妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中期から尿漏れが始まり尿取りパッドが欠かせなくなった体験

妊娠中に尿漏れがひどくなってしまった話です。泣

産婦人科の先生によると、珍しい話ではないらしいです。

 

ですけど・・・そうはいっても

自分がその立場になってみると恥ずかしいものです。

妊娠中の尿もれに悩まされる妊婦

わたしが尿もれに悩まされ始めたのは

妊娠中期にさしかかったころからでした。

 

今まで尿漏れ経験がなかっただけに、

自分の意思と関係なく勝手に尿が漏れてくるのは

すごくストレスな事でした。

 

最初に尿漏れに気付いたのは、

おしっこが膀胱にある程度たまっている状態の時に

くしゃみをしたり咳をしたりすると、

ちょろっと漏れてしまうというものでした。

尿漏れが起こった瞬間の驚き

膀胱が空っぽの時には尿漏れは起こりませんが、

少しだけたまっているだけでも

腹圧がかかるような事をするとてきめんに漏れてしまうのです。

 

この時、全く自分ではコントロールできないのが

すごく腹立たしいですね。

 

さらに妊娠後期に近づいてくると、

テレビでお笑い番組を観ながら大笑いしたりしただけでも、

ちょろちょろっと尿漏れが起こるようになりました。

 

その時の印象としては、

とにかく尿道の括約筋が思いっきり

ユルユルになってしまったという感覚でした。

 

ネットで妊娠中の尿漏れについて調べてみたら

ほとんどの女性が妊娠中の経験する事なのだとわかり少し安心しました。

しかし現実問題、外出時に尿漏れしてしまったら本当に最悪です。

 

そこでドラッグストアに行って

尿漏れパッドなるものを購入してみる事にしたのです。

ドラッグストアで尿漏れパッドを探すわたし

売り場に行ってどの尿漏れパッドにするか決めかねていたのですが、

さすがに尿漏れパッドを買うのは勇気が必要でした。

 

まだ20代の後半ですから、いくら妊娠しているからといって

尿漏れがあるというのはやっぱり自尊心が傷つきました。

 

なんとか薄めで目立たなさそうな尿漏れパッドを買って、

それを外出中だけは身につけるようにしていました。

 

尿漏れパッドは

生理ナプキンをさらに厚く大型にした感じのものでしたが

普段からナプキンを使い慣れているので

それほど違和感はないのは助かりました。

生理用品とほぼ同じ厚みの尿漏れパッド

それに、この尿漏れパッドさえつけていれば

外出も気兼ねなくできるので

頼りになる存在だと感じるようになりました。

 

初めて尿漏れに気付いた時のショック状態からしたら、

ずいぶん私も成長したものだと思いました。

 

やがて妊娠後期になると尿漏れはさらに酷くなり、

くしゃみをしたらそのまま太ももを伝って

尿がツーっと流れてしまう事もでてきました。

尿漏れパッドは外出中だけの利用でしたが、

この尿漏れ悪化を機に自宅にいる時も

一日中パッドにお世話になる事になりました。

 

尿漏れパッドのお世話になるのがショックだけど・・・

出産するまでの数ヶ月、

なんとか尿漏れをパッドで対応してやり過ごすことができましたが、

これは単なる序章に過ぎなかったのです。

 

実は出産後はさらに尿道の括約筋が緩んでしまったようで

尿漏れが慢性化してしまいました。

 

尿漏れとの長い戦いになりました。

産後すでに1年以上経った今でも尿漏れと戦っています。