妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中ダイエットにヨーグルトが良い理由と適切な摂取量

ヨーグルトは、便秘解消や腸内環境をキレイにしたり免疫力をあげたりすることができる食材というイメージがありますよね。

f:id:nextzone:20170409003341j:plain

健康的に過ごすためにも毎日食べたいものでもあります。
今回は、そんなヨーグルトが妊娠中のダイエットにどのような効果があるのか、1日当たりの食べる量や食べ方の注意点など
妊娠中ダイエットにおいてのヨーグルトについて詳しく見て行きたいと思います。
 

妊娠中ダイエットは、以前に比べて圧倒的にやり方が限られてしまうため、妊娠中でもできるダイエット方法として何が安全なのかを見極めることが必要になります。

ですが、ヨーグルトはそんな中でも妊娠中におすすめな安全性も兼ね備えています。


ヨーグルトが持つダイエット効果

ヨーグルトには妊娠中にこそ摂取したいタンパク質やカルシウム、様々なビタミン類などがたくさん含まれています。

f:id:nextzone:20170409011643j:plain

また、ヨーグルトは『プロバイオティクス』という機能性ジャンルの食品であることはご存じの方も多いのではないかと思います。

プロバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌など体内に入ってから腸内細菌として働いてくれる有益な微生物がたくさん含まれています。

これらが腸内環境を整えることで食事の消化吸収効率が高まって、老廃物もきちんと排出できる腸内環境が整っていき『食べたものから栄養を取り出して不要なものはスムーズに排出する』ということができるようになります。

結果として、健康的な痩せ方ができるようになるのが『ヨーグルトがもつダイエット効果』なんですね。

脂肪排出の促進効果

ヨーグルトには沢山のカルシウムが含まれています。

このカルシウムは、主に骨を強くする効果が有名ですが、カルシウムの摂取量が多い方ほど脂肪の排出効果が高いということが最新の研究結果で出ています。

つまり、脂肪が蓄積されにくい体作りをサポートしてくれるわけです。

なので、産道に余分な脂肪が蓄積することを防ぎ、安産につながるとも言えます。

 

乳酸菌による整腸作用

 

ヨーグルトには沢山の乳酸菌が含まれており、乳酸菌はいわゆる善玉菌の働きをします。なので乳酸菌がたくさんある状態だと腸内環境が整い、妊娠中になりやすい便秘を改善する効果が期待できます。

腸内環境が整って便秘が改善されると、体内のデトックスが進みエネルギーを消費しやすい体作りができると言われています。

なので、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れた際に脂肪燃焼効果が高くなることが期待できます。

 

自律神経が整い太りにくくなる

 

腸内環境が整ってくると、自律神経も次第に安定してくると言われています。

自律神経が乱れた状態は簡単に言うと体が太りやすい状態だと言われています。

不規則な生活習慣によって自律神経が乱れると太りやすくなると言うのはこういった内容に関係しています。

また、自律神経がととのうと、太りやすい状態から太りにくい状態にシフトされるため、ダイエットをサポートしてくれる効果が期待できます。

ヨーグルトは太りやすい食べ物と言われていましたが、適度に摂取することでこのようなダイエットサポート効果が期待できるんですね。

 

妊娠中のヨーグルトの摂取量

 

妊娠中にヨーグルトを食べること自体は特に問題は無いのですが、1日の摂取量は200グラムから300グラム程度に留めておきたいところです。

ヨーグルトの食べ過ぎは太ってしまう可能性もあるからです。

特に妊娠初期の場合は、冷えたヨーグルトを食べてしまうとつわりの状況がひどくなったり、便秘が悪化したりなど体調に影響が出る可能性がありますので、摂取量に注意してゆっくり食べることが大切ですよ。

 

ハチミツをかけるとさらに効果的

 

蜂蜜は、プレバイオティクス食品と言われており、簡単に言うと含まれているオリゴ糖が乳酸菌などの善玉菌のエネルギー源になってくれるんです。

f:id:nextzone:20170409012528j:plain

つまり、善玉菌の宝庫であるヨーグルトにハチミツをかけてオリゴ糖を混ぜて一緒に食べることで、より腸内環境整える効果が高まると考えられます。

また蜂蜜をかけて食べることでヨーグルト特有の酸味などが薄まるため、酸味が苦手な方にとってもハチミツをかけて食べるのはおいしく食べる方法のひとつです。

 

ヨーグルトが生まれてくる赤ちゃんのアトピーを予防

免疫力向上のためにヨーグルトを食べているという方も多いのではないでしょうか。

その効果は妊娠中の場合は赤ちゃんにも良い影響を与えます。

f:id:nextzone:20170409013457j:plain

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内細菌として働いてくれるため身体の中で免疫細胞の7割を作り出している腸内細菌を育てることは免疫力の向上につながります。

近年の研究では、妊娠中の腸内環境の状態が生まれてくる赤ちゃんのアレルギー体質に大きな影響を与えるといわれています。

なお、近年日本人の食生活は昔に比べると大幅に乱れている傾向にあると言われており、それに伴って腸内環境が悪い状態の方が圧倒的に増えてきていると言われています。

それに関連しているせいか、生まれてくる赤ちゃんの5人に1人がアトピー性皮膚炎になっていると言われており、近年小さな子供の花粉症などのアレルギー症状の発症率も高まっていると言われています。

妊娠中ダイエットでヨーグルトを適度に摂取する習慣と言うのは、先ほどもお伝えしたように腸内環境を改善するのに非常に有効です。こういったことが生まれてくる赤ちゃんのアレルギー予防につながるとなれば、ダイエットの為だけでなく、赤ちゃんの為にもヨーグルトを継続して摂取したいところですね。

 

妊娠中ダイエットにおけるヨーグルトの効果のまとめ

 

ヨーグルトダイエットは、無数にあるダイエットと比べると、ずば抜けてダイエット効果が高いダイエット方法ではないかもしれませんが、妊娠中のママさんにとって適度に摂取することでダイエット以上に嬉しいメリットがあることがわかりました。

幸いなことに、ヨーグルトはスーパーマーケットにもコンビニにもありますし非常に手ごろな価格で購入できる身近な食品でもあります。

食材を買い出しに行く際は、ヨーグルトが母体と胎児にもたらしてくれるメリットを思い出し、ヨーグルトコーナーに足を運んでみてはいかがでしょうか♪