妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

赤ちゃんを男の子と女の子で産み分ける方法

赤ちゃんは元気で健康な子が生まれてくるのが何より大切ですが、中には「できれば女の子が欲しいな」「もし男の子だったらこんな子に育てたいな」といったように、個人もしくは夫婦間で何かしら希望があるかと思います。

赤ちゃんの性別って産み分けできる?
なお、現在の技術では、100%確実に男女の産み分けをする方法は確立されていないのですが、ある方法を実践すると70%から80%ほどの高い確率で赤ちゃんの性別を見分けることができるんですよ。
このページでは、ナチュラルに男の子と女の子を産み分けるためのコツをお伝えしていきたいと思います。
男女の産み分けを希望されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

赤ちゃんの産み分けについては迷信がたくさん

そもそも産み分けと言うのは、夫婦が希望する性別が実現するように妊娠前にあるポイントを押さえて行動することです。
しかし、こういった産み分けについては、パートナーを愛する気持ちが強い方と別の性別の子が生まれる。とか、毎日あるものを飲むと性別が男になる。とか、根拠のない迷信もたくさんあります。
ですが、このページでご紹介する産み分けのポイントは、人体の神秘に基づいた根拠のあるものとなっています。
その基本を抑えるためにも、赤ちゃんの性別が決まる時は、一体何がどうなるから性別が決まるのか。といった部分を簡単にご紹介したいと思います。

赤ちゃんの性別の決まり方の基本をおさらい

赤ちゃんは、お父さんの精子とお母さんの卵子が合わせることによって授かります。
なお、お父さんの持つ精子には、X染色体とY染色体と言う細胞があります。ちなみにお母さんが持つ卵子はX染色体だけになっています。
そして、X染色体の精子が卵子と結合すると女の子が生まれて、Y染色体の精子と結合すると男の子が生まれます。
この精子の染色体のXとYが、赤ちゃんの産み分けで重要なポイントとなります。

 

X染色体とY染色体の特徴

先程の段落で、精子と卵子が結合する際、結合した精子がXなのかYなのかが産み分けにおいて重要になる。と言う話がありましたね。なお、X染色体とY染色体には、それぞれ異なる特徴があるんです。

 

女の子が生まれるX染色体の精子の特徴

  • 酸性に強くてアルカリ性に弱い
  • 寿命は2日から3日
  • Y染色体よりも数が圧倒的に少ない
  • Y染色体に比べて動きが遅い

Xの精子はこのような特徴を持ちます。

 

男の子が生まれるY染色体の精子の特徴

  • アルカリ性に強くて酸性に弱い
  • 寿命はたったの1日
  • X染色体の2倍の数を誇る
  • X染色体に比べて動きが断然早い

このような特徴を持ちます。

 

赤ちゃんの産み分けに排卵日が重要!

赤ちゃんの産み分けにはいくつかのコツがあるのですが、排卵日はとても重要な要素の1つなのです。なぜならば、女性の膣内と言うのは基本的に酸性の状態です。

しかし、排卵日の時は酸性の度合いが最も弱いタイミングだと言われています。
つまり、酸性に弱いY染色体(男の子が生まれる精子)が最も活発に動きやすいタイミングとなるのです。
なので、排卵日に近ければ近いほど男の子が生まれやすく、排卵日より少し日を空けて性行為をすると、女の子が生まれるX染色体が生き残りやすくなる。と言うことになります。

これはX染色体とY染色体の特徴に基づいたものですので、そういった意味でも産み分けを希望するならパートナーの女性の排卵日を把握しておくことが大切なんですね。

排卵日を把握するには

排卵日を把握するためには、基礎体温をしっかりとつけることが大切です。

基礎体温を記録しましょう

今現在、妊活中でべビちゃん待ちという方は「基礎体温の測り方」はご存じとは思いますが、一応おさらいしておきたいと思います。

測るタイミングは朝目覚めた時にまだ完全に身体が目覚めてない(体温が上がっていない)タイミングで測ります。また朝起きたらまずは「うがいをする」のが普通ですが、うがいをする前に測りましょう。

ちなみに起きてから時間が経ってしまうと体温が上がってしまうため正確に把握することができません。

そして基礎体温を測る場所は「口の中」なのですが、舌の下に中心にある「すじの部分」に体温計の先端を当てるようにして測ります。舌の上では正確な基礎体温にはならないので注意しましょう。

これは、ずっと測りつづけないと平均データが出せないので、最低でも3ヵ月は続けましょう。

もし、基礎体温を記録し続けるのが面倒という方は、

簡単で確実な方法なのが排卵検査薬を使う方法です。

この検査薬を使って陽性反応が出た日の、1日後から2日後あたりが排卵日となります。基礎体温表をつけるのがめんどうという方は、こういったものを使うのも1つの手です。ただしコストがかかるのがデメリットです。

amazonや楽天市場などでも妊娠検査薬の「ドゥーテスト」が販売されていますが、排卵検査薬のほうは「ドゥーテストLH」という名前で販売されています。

f:id:nextzone:20170606204844j:plain

ちなみに「LH」とは「黄体ホルモン」のことで、この陽性反応がでてから36時間前後で排卵が起こるとされています。

男の子と女の子の産み分けの具体的な方法

それでは、これから男の子と女の子それぞれの具体的な産み分けの方法を見ていきたいと思います。
まず最初に、男の子の赤ちゃんを産み分ける方法から見ていきます。

男の子の赤ちゃんを産み分ける方法

それでは、男の子の赤ちゃんを産み分けるための6つの方法を見ていきましょう!

