妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠すると白髪が増える?原因は?ヘアカラーは使って良いの?

妊娠した途端に白髪が目立ち始めた・・・
そんな経験で困ったことはありませんか?

f:id:nextzone:20181210150707j:plain
赤ちゃんにも産まれたばかりの頃の写真を見せたらママが白髪だらけなんてイヤだよね・・

このように『妊娠を期に白髪が気になり始めた』という悩みを抱えていらっしゃる女性は意外と多いんです。
実はわたしも32歳で初めての妊娠をして、その前後で白髪が極端に増えて驚いたのと、愕然としたことがあります。
結論から言うと、妊娠を期に出始めた白髪は治る人とそうでない人の両極端に分かれるそうです。

そこで今回は、妊娠と白髪の関係や対策、白髪染めでヘナとかは使って良いの?と言った疑問に感じることなどを詳しく一緒に見て行きたいと思います。

妊娠中の白髪の原因は?

妊娠中の白髪の原因はいくつかの要因が考えられるのですが、大きく分けると次のようなものになります。

  • 妊娠中に起こるホルモンバランスの変化と黄体ホルモン分泌量増加
  • 妊娠中期以降は栄養不足も白髪が増える原因
  • お産への不安やストレスによる白髪も

大きく分けるとこの3つになるのが、妊娠中の白髪の原因なのですが、その対策としてできることはそう多くはありません。
というのも妊娠中に起こるホルモンバランスの変化はお腹の赤ちゃんのためのものなので『白髪が増えるからという理由でホルモンバランスに影響を与えるような対策は危険』なことだからです。
つまり、主な対策としては栄養バランスの取れた食生活を心がけることとストレスを減らすためになにができるかというのが『根本的な原因からアプローチできる対策』ということになります。
そして、もうひとつは『妊娠中に白髪染めは使っても良いの?』という疑問を感じる方が多いと思います。
先ほど一緒に見た根本原因に関わる白髪対策のアプローチは『改善の結果が出るまでに時間がかかるのが欠点』なので、まずは白髪対策として今すぐできる白髪染めについて見て行きましょう。

妊婦が白髪染めを使って良いの?ヘナカラーは?

f:id:nextzone:20181210150749j:plain

妊婦さんが白髪染めを使うことに不安を感じる方もいらっしゃると思います。
ですが、白髪染めがお腹の赤ちゃんに影響を与えてしまうという根拠はありません。
もちろんヘナカラーについても同様で、胎児に悪影響を与えてしまったという報告もありません。

ただし、白髪染めは長時間座ったままの姿勢でいなければならなかったり、それをシャンプーで洗い流す時には大きくなったお腹を抱えるような屈んだ姿勢になったり、美容院ではシャンプー台の前で仰向けになって寝た姿勢を取らなければならないのが問題です。
また、妊娠初期ならにおいに敏感になっている方も多いので、白髪染めのにおいがつらかったりすることもあるでしょう。<br/ > さらに言えば、妊娠によるホルモンバランスの変化でデリケートになっている肌(頭皮やおでこ、うなじ、首筋など)が白髪染めでかぶれてしまうという危険もあります。
ですので、白髪染めを使うときは毎日のお風呂でシャンプーとして使えるタイプを選んだり、その成分がオーガニックな成分であることなど丁寧に確認して使うようにしましょう。<br/ > では、次に白髪染め以外にもできる白髪対策を見てみましょう。

食べものや生活習慣でできる白髪対策

まず、白髪対策を毎日の食事や生活習慣で行うには栄養素を知っておきたいところです。<br/ > 白髪対策で絶対に摂っておくべき栄養素は次の通りです。

  • チロシン
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸

この5つの栄養素が『黒く健康な髪の毛』を作るために摂りたい栄養素です。
また、これらのタンパク源になる食材をバランス良く食べていない食生活で炭水化物や糖質過多な食生活を送っていると、血糖値が上がることで髪の毛の健康な成長を支える成長ホルモンの分泌が滞ってしまい、白髪の原因となることや頭皮の糖化につながって前髪や頭頂部の薄毛につながる可能性があることも分かっています。
つまり、それだけ食生活は髪の毛と密接な関係があるということなんですね。

また、その他にはストレスに対処することも大切になってきますが、それは後ほどご紹介したいと思います。

チロシンとはアミノ酸の仲間のひとつで黒く健康な髪の毛を作るために必要な栄養素です。
体内酵素とフェニルアラニンというアミノ酸が反応することでチロシンからチロシナーゼに変換され、髪の毛の黒い色の元になる『メラニン色素』が作られるという仕組みです。

このチロシンを摂るには次のような食材がおすすめです。

  • 落花生・アーモンド
  • ナチュラルチーズ・ヨーグルト(乳製品)
  • お肉、お魚類(動物性タンパク質)
  • 納豆、お豆腐(植物性タンパク質)

このような食材がおすすめです。これらの食材は『良質なタンパク源』と言われる部類の食べもので、これらが髪の毛の原料になります。ご存じの通りわたし達人間の身体はタンパク質から作られていますが、中でも黒く健康な髪の毛を作るには先ほどご紹介した通りの食べものが有効なんです。

ただし、食べもので栄養補給をバランス良く行うのは難しいこともあります。
妊娠中は食べ過ぎで太ってしまうと妊娠中高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクもあるためです。
なので、食べ過ぎが気になる方はサプリメントや栄養補給ドリンクなどを利用して余計なカロリーを摂らずに必要な栄養を摂れるように上手に使い分けましょう。

また、白髪対策のもうひとつの側面として『ストレス対策』も大切です。
次の段落では、ストレス対策の面からも白髪対策を見てみましょう。

ストレスを感じにくい上手な生活習慣

ストレスというのはまったく感じないで生活をするというのは不可能です。
なので、毎日の生活でできることは『できるだけストレスをため込まない生活』を送るように心がけることで白髪の改善と新しく白髪が生えてくることの予防にもなります。
実はストレスが血管収縮させてしまう原因になって、頭髪はとりあえず頭皮を守れていれば良いということで生えてさえいれば良いので、結果的に栄養(タンパク質やチロシンなどの黒髪のための栄養素)が頭皮に送られるのはどうしても後回しになってしまうんですね。
だからこそ、できるだけイライラせずストレスを感じにくい生活を送ることが大切なんです。
ストレスを感じにくい生活を送るためのコツとしては・・

睡眠不足になりやすい不規則な生活を改める
お風呂やアロマ、読書などリラックスできる方法を持つこと
良く笑うこと(方法はお笑い番組でもなんでもOK!)

とにかく『できるだけストレスを軽くする工夫は白髪予防や改善には必須』ということになります。