妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中は着圧ソックスでむくみ予防と改善!選び方や使い方のポイント

今回は、妊娠中に太りやすい足のむくみを防いで足痩せに貢献してくれる『着圧ソックス』について正しい利用法や圧力設定、着圧ソックスの選び方などを詳しく見ながら、下半身太りの原因になるむくみを改善、予防するためのコツも併せて見て行きたいと思います。

f:id:nextzone:20180718172635j:plain

妊娠するとホルモンバランスに変化が起こり、そのせいで体内の水分バランスが過多になりやすく、むくみが起こりやすくなります。

また、そのため太ももやふくらはぎ、足首までパンパンに張ってしまうほどむくみが重症化しやすいんです。

 

着圧ソックスを正しく使って下半身太りを解消しつつ、むくみも改善するという一挙両得ができるというわけなんですね。

 

着圧ソックスは妊娠中も仕事を続ける方にもおすすめ

特に最近では、臨月直前まで仕事を続けるという方も多く、座ったままの姿勢でいるデスクワークの場合、体重が太ももにかかって静脈や動脈も圧迫されている姿勢なので、むくみが悪化しやすいといえます。

 

そのためより一層下半身太りになってしまいやすいんです。

そこで役立ってくれるのが着圧ソックスなのですが、圧力の高さが高すぎると締め付けが強すぎて血行が悪くなってしまいますし、かと言ってまったく締め付けないというのでは、むくみをそのまま放置してしまうことになります。

 

妊娠中の身体にとってむくみは妊娠中毒症の発症につながってしまうため、下半身太りの解消だけではなく、むくみの改善にも役立つというのは安全のためにも大切なことなんですよ。

ですが、一言で着圧ソックスと言ってもいろいろな種類があります。

つま先が露出しているトレンカタイプのものもあれば、足先から腰まで完全カバーするストッキングタイプのものまで様々です。

そんな中でもどのタイプを使うのが良いのかを見て行きましょう。

 

着圧ソックスの選び方は?使い方の注意点は?

f:id:nextzone:20180718171817j:plain

妊娠中に使うべき着圧ソックスは、次のような条件になります。

  • お腹周りを覆わないタイプのもの
  • 圧力が強すぎないものを選ぶ
  • 夜間に着用する場合はつま先が露出しているタイプがおすすめ

このような条件に見合う着圧ソックスを選ぶのが良いのですが、圧力の強弱については感じ方が個人によって違ってくるため、かゆみやかぶれ、冷え症を感じる場合などは、もう一段圧力が弱いものに切り替えるようにするのが良いでしょう。

 

というのももともと着圧ソックスは医療用に開発された弾性(だんせい)が強い素材を使用しているのですが、あまり締め付けが強いと却って血行が悪くなって、本来なら身体の末端部(つま先など)から血液と一緒に戻されなければならない体内の水分が逆にとどまってしまうという現象も起きる可能性があるためです。

 

そうなると、血流が悪くなった部分やひざやくるぶし、鼠蹊部(股の関節部)などがに静脈瘤(じょうみゃくりゅう)といううっ血状態になってしまいかねません。

これでは着圧ソックスを使う意味がないばかりか却って逆効果になってしまうため、適切な圧力設定の着圧ソックス選びはかなり大切なこと。

 

また、妊婦さんの場合はお尻や腰回り、おへそ辺りまで覆うフルカバーのストッキングタイプではお腹周りの毛細血管を締め付けてしまうのは良くないので、太もも辺りまでを覆うタイプの着圧ソックスを選ぶのが良いでしょう。

職種によりますが靴を履いたまま長時間過ごす方は、仕事を終えて帰ってきたときに足指のすき間を作れるトゥーセパレータータイプの着圧ソックスも疲れが軽減されやすくおすすめです。

 

朝の寝起きでむくみが酷く、夜の就寝中に着圧ソックスを使いたいという方は、つま先が露出したトレンカタイプの着圧ソックスを選ぶと良いでしょう。

なぜかというと、妊婦さんはホルモンバランスの変化で黄体ホルモン分泌量が多く、体温も高めになっていることが多いため、余計な熱をつま先から逃がしてあげられるようなソックスが良いからです。

 

着圧ソックスの使い方で注意したいポイント

ここまで一緒に見てきたとおり、着圧ソックスの選び方には妊娠中ならではの注意したい点があることがお分かり頂けたと思います。

ここで、もうひとつ大切なポイントとして使い方の注意点も見て行きましょう。

 

とはいえ決して複雑なコツが必要というわけではありません。

守りたい使い方のコツは『着用している時間を一日の中で区切ってリラックスしている時間も確保する』ということです。

例えば、昼間に仕事をしている方の場合は太ももまでカバーするロングタイプ。

自宅に帰って来て夕食や団らんの時間は着圧ソックスを使わずに脚全体をリラックスさせる。

夜間の眠っている時間帯は、ふくらはぎだけをカバーしつつ足先は解放するショートタイプを使う・・・と言った具合です。

 

先ほど、寝起きのむくみが酷い方の場合は夜間に着用していても余計な熱を逃がすことができるトレンカタイプの着圧ソックスを選ぶのがコツというお話をしました。

つまり、夜間に使う場合と昼間に使う着圧ソックスを使いわけるのがおすすめということなんですね。

 

着圧ソックスの圧力の高さは?医療用もあるの?