排卵日の直前にセックスをする

これは先ほどまでにお伝えしたように、男の子が生まれるY染色体の精子が持つ、「酸性に弱くアルカリ性に強い特徴」を生かした方法です

女性が快感を得られるセックスを目指す

女性の体は性的に刺激を受けてオーガズムを感じると、アルカリ性の液体がたくさん分泌されます。そうすると男の子が生まれるY染色体が苦手とする酸性が中和されて弱くなります。なので女性が快感を感じることができるセックスを目指すと男の子が生まれやすくなるんです。

フィニッシュの時に膣内のできるだけ深い部分に男性器を入れる

これは、「膣内の酸性にできるだけ触れないようにする」と言う意味合いがあります。
膣内は酸性なのですが、子宮内はアルカリ性になっています。フィニッシュの時にできるだけ深い部分に男性器を入れることによって、精子が目指す子宮内に到達するまでの膣内の移動距離を、できるだけ短くすることができます。

5日間程度禁欲して精子の量を増やす

数日間禁欲すると精子の量が増えます。男の子が生まれるY染色体はもともと割合が多いので、数日間禁欲して精子の量を増やしてからセックスに臨むとそれだけ男の子の確率が高まります。しかし、極端に禁欲期間が長いと精子の受精能力が低下します。なので長くても5日程度が好ましいです。

男の子用のゼリーを活用

女性の中には、オーガズムを感じにくくアルカリ性の液体があまり分泌されない方もいらっしゃいます。そうなると膣内の状態が強い酸性の状態になりやすいため、男の子が生まれるY染色体にとっては厳しい環境となります。そこでアルカリ性のゼリーを注入すると言う方法もあるんですよ。

リン酸カルシウムを活用

一般的にリンカルと言われていますが、これは先ほど紹介したゼリーの他に試すことができる方法になります。
ただ、明確な科学的根拠が立証されているわけではありませんので、個人的には強くお勧めしません。

女の子の赤ちゃんを産み分ける方法

女の子の赤ちゃんを組み分けるためには、できるだけたくさんの「X染色体を持つ精子」を卵子に届ける必要があります。

排卵日2日前のセックスがグッドタイミング

少し前の段落でもお伝えしましたが、産み分けの際には排卵日のタイミングが重要です。女の子の赤ちゃんを産み分ける際は、排卵日よりも少し前の2日前が効果的だと言われています。
男の子が生まれるY染色体は寿命が1日であるのに対し、女の子が生まれるX染色体の精子は、2日から3日程度寿命があると言われています。なので、そういった特徴を見ても排卵日2日前のタイミングが好ましいのです。

精子の量をあえて少なくする

男の子を産み分けたい場合は、禁欲して精子を溜めましょう。とお伝えしましたが、女の子の場合は逆です。2日から3日に1回は射精し、あらかじめ精子を薄めておくのがポイントです。

セックスはシンプルに済ませる

女性側がオーガズムを感じると、膣内がアルカリ性に傾くため、男の子が生まれるY染色体の精子が生き残りやすくなります。
逆にオーガズムを感じない状態を維持してフィニッシュを迎えることで、強い酸性を維持したままになりますので、酸性に強いX染色体の精子が生き残りやすくなります。

女の子用のゼリーを活用

実は女の子用のゼリーもあるんです。
女の子用のゼリーでは膣内をより酸性に傾けることができるので、男の子が生まれるY染色体の動きを抑えることができ、逆に女の子が生まれるX染色体の精子が活発に動ける環境が整います。

医学的に産み分けるパーコール法

このページでは自然に男の子と女の子を見分けるための方法をご紹介しましたが、それ以外に医学的に男の子と女の子を産み分けるパーコール法と言うものがあります。

ただし、この方法は1回あたり50,000円程度の費用がかかります。場所によって多少誤差はあるかと思いますが、たった1回でそれだけかかるため、何度も挑戦するとなるとかなり高額な費用がかかってしまいます。

その割にはパーコールで産み分けが成功する確率は100%ではなく、成功率はおよそ60%から70%だと言われています。なお、先ほどまでに紹介したような方法を取り入れると、その確率は50%以上だと言われています。

パーコール法でちょっと確率が上がる程度なので、料金や確率もしっかりと考慮する必要がありそうです。(パーコール法で成功する確率は統計として正しいデータが出されていません。あくまで参考程度に見てください)

夫婦のコンビネーションが必要不可欠

赤ちゃんの産み分けをする際は、夫婦が正しい知識を共有して、なおかつそれをお互いで協力しながら的確に実行していく事が大切です。

夫婦仲の良いカップル

そうした上でも100%産み分けができるわけではありませんが、限りなく確率を高める事はできるでしょう。
もしも夫婦間で赤ちゃんの性別に希望があるならば、妊活の時に産み分けの方法を試してみてはいかがでしょうか。