妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中の置き換えダイエットの正しいやり方

妊娠中は日に日に体重が増えてしまうもの・・・

そこでついつい太りすぎてしまい、

妊娠中だけでなく産後の自分の体型維持に

不安と焦りを感じる方は多くいらしゃいます。

妊娠中の体重管理

それだけでなく旦那やドクターから

体重増加を指摘される方は非常に多いです。

 

しかしながら、妊娠前のように過度な食事制限ダイエットや、

過激な運動をするようなダイエットは妊娠中はNGです。

 

そんな妊娠中のママさんたちから

「妊娠中の置き換えダイエットって大丈夫なの?」

という疑問がたくさんあったので、

ここでは”妊娠中の置き換えダイエット”をはじめ、

妊娠中のダイエットに関連した様々な疑問に答えていきたいと思います。


妊娠中に太りやすい理由

体重計に乗る妊婦さん


妊娠中に太りやすい理由はいくつかありますが、

その中の大きな理由が妊娠中に分泌される

女性ホルモンのプロゲステロンの働きによるものです。

 

プロゲステロンの影響により以前とは体質が変化して

水分を含んだ柔らかい脂肪がつきやすい状態になります。

 

この妊娠中の体質の変化は『お腹の赤ちゃんを守るため』です。

具体的には、赤ちゃんの成長に合わせて羊水の量を増やしたり

お産に向けて、血液量を通常時の1.4~1.5倍ほどまで増えます。

 

こういった身体の変化は妊婦さんの誰もが起こることです。

 

なので、妊娠中に焦ってダイエットをするのは決しておすすめできません。

 

しかしこの時に体重のコントロールに気をつけないと

必要以上に体重を増やしてしまう場合があります。

 


妊娠中のダイエットに関する疑問

妊娠中の体重管理ダイエットへの疑問解消

Q.

妊娠中で食欲がない時があり普通の食べ物食べるのがしんどいです。

妊娠中の食欲がない時でも、置換食品などで栄養補給をするのは良くない?

 

A.

この悩みの原因はホルモンバランスの変化による自律神経の乱れです。

このような場合は、食欲がないのに無理に食べることはありません。

特に、妊娠初期に起こりやすい『吐きつわり』による栄養不足は心配ありません。

なぜなら、この時期(妊娠15週目頃)までは、

赤ちゃんの大きさは『ママの親指くらい』しかなく、

ママの身体の中にある栄養で充分に成長してくれるからです。

 

Q.

妊娠11週です。

ここ最近食欲が増して、現在体重が4キロ増えてしまいました。

ダイエットどころか食べないとお腹が空きすぎてきついです。

妊娠中に置き換えダイエットしても大丈夫?


A.

太りすぎた場合、医師から

「体重増加を抑えてください」と言われます。

しかしながら、ダイエットがお腹が空きすぎてつらいということなら

寒天など『ほぼ0カロリー』なものを食べながら、運動などと組み合わせて

体重管理をされてみてはいかがでしょうか。

置き換えダイエットは酵素ドリンクや酵素サプリメントなどを使っても

空腹感が起こってしまうことは避けられない場合が多いので

なんらかの形で脂質や糖質、塩分などを抑えるようにされるのが良いと思います。

 

Q.

妊娠中は何キロ太ったら異常?

A.
一般的には、妊娠期で約8キロから約10キロ増えるとものです。あくまで目安ですが、その数字を大きく上回るようでしたらお医者さんに相談して体重のコントロールを意識しましょう。

 

Q.

ここ最近一気に体重が増えました。この調子だと先がとても不安です・・・。

⇒妊娠中の食事制限ダイエットはダメ?

夜だけの置き換えダイエットはダメ?

A.

妊婦さんが体重が増えていくのは当たり前です。

もちろん『急激に体重が増えた』というのであれば

置き換えダイエットを選択肢のひとつとして考えるのは

決して悪いことではありません。

しかしながら、葉酸や鉄分などの栄養素は充分な量が補えるように

サプリメントなどを利用することをおすすめします。

 

Q.

現在妊娠6ヶ月です。妊娠前より7キロも増えてショックです。

産婦人科の先生からは

「出産時までの体重増は8キロまでに抑えてくださいね」

って言われてるので、オルビスの置き換えダイエットシェイクか

酵素での置き換えダイエットを考えているんですがどちらが良いでしょうか?

A.

今の段階では無理にダイエットを考える必要はないかと思います。

置き換えダイエットは健康的なダイエット法なので、

お医者さんから体重を減らすようにいわれてからにしましょう。

 

Q.

妊娠中の体重調整はどのような置き換え方法が良いですか?

A.

可能な限り、置き換えではなく

『しっかり食べて体重が増え過ぎない食事』を考えましょう。

自治体によって違いはありますが、妊婦さんをサポートする

管理栄養士をのアドバイスを無料で受けられる地域もあります。

また、妊婦さん同士のコミュニティを利用して

体重管理の良い方法を情報交換されるなど試してみてはいかがでしょうか。

 

Q.

スムージーや酵素などでの置き換えは大丈夫?

A.

悪いものばかりではありませんが、アステルパームなどの合成甘味料

カラメル色素など発がん性の危険性が指摘されているような

ものが入っていないことを確認されてから利用することをおすすめします。

 

Q.

炭水化物抜きは大丈夫?

A,

大丈夫です。しかし栄養バランスを考えると、

毎日毎日炭水化物を一切食べないのは良くありません。

なぜなら、炭水化物の中にも白米のように

遺伝子情報を伝達する核酸などの貴重な栄養素が摂れるからです。

 

Q.

