妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中の便秘には注意が必要です

私が長男を妊娠していた時のエピソードです。

妊娠中のエピソード

妊娠6ヶ月の時に激しい腹痛に襲われ、

救急車で運ばれたことがあります。

 

その日はちょうど実家に帰っていたのですが、

夕方頃から急にお腹が痛くなり始め、

どうしたら良いか分からず、痛みに堪えるのに必死でした。

 

そこへ母が仕事から帰宅し、

横になって唸っている私を見て大慌て。

 

すぐに母が119で救急相談センターへ電話をしてくれ、

母から状況を伝えてもらい、

少し痛みが弱まったところで私が直接電話に出ました。

携帯で緊急電話

妊娠6ヶ月であることや痛みがいつから始まったのか、

どのような痛みなのかを伝えました。

 

妊娠中ということもあり、

大事をとって救急相談センターから救急車の手配をしてもらいました。

 

妊婦健診にかかっている病院が救急を受け入れていたので、

そこへ搬送されることになりました。

緊急搬送する救急車

その頃には痛みが少し引いていたので、

救急士さんが病院へ受け入れ要請の連絡をしている間、

よくニュースにあるようなたらい回しになったらどうしよう・・・

などと考えたりして、意外と冷静でした。

 

病院に着くと早速赤ちゃんの心音を確認したり、

お腹の張り具合を診てもらい

赤ちゃんには異常が無いことを確認。

心電図で正常を確認

それでも、まるで陣痛のように痛みの波がやってくるので、

助産師さんに本当に陣痛が始まってしまうのではないかと

心配されたくらいです。

 

状況から診て腸閉塞を起こしかかっているのだろうと診断され、

浣腸をして整腸剤を飲み痛みは治まりました。

 

大事をとって1日入院し経過をみることになったのですが、

緊急入院だったため一般室が空いておらず、

特別室に入院することになりました。

 

入ってみるとまるで一流ホテルのお部屋のようで、

とても病院とは思えないラグジュアリー感♪

 

お部屋にはもちろんトイレもお風呂も付いていて、

アメニティもロクシタンの物が取り揃えてあり、

付き添い用にソファーベッドまで置いてあります。

 

ミネラルウォーターはもちろん、

お茶やコーヒーまで置いてあって至れり尽くせり。

 

なんだか旅行気分になってウキウキしたのも束の間、

差額ベッド代を聞いてビックリ。

 

1泊4万7千円だと言われたのです。

入院代一泊の料金に驚くわたし

入院せずに帰りますと言いたかったのですが、

赤ちゃんのことが心配で医師の言う通り入院することにしました。

 

翌朝まで何事もなく、

無事に1泊だけで退院できることになりました。

 

再発防止のためにマグラックスというお薬を処方してもらい、

以降出産するまで毎日飲み続けていました。

 

実は2人目を妊娠中にも、同じような腹痛を経験しました。

 

過去の出来事をすっかり忘れて

何もケアしていなかったことを後悔し、

すぐに病院でマグラックスをもらってケアしました。

 

お薬で妊娠中の便秘予防

もともと便秘体質ではないので

全くケアしていなかったのですが、

妊娠すると便通が悪くなるので注意が必要です。

 

少しでも便通が悪いと思ったら、

私のようにならないためにも病院で相談することをお勧めします。