妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットがうまくいかなかった原因と、結果を出すための重要なポイント

肥満妊婦さん

妊娠中に体重増加しすぎると、医師からダイエットをするように指示されるかと思います。
その際にどのようなダイエットをしたら良いのか、アドバイスを受けるかと思いますが、それでもなかなかうまくいかない方が多いのが実際のところです。
なかなか結果が出ないと、モチベーションも下がってしまいますよね。
しかし、今回ばかりは胎児の健康や命が関わっていますから、下手に妥協することもできませんね。
 
そこでこのページでは、妊娠中ダイエットで着実に結果を出していくための重要なポイントをご紹介していきたいと思います。
これを実践することで、多くのママさんが結果を出して、健康な赤ちゃんを無事出産されています。
 

妊娠中に体重増加しすぎた場合、なぜダイエットをしなければいけないのか

妊娠中は、お腹に宿った小さな胎児がだんだんと成長してくるとともに、お腹も大きく重たくなってきますよね。
そのため、ある程度の体重増加はあります。
しかし、それに+ αされるかのように、脂肪や水分で余分に太りすぎてしまうのはあまり良いことではないんです。
何故かと言うと、そういった状況は妊娠高血圧症候群や、妊娠糖尿病などのリスクにつながるからです。
こういった症状が出ると、胎児の健やかな発育に障害が出てしまったり、命に関わる事態に発展することもあります。
なので、ある程度体重増加しすぎてしまった場合は、正しいダイエット方法で体重コントロールをしていく必要があるんです。
 

頑張ってるのに痩せない!妊娠中ダイエットを失敗しがちな方の特徴

おそらく、このページをご覧の方の多くは、妊娠中に体重増加しすぎてしまい、ダイエットをしなければいけない状況になってしまった方ではないかと思います。
また、すでにダイエット中だけれど、なかなか結果が出ずに悩んでいる。という方もいらっしゃるかも知れませんね。
実は、めちゃくちゃダイエット頑張ってるのになかなか痩せない人には、共通点があります。
 
それは、食事の見直しが不完全であることです。
 

食事の見直しが不完全ってどういう意味?

まず食事の見直しが重要である理由について簡単にお話しします。
私たちは、体に脂肪がついて太ってしまうときは、必ず食事が原因です。
少しイメージしていただきたいのですが、たとえ1日中テレビの前でごろごろとしていても、ずっとベッドで映画やドラマを見ていても、食べ物を一切口にしなければ太らないですよね。
むしろ、体重は減っていきます。
 
逆に、毎日ウォーキングをしているのに、毎週ジムに通っているのに、それでも痩せなかった経験ありませんか?
それは、自分自身が必要以上に食べ物を食べてしまっているからです。
 
不思議ですよね、めちゃくちゃ運動を頑張るよりも、何も食べないでごろごろしている方が痩せるんですから。
 
ここで本題に戻しますが、要はどれだけ運動がんばっていようが、食事の要素がずれていたらダイエットはうまくいかないと言うことです。
かといって、妊娠中に何も食べずに部屋でごろごろしているわけにはいきません。
赤ちゃんの為にも、適度に栄養補給しながらも、必要最低限のカロリー摂取をしていくことが大切です。
 
このポイントがしっかりとできていれば、赤ちゃんが栄養失調になることもないですし、ママがぶくぶくと太っていくこともありません。
だからこそ食事の見直しは重要であり、ここが不完全だとどれだけ頑張ってもダイエットは失敗してしまうんです。
 

食事の見直しはどうすればいいの?

妊娠中は摂取しておきたい栄養がたくさんありますし、ある程度カロリーも摂取していかなければいけませんから、食事の見直しはちょっと難しそうに思いますよね。
 
ですが、一見複雑そうに見える妊娠中の食事の見直しも、ある手段をフル活用することで簡単にクリアできちゃうんです♪
その手段というのが、和食です。
日本で古くから伝えられている和食と言うのは、私たち人間の摂取したい栄養がバランスよく摂取できるようになっています。
なので、昔の方は葉酸不足や鉄分不足などになる事はほとんどなかったそうです。
そして、下手にダイエットを催促されるようなこともなかったそうです。
 
つまり、昔の人のように和食中心の食生活を過ごすことができれば、赤ちゃんのための栄養補給もバッチリで、必要以上にカロリーを摂取しない生活が送れるかもしれないんです。
 

和食を作ったことがなくても大丈夫

和食がなんとなくすごいんだろうな。と言うのはお分かりいただけたかと思いますが、和食と聞くと作るのがすごく難しいイメージがありませんか?
 