ダイエットによる子供への影響は?

A.

たくさんある悪影響の中のほんの一部の話ですが、

妊娠中に十分な栄養を摂らず無理なダイエットを繰り返すと

低体重児や将来的な多動性注意欠陥などの精神障害につながる恐れもあります。

やはり、葉酸や鉄分、カルシウム、タンパク質などバランスの良い栄養摂取が

大切になります。

 

妊娠中はダイエットしないほうが良いの? 

体重管理のためにダイエットが必要な場合も

先程のQ&Aコーナーで、やはり栄養摂取とそのバランスにこだわった

健康的な体重管理が大切とご紹介させて頂きました。

 

関連するのですが、妊娠中に妊婦さんが

過剰な置き換えダイエットなどをして栄養不足してしまうと、

胎児の栄養も不足してしまいます。

 

そうすると胎児の遺伝子は、少ない栄養でも生きていけるように

赤ちゃんの遺伝子情報を変えてしまいます。

 

その遺伝子情報が変わる段階で不適切な情報変換が行われてしまう

可能性もある上に、胎児の栄養が不足してしまうと

健康的なな臓器を作れなくなってしまいます。

 

人間は胎児の時に作られた臓器を一生使っていくことになります。

やはり、赤ちゃんのことを考えるなら、栄養摂取とバランスを大切にした

健康的な体重管理が大切です。

 

※出生時の体重が小さければ小さいほど将来的に

 

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 心疾患
  • 脳梗塞

 

など、これらのさまざまな病気のリスクが高くなることがわかっています。

 

 

妊娠中やってはいけない危険なダイエット

食事制限ダイエット自体が悪いわけではありませんが、

栄養が偏ってしまうと胎児に直接的な悪影響を及ぼしてしまいます。

 

しかしながら、栄養摂取を意識的に管理して

過剰に増え過ぎた体重を調整するのは良いことです。

 

その際は塩分を控えることと、

カロリーを取りすぎないことがポイントになります。

 

調理方法に「蒸す」「ゆでる」という方法を取り入れることで

効率良くカロリーカットができますし、

カロリーを少なくすれば一度に食べる量を増やすことができます。

  • 脂質
  • 糖質
  • 塩分

という、3つの『妊娠中に控えたいもの』です。この中でも妊娠中に太りすぎないためには脂質と糖質は控えたいものですが、塩分の過剰摂取も妊娠中高血圧症候群の発症の原因とも言われているものなので、控えるべきものですね。

ただし、体重が増えたからと言って焦って『断食ダイエット』を始めるのはおすすめ出来ません。

置き換えダイエットなら酵素ドリンクや栄養バランスを補いながらゼロカロリーにできる『葉酸サプリ』などを使いながらできるので安全性が高いと言えますね。

 

www.premamanavi.com

妊娠中の異常な体重増加を抑えるために意識すること

異常な体重増加を防ぐためには食事から意識しましょう。

そのためには、塩分控えめで、栄養がきちんととれる食事を食べるように意識し、毎日必ず体重を測って自分の状況をこまめにチェックしていくのが大切です。

具体的には・・

  • 毎日の三食で食べたものや量を記録に付ける
  • 体重も測定結果を付ける

これは、なぜかというと食べ過ぎによる体重増加と赤ちゃんの成長による本来起こるべき自然な体重増加を分けるためです。

特に食べ過ぎたりしていなくても赤ちゃんの成長によって急激に体重が増えることもあります。自分の食生活が原因で太ることで体重が増えたのか、それとも赤ちゃんの成長による自然な体重増加なのかを知ってちゃんと区別できないと

 

また、必須ではありませんが、散歩も非常に効果的です。

ペースは息切れしない程度の速さを守ることが大切ですよ。

 

 

www.premamanavi.com

 

お米やパンなどの炭水化物を別の物に置き換えるダイエットはいけないの?

 
 

「炭水化物はデブの素」というイメージがどうしても巷では強く残ってしまっているようです。

しかし、炭水化物は人間が生きていく上で必要な栄養です。もちろんそれはおなかの中の赤ちゃんも同じです。そんな炭水化物である米を一切食べないというのは、あまり良い方法ではありません。

なぜかというと、お米には『核酸(かくさん)』という物質を含んでおり、核酸は遺伝子を作る大切な栄養素なので、お腹の赤ちゃんの発育を促すためには欠かせない栄養素だからです。

核酸はお米(白米)以外にもパンやパスタ、うどんなどにも含まれてはいますが、量が全然違っていて同じg数を食べても核酸はお米の方が多いんです。

とは言え、お米も必要以上に食べ過ぎてしまうと、巷で言われているように太ってしまう原因にもなりかねません。なので、白米などを食べるときは、小さな茶碗いっぱい程度に留めて摂取するのがオススメです。

また、分量はそのくらいにして、玄米、雑穀米などに切り替えるのも良いでしょう。カロリーカットが望めるだけでなく、妊娠中に必要な栄養(ビタミンB群など)を効率よく補給することができます。

妊娠中の置き換えダイエットのまとめ

置き換えダイエットのまとめ

妊娠してから日に日に増えていく体重に

不安や悩みを抱える妊婦さんはとっても多いです。

 

初めて妊娠を経験する方は特に悩むことでしょう。

気持ちはよくわかるのですが、

今は子供の健康や将来のためを考えた体重管理に集中しましょう!

 

そうする中で体重調整が必要な場合は、

お医者さんに相談したうえで、

置き換えダイエットに挑戦してみてください。