妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

水泳は妊娠中ダイエットにおすすめ!期間と健康効果と注意点

マタニティスイミング

妊娠中ダイエットに水泳を行うと言う事は、ダイエット面で見ても健康面で見てもメリットがたくさんあることをご存知ですか?

実際に、水泳をすること自体が普段使わない筋肉をふんだんに動かすことができるため、たくさんのエネルギーを消費することにもつながりますし、陸でのトレーニングで鍛えられない部分の筋肉を鍛えてあげることもできます。
体を鍛える事は、お産に有利な体作りをすることにもなりますので、水泳はそういった面でもぜひ行いたい運動の1つです。

ただ、現在妊娠中ともなれば、どのように泳いだら良いのか、どんな点に注意すべきなのか、期間はいつからいつまでやって大丈夫なのか、といったような様々な悩みが出てくるかと思います。

 

ここでは、妊娠中ダイエットに水泳を行うことの効果やメリット以外にも、そういった部分についてもまとめて皆さんにシェアしていきたいと思います。

 

妊娠中ダイエットに行いたい「マタニティスイミング」とは 

一般的に、妊婦さんが行う水泳をマタニティスイミングと呼びます。
妊娠中に行いたい運動はいくつかありますが、このマタニティスイミングもその運動の1つです。
妊娠中に水泳をするのはよくないのでは?と心配される方もいらっしゃるかと思いますが、専用の施設も存在し、インストラクターや助産師さんがついているジムなどもあるんです。

万全の態勢が整っている場所で行えば、基本的にどなたでも安心してマタニティスイミングを行うことができます。

 

マタニティスイミングではどんなことをするの?

妊娠中でも水泳ができるとは言え、本当に簡単なことくらいしかできないのでは?と思ってしまうところですが、クロール、背泳ぎ、バタフライなどの、通常の水泳と同じような泳ぎをすることもできます。

私の知り合いにもマタニティスイミングで妊娠中ダイエットを行っていた人がいたのですが、今まで背泳ぎができなかった彼女は、マタニティスイミングをしている最中に背泳ぎができるようになった。と言っていました。

このように、本格的に泳ぐことが出来るのも泳ぐことが好きな方にとってはとても魅力ですね。

また、そうでない方でも、音楽を聴きながらプールの中で体を動かす水中エクササイズやウォーキングをしたり、水に浸りながら呼吸方法を練習するヨガのようなプログラムまであります。

泳ぎが好きな方から、泳ぎが苦手な方まで楽しめるのがマタニティスイミングの良いところだと思います。

 

マタニティスイミングを行うとどんな効果が期待できる?

海もしくはプールで遊んでいた時に、家に帰った後に普段感じないような激しい疲労感を感じた経験はありませんか?

水中で体を動かすと言う事は、その時は夢中になっていて気づかないかもしれませんが、実は体がその時感じている以上にいい運動になっています。

そのため、直接的なダイエット効果にもつながりますし、先ほどもお伝えしたように普段なかなか鍛えられないような筋肉を鍛えることもできるため、代謝アップにつながり、ダイエットしにくい体作りをサポートすることもできます。

このようなダイエット効果が期待できるだけでなく、血流の改善によって妊娠中によくある肩こりや腰痛、体のむくみなどの不快な症状を改善、予防することにもつながります。

さらに、水中で体を動かすことでストレスを発散することができたり、施設に助産師さんがついているところであれば、マタニティスイミングを行った際、助産師さんにその時感じている不安や悩みを気軽に相談できるきっかけになるのも魅力かなと感じます。

 

なお私の友人は、上記のようなメリットの他にも、ママ友ができて、新しいコミュニティーができたのがすごく楽しかったと言っていました。

同じ時期に妊婦としての楽しみや不安などの様々な感情をシェアできる仲間が作れるのは、確かに大きな魅力の1つかもしれませんね。

 

妊娠中の水泳はいつからいつまで大丈夫なの?

今このページをご覧の方の中には、すぐにでもマタニティスイミングを始めたい。とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、妊娠中の水泳が行えるのは、一般的には16週目を超えてからが条件になる場合がほとんどです。
つまり、母体が安定期に入って落ち着いてからと言う事ですね。

なお、期間的には大丈夫だったとしても、その時の体の状態によっては避けるべきだと言う場合も出てきますので、マタニティスイミングを始める前に必ず担当のお医者さんに相談してからにしてくださいね!

ちなみに、マタニティスイミングは基本的に「いつまで」と言う上限はなく、出産直前まで継続することが可能です。
実際に出産直前までマタニティスイミングを行い、健康と体重を管理されている方もたくさんいらっしゃいます。

ですが、体が安定していることが大前提ですので、絶対に無理はしないように心がけたいところです。

 

妊娠中の水泳で注意したいこと

妊娠中に水泳をすること自体は可能ですが、先ほども触れたように担当の先生の許可を受けてから行うようにしましょう。

例えば、切迫早産などの危険が考えられる状態などでマタニティスイミングを行ってしまうと、そこから悪影響に発展する恐れなどもありますので、ここは絶対に押さえておきたいポイントです。

 

また、どこの施設に通うか。ここも重要なポイントです。最近ではインストラクターの方だけでなく助産師さんや看護師さんがついている施設も増えてきていますが、中にはそうでないところもあるようです。

もしもの時を考えると、インストラクターの方以外にも専門知識を持った助産師さんや看護師さんがついているところの方が、気持ち的にも安心ですよね。

 

あと、妊娠中は体が冷えると母体だけでなく胎児も危険にさらされてしまう恐れがありますので、体の冷えにつながらない水温になっているかどうかをチェックしておくことも大切です。

 

マタニティスイミングはどこでできるの?

ここまでの流れで、マタニティスイミングが行える施設があると言う話が出てきましたが、具体的にどんなところでマタニティスイミングができるようになっているのかについてみていきたいと思います。

マタニティスイミングは、トレーニングジムやスイミングスクールで基本的に行われています。
数年前までは数が少なかったものの、最近では需要の増加とともにマタニティスイミングを実施する施設が増えてきているようです。
なお、基本的には都心部などで広がっているマタニティスイミングですが、ご自身が住んでいる付近ではどこでマタニティスイミングが行われているかについては、保健所や産婦人科で確認することもできます。

調べてもよくわからないと言う方は、次回足を運んだ際に、どこでできるのか聞いてみるのもいいですね。

 

マタニティスイミングで健康的な体を手に入れよう

マタニティスイミングでクロール

数多くある運動の中でも、「水泳」は、陸ではなく水中で行うスポーツですので、陸の運動では得られない効果やメリットを得られるのが魅力です。

マタニティスイミングとして、本格的に妊婦さんに適した水泳を行うことで、効果的なダイエットにもつながりますし、安産の確率を上げることにもつながりますので、今現在検討中の方は、ぜひ始めてみると良いかもしれません。