私もそうでしたが、安心してください。
今ではクックパッドで「妊娠中 和食」と検索すれば、ヘルシーで健康的な妊婦さん向けの和食料理がたくさん出てきます。
これを見て一つ一つ覚えていけば大丈夫です。
なお、今ここで覚えた和食料理の知識は、出産後の授乳期間も当然役に立ちますし、将来的には、自分やパートナーの健康管理にも役に立ちます。
そういったこともあり、妊娠期間に和食をマスターしようとするママさんもたくさんいらっしゃるんですよ♪
 

必要以上に食べすぎないことも大切

ヘルシーな和食料理を習慣づけることができれば、おそらくすぐに結果が出始めるかと思います。
しかし、毎日和食を食べているのになかなか痩せない。という方が稀にいらっしゃいます。
そういった方に共通しているのは、必要以上に食べている可能性です。
ヘルシーな和食とは言っても、いくらかカロリーはあります。
ですから、欲するがままに腹いっぱい食べるようでしたら、痩せるものも痩せないのは想像がつくかと思います。
ポイントは、ヘルシーな和食をほどほどに食べることです。
お腹いっぱいがあなたの栄養摂取の目安ではありません。
痩せずに太る流れができていると言う事は、間違いなく食べ過ぎちゃってることが考えられますので、様子を見て体重に変化がないようだったら、食べる量も見直してみると良いでしょう。
 

運動はしなくていいの?

正直言うと、食事の要素がしっかりとできていれば、無理に運動をしなくても着実に痩せていきます。
それぐらい食事の見直しはインパクトが強いです。
ですが、妊娠中に運動不足になってしまうと、体内の血液中のコレステロール濃度をコントロールしている酵素の働きが低下し、血液中の中性脂肪を筋肉や脂肪の中に取り込みやすくなってしまいます。
 
つまり、痩せにくく太りやすい体質になってしまうため、ダイエットを妨げることになってしまいます。
逆に、運動を習慣づけることができれば、そういったことを避けることができる上に、体内の基礎代謝が向上していきますので、エネルギーを消費しやすい体になっていきます。
特にウォーキングがオススメです。
ウォーキングを習慣付けたい上で食事の要素を徹底的に見直すことができれば、理論上は結果が出ないなんて事はほぼないと言っても過言ではないでしょう。
 

意外と知らない“中性脂肪”の基本情報

中性脂肪というのは、我々人間が身体を動かすときのエネルギー源になるものです。
トリグリセリドとも呼ばれており、健康診断の結果の紙には、「TG」と表記されます。

また、中性脂肪というのは元々は食べ物から摂取した脂質で、エネルギーにならなかった脂質が中性脂肪として内臓周辺に蓄えられてしまいます。
本来人間の活動に必要な物ではありますが、現代では脂質の過剰摂取になってしまう方がほとんどです。

 

ダイエット中でも葉酸で栄養素はしっかり摂取しよう


妊娠中の過激なダイエットは母子ともに危険ですし、おすすめできません。
しかし、太り過ぎもよくありませんよね。
そんな時は適度なダイエットが必要になってきます。
しかし、妊娠中に必要な栄養素を考えながら料理をしたりするのは体調が悪いときなど、大変ですよね。
そこで、葉酸サプリで妊娠中に必要な栄養素を手軽に摂取してしまうことをおすすめします。
葉酸サプリであれば1日に決められた摂取量を飲むだけなので、手間もかからずいいですよ。

 

妊娠中ダイエットは正しく継続することが結果を出すための近道

臨月の妊婦さん

ここでは、妊娠中ダイエットをがんばっているにもかかわらず、なかなか痩せない方に考えられる原因や、それを踏まえた上でどのように体重コントロールをしていくのが良いのか。といった点について見ていきましたね。
もちろん妊娠中ダイエットに効果的な手段でもあるのですが、子供を出産した後の体型戻しにも使える方法ですので、ぜひ妊娠期間にマスターしちゃってくださいね♪