妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

お腹が大きくなると、意外な所が痛くなる?

妊娠中に起きたハプニングで、

印象に残っている事とは

『妊娠後期に歩行不能になったこと』です。

妊娠中の出来事を思い出すわたし

歩行不能というとちょっと大げさですが、

本当に歩きにくくて困ったんです。

 

原因は恥骨というのでしょうか、股の当たりの骨です。

歩く度ギシギシズキズキっていう感じで

痛くて痛くて歩けないのです。

 

この時点で八ヶ月半ばくらいだったと思います。

妊娠後期の頃のわたし

歩く時は極力よちよち歩きのようにして

なんとか前進していましたが、急な来客とか、本当に困りました。

 

外勤していなかったので、

日中普通に誰かが来たりする感じだったんですが

今でも覚えているのが「妊婦さん訪問」の時です。

 

私の居住地では、妊婦さんの所に前期と後期の二回、

先輩ママが保健婦さんからの手紙を直接届けに来てくれて

困っている事がないかどうか聞いてくれるシステムがあるんです。

わたしが住んでいる団地

後期のその日、予告があるわけでもないので

玄関から少し遠い部屋でゴロゴロしていたら

インターホンの音。日中は私一人なので他に出てくれる家族はいません。

 

「はーい」と返事はしたものの、

私の声は届いていなかったらしく

「いらっしゃいますかー?」の声。

 

先輩ママの方はご近所の人で顔と声は知っていたので

すぐに「妊婦さん訪問」とわかったものの、

立ち上がる時点で「い゛ででででででで」という声が出る始末。

 

先輩ママさんはわりと忙しい人なのは知っていたので、

出直してくるという事になったら迷惑がかかってしまうと思い

なんとか必死に廊下に出たのですが

 

こんなペースじゃ間に合わない!と思って

口を開くと「い゛でででででで」

と言いそうで大きな声ができません。

 

「ちょっ…まっ…っあっ…っ…まっ…」という感じで

「ちょっと待って下さい」が玄関に届く声で出ないのです。

 

都会では信じられないでしょうが、

在宅中は玄関の鍵をかけないのが

デフォルトの田舎な物で、先輩ママさんは玄関にいました。

玄関にいる先輩ママさん

生まれたての子馬のようにプルプルしながら

「ちょっ…まっ…」っと言いながら

出て来る妊婦って、客観的に見たらたぶん怖いですよね…。

 

先輩ママさんは困惑の表情で手紙と共に

「何か困ってる事ありますか?」と聞いてくれたのですが、

「何もありません」と言うしかできませんでした。(恥ずかしくて)

今でも思い出すと恥ずかしくてムズムズします。

 

歩けなくなった原因なのですが、骨盤が開く事が原因らしく、

高いからと躊躇していたトコちゃんベルトⅡを購入する事で

一発で解消しました。着けた瞬間、スタスタ歩ける、みたいな。

 

もう一ヶ月早く買っておけば

黒歴史を積み上げる事はなかったのに…と遠い目になりました。

 

今でもデスクワーク由来の腰痛が出た時などは

とこちゃんベルトに助けられています。

 

トコちゃんベルトの宣伝みたいになってしまいましたが、

トコちゃん限らず、骨盤をしめるベルトは

産後にも使えます♪

(膣が下がってしまった友達に貸したらそれも改善しました)

迷っている人は買った方がいいと思います。

私みたいに生まれたての子馬にならないためにも…。