着圧ソックスの締め付けの圧力は、各メーカーによって計測方法が違いますが、概ねして『1cm立方センチ辺りの掛かる圧力を重さで表したもの』が表示されています。

 

表示単位は『hPa(ヘクトパスカル)』や『mmhg(“ミリメートルエイチジー”または“トル”と言います)が一般的ですが、着圧ソックスの場合は多くが前者のhPa(ヘクトパスカル)が使われています。

 

また、着圧ソックスの圧力は足首やつま先などの末端部に行くほど圧力が高く、太ももや鼠蹊部(そけいぶ)と言った身体の中心部に近づくほど圧力が低めに設定されています。

  • 太もも5~15hPa
  • ふくらはぎ10~20hPa
  • 足首20~30hPa

この程度の圧力であれば効果が十分に得られるとされています。

しかしながら、先ほども軽く触れた通り、もともとは医療用として開発されたものなので、むくみが酷く妊娠中毒症などの危険性が高いと診断されるほどの状態であれば、妊婦検診のときに医師の判断で医療用の高圧力タイプの着圧ソックスが処方される場合もあります。

ちなみに医療用の着圧ソックスを処方された場合は保険適用となります。

それだけ着圧ソックスはむくみ改善のための医療効果が高いと認識されているということなんですね。

 

このように医療の観点から見ても良い効果が期待できるとされている着圧ソックスですが、医療用の場合は目的が『むくみ改善のため』ということになります。

もちろん、それ自体が下半身痩せにもつながるということなんですが『下半身痩せのために必要以上に高い圧力設定の着圧ソックスを自己判断で選ぶ』というのは危険なことなんだということは覚えておきたいですね。

 

下半身太りにつながるむくみを解消するコツ

もともとホルモンバランスの変化によって体内の水分バランスが『たくわえ方向に向きやすい』妊娠中だからこそ覚えておきたい大切なポイントとして『着圧ソックス以外にもあるむくみ改善のコツ』を簡単に触れておきたいと思います。

これは、妊娠中の安全性のためでもありますが、産後の体型戻しダイエットをスムーズに行えて効果も高くするためのコツでもあります。

そのポイントとしては・・・

  • 塩分を控えた減塩の食生活を送ること
  • 適度な運動でふくらはぎや太ももの筋肉を保つこと
  • 下半身だけではなく体全体を冷えから守ること

この3つのポイントがむくみが起こりやすい妊娠中に下半身太りに悩まされないための注意点になります。

塩分控えめの食生活

塩分が高く味付けの濃い食事を食べる習慣は、体内のナトリウム濃度が高くなってしまうため、むくみを招いてしまいやすくなってしまいます。

基本的に体内の水分バランスは、ナトリウム(塩分)とカリウムのバランスによって適切に保たれるような仕組みになっています。

これを『ナトリウム・カリウム・ポンプ』と言います。

日本人のわたし達は、世界的に見ても塩分の高い食生活を送っていることが分かっているため、緑黄色野菜を中心としたカリウムを摂りやすい食生活を送ることが大切と言われています。

塩分(ナトリウム)濃度が高い食習慣は、それだけで生活習慣病のリスクを高めてしまうことはご存じの方も多いと思います。

味付けは塩分控えめに、そして物足りないと感じる部分はレモン汁などの柑橘系やニンニク、ショウガなどの薬味を上手に使うことでカバーして健康的な食生活を意識するようにしましょう。

適度な運動で筋肉の衰えを防ごう

また、適度な運動というのはなんともあいまいな表現になってしまいますが、妊娠中は基本的に激しい運動はNGなので、休日にはゆっくりしたペースでウォーキングをしたり、デスクワークの最中でもつま先立ちのような足の使い方でふくらはぎの筋肉を衰えないようにすることで下半身に余計な水分がたまってしまわないようにすることができますよ。

職場環境によっては立ちっぱなしで脚がだるくなってしまうほど血液が下半身の特に末端部に集まりやすい姿勢を強いられることもありますよね。

これは、座りっぱなしの姿勢になるデスクワークでも同じことが言えます。

脚全体がだるくなってしまうほど浮腫んだり、血管がボコボコする静脈瘤になってしまうことがあるという方は特にふくらはぎの筋肉を意識的に強化すると良いでしょう。

ふくらはぎの筋肉は心臓に血液を押し戻すポンプの役割を果たしているので、強化することがそのままむくみ改善と下半身痩せにつながりますよ。

身体の冷やし過ぎには要注意

そして、妊娠中には特に大切なこととして意識したいのが身体全体を冷えから守ることです。

特に夏の場合は空調設備が整った室内にいることで熱中症を予防することも大切なのですが、それもあまりに行き過ぎて身体全体が冷え切ってしまうようでは筋肉が硬直してしまい、末端部からの血液の戻りをスムーズに行えなくなる原因になります。

妊娠中は、特に安定期から後期にかけて黄体ホルモンの働きが強くなるので、体温が高めになりやすいのですが、それでも身体の冷やし過ぎには注意するようにしましょう。

血流が悪くなると、お腹の赤ちゃんの成長に差し支えるのはもちろんですが、逆子のリスクも高くなってしまうため帝王切開を選ばざるを得なくなってしまうケースが多々あります。

くれぐれも自分自身と赤ちゃんのために身体の冷やし過ぎには注意が必要ですよ。

 

着圧ソックスは便利で簡単に足痩せできるアイテムではありますが、健康的な妊娠生活を送るための食生活や適度な運動、身体を冷やし過ぎ菜などのコツもおさえておきましょう。