妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中に点鼻薬は使って良いの?危険な薬は?市販の点鼻薬はどうなの?

f:id:nextzone:20181027162855j:plain

今回は妊娠中にアレルギー症状に悩まされている方にとって気になる『点鼻薬』を使うことについて危険性はないのかどうかという点について詳しく見て行きたいと思います。

わたし自身花粉症が酷くて、しかも『ブタクサ花粉アレルギー持ち』なんですけど、上の子がお腹にいる時に鼻水やくしゃみ、涙目に苦しめられました。今回はその時の体験談も併せつつ、妊娠中に禁忌とされる成分も詳しく調べたことを素人範囲ですが分かりやすくご紹介したいと思います。

まずはいきなり結論に近いことなのですが、実は点鼻薬というのはとても安全性が高い花粉症やハウスダストアレルギーの対策であるという事からお話したいと思います。

実は安全!点鼻薬での花粉症対策は妊婦にもおすすめだった?

いきなり結論じみたことを言ってしまいますが、点鼻薬は妊娠中でもかなり安全性が高い花粉症対策アイテムとして使えるお薬と言えます。この点を理解するためには、まずイメージ的に知っておいて頂きたいこととして、花粉症やハウスダストアレルギーの鼻水・くしゃみ対策は妊婦にとってとても大切な事であるという事なんです。

妊婦がアレルギー対策を我慢しちゃいけない2つの理由

妊娠中にはアレルギー対策を我慢してはいけない理由があります。

その理由は大きく分けて2つあります。

  • 鼻水=お腹の赤ちゃんへの酸素供給の邪魔になる
  • くしゃみ=妊娠後期の場合に子宮収縮による切迫早産のリスクが高まる

これは考えてみると当たりまえなことなんですが、どうしても『妊娠中は薬の成分によってはお腹の赤ちゃんに奇形児のリスクがある』という点の方だけがクローズアップされてしまうんです。

妊娠中でも点鼻薬が安全と言われる理由

また、点鼻薬自体あくまでも『鼻