妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

【自撮り棒活用!】マタニティフォトを撮るならこんなアングルがおすすめ!

f:id:nextzone:20181014214404j:plain

妊娠は人生の中で記念すべきイベントのひとつですよね。そう何回もあるものではないと思います。だからこそ『妊娠中の姿を残しておくことで想い出のひとつとしていつまでも残しておきたいと思うのは当然ですよね。そこで今回は妊娠中に『マタニティフォト』をきれいに撮る方法、セルフで撮る場合のポイントを簡単ながらご紹介したいと思います。

用意するものはカメラだけ?

用意するものはまずカメラですが、一眼レフの良いカメラをお持ちの場合はそれを使っていただくと良いです。もちろんその場合は三脚を用意しておきましょう。セルフタイマー機能を使って撮ればキレイに撮れますよ。

一眼レフカメラがなきゃダメ?

もちろん良いカメラを持っていれば、それを使うに越したことはありませんが、実はスマホでも充分にキレイなマタニティフォトを撮れるんですよ。

なぜなら最近のスマホはとってもカメラ機能が充実しているからです。実際に解像度の高さなんてほとんどデジタルカメラ並みの高さなんですよ。なので、お手持ちのスマホで充分にキレイなマタニティフォトを手元に残すことができるというわけなんです。ただし、スマホでセルフィマタニティフォトを撮る場合は『自撮り棒(セルカ棒)』を用意しましょう。セルカ棒を使えばアングルや距離などで自由度が格段に上がりますからね♪

ちょっとした小物でかわいらしさがさらにUP!

マタニティフォトを撮るときには、ママのお腹にちょっとしたデコができるような花びらやママが抱けるぬいぐるみ、百均で手に入れられるブロック文字や黒板(もしくはブラックボード)、リボンなどを用意しておくとかわいらしさがさらにUPしたマタニティ“セルフィ”フォトを楽しむことができますよ♪

マタニティフォトはどんなのがおすすめ?

この段落では、マタニティフォトを撮るときにどんなアングルでどんなポーズが良いのかなど『マタニティフォトの定番的なおすすめ』を簡単ながらご紹介して行きたいと思います。

最近では、マタニティフォトを残すために写真館に出掛けるという方もたくさんいらっしゃいます。そこで『プロが良く使うマタニティフォトのアングルやアイデア』を拝借することにしましょう!

初期から臨月までのママのお腹の変化を残す

マタニティフォトの場合は、妊娠初期から臨月のお腹が大きくなった頃までの記録写真的なものもおすすめです。ママのお腹で赤ちゃんがスクスクと育っているイメージを表現するには一番良いのがママのお腹を撮るセルフィですね。

その時に使う小道具としてはこれまた百均でも手に入る『黒板のようなブラックボード』がおすすめです。そのボードに赤ちゃんへの想いが詰まったメッセージを書き込んでママがお腹の横に持ってそれをカメラやスマホで撮ります。

その時にちょっとだけ意識すると良いのは『逆光アングル』かもしくは『ななめ逆光アングル』で撮ることです。そうするとママのお腹の輪郭がライトアップされる感じになるので、実際にモデルさんを相手に『レフ板で光を当てたような感じ』になります。

この時にママのお腹に花びらなどで簡単ながらドレスアップ的なデコレーションを施してあげるのもアイディア次第で楽しめますよ♪

パパも参加して撮るマタニティフォト

パパも参加して一緒に撮るマタニティフォトもなかなかに愛情表現ができて夫婦の思い出に最高なセルフィになります。例えば『ママのお腹にパパが口づけしているなんていうアングルのマタニティフォト』なんて良いですよね♪

ママとパパが揃って赤ちゃんに会うことができる日を待ちわびている感じやママとパパが本当に仲良く映っているマタニティフォトになるのは素敵な思い出になりますよね♪