエットに対して感じやすいストレスを軽減したほうが

『安全にお産と生後の赤ちゃんの順調な成長や将来の病気リスクの予防』に効果的という意見もあるからです。

実は、産婦人科医の個別対応の差による妊婦さんが妊娠中に受けるストレスは20年ほど前から社会問題になりつつあり、特に体重管理に厳しくない産婦人科医では妊婦さんに『体重は増えても良いから栄養バランスと便秘予防、水分補給の3点だけ注意して』と指示を出す先生もいるんですよ。

 

もちろん、体重管理を指示された妊婦さん本人の受け取り方次第の部分があるため、こういった対応の差で『どちらが正解とは言い切れない』のですが、妊娠中に適切な体重管理をすることは大切なことでもあります。

ですが、やたら厳しい先生に妊婦健診がくるたびに怒られたり、助産師さんに厳しく体重を指摘され続ければストレスを感じるなというほうが無理な話』ですよね。


また、妊娠中のダイエット方法として運動や食事の管理が進められますが、妊娠前の時のような過激な運動は絶対にNGです。これは流産のリスクがあるのが理由です。

 

・妊娠中のダイエット方法

 

では、実際に妊娠中のダイエットは、どのように行えばよいのかについて見ていきましょう。

まずは毎日同じ時間に体重計に乗って、自分の体重を正しく把握することです。


実際に行う内容としては、運動面では有酸素運動を行います。

食事面では、脂質、糖質、塩分の摂り過ぎを防ぐこととストレスになりにくい範囲での食事量制限です。

例えば、お米を食べる際は、糖質の量が同じでも栄養バランスの良い玄米や雑穀を勧める病院が多いようです。

有酸素運動することで効率よく脂肪を燃焼し、基礎代謝を高めてくれる働きがあります。

これは妊娠中に限らず、出産後のダイエットにも生かせる方法です。

太り過ぎ予防や便秘の改善などにも良い効果がありますよ。

妊娠中のウォーキング有酸素運動


有酸素運動にはいろいろな種類がありますが、

妊娠中のママにとって安全性が高いと言われるのは

 

  • マタニティーウォーキング
  • マタニティースイミング
  • マタニティービクス
  • マタニティーピラティス


1番身近にできる方法はやはりマタニティーウォーキングです。

また気分転換などにスイミングなどの何種類もの有酸素運動を気分に合わせて切り替えながら取り入れるのは


特にスイミングは普段使うことのない筋肉を刺激することができるエクササイズですので、そういった面でも体に良いダイエット方法だと言えるでしょう。


・妊娠中の体重管理ダイエットは食事の栄養管理も大切

 

妊娠中のダイエットは食生活にも計画的に向き合う必要があります。

野菜や果物中心でお肉類やお魚などもバランス良く摂りつつ、

できる限り味付けは塩分控えめの食生活を行っていきます。

理屈としては、意識すれば誰にでもできることですが

  • ストレスによる食べ過ぎ
  • 初期のつわりが終わった後の食欲の急激な増加
  • 食べつわり

このような妊娠中のホルモンバランスの変化から起こる体調の不安定さや

自分が思った通りに動けないことに対する不満。

初産の妊婦さんならお産に対する不安や恐怖もあります。

そういったもろもろがストレスになって食べ過ぎも起こりやすくなります。

 

妊娠中の『つわり』は“吐きつわり”と食べていないと気持ち悪くなる“食べつわり”があり、どちらもホルモンバランスの変化が原因と言われていますが、はっきりとした仕組みまでは分かっていないため、治療法も解明されていません。

それに、妊娠中のホルモンバランスは、そもそも妊娠状態を維持するために胎盤を作って、それまで卵巣から分泌されていた女性ホルモンが胎盤から分泌されることで胎盤剥離などが起こらないようにすることなど妊娠中の母胎と赤ちゃんの命のためでもあります。

そのため仮に、つわりの仕組みや改善が分かったとしても、赤ちゃんと母体の安全を守りながらというのは難しいのではないかと思います。

 


前述のようなつわりもあり、妊娠中はストレスによる食べ過ぎが原因で太りすぎてしまう方が非常に多いんです。

妊娠中は、思うように動けなかったり、気分が悪い日が続くなどしてストレスの原因がたくさんあります。さらにいろいろなことが制限されるため、ストレスの解消方法が食べると言う方法になる方も非常に多いです。


妊娠中のダイエットでは、これが1番大敵だといえます。そのため妊娠中のストレスと上手に向き合うことも妊娠中のダイエット方法だといえます。


ストレス解消方法は人によって様々ですが、その中でもオススメなのは散歩をする、親しい人と会って話す、無理なく行える趣味をやる。これらが効果的です。

好きなことをしたり、外の空気をすったり、仲の良い人と会って話すと言う事は、心を平和にしてくれる効果が認められています。


そういったことを積み重ねることで、ストレスの矛先を『食べる』という行動に向ける必要がなくなってきます。

ダイエットを行うには、太ってしまう原因をしてあげることが先決ですので、こういった方法もぜひ実践してみてください。

 

・まとめ

体重管理のアドバイザー

このページでは妊娠中とダイエットに関する記事をまとめました。
また妊娠中のダイエット方法についてですが、基本的には毎日の適度な運動、日々の食生活の見直しがポイントになってきますが、その前に太ってしまう原因をつぶしてあげる事を忘れずに行ってください♪


きっと効率の良いダイエットにつながっていくはずですよ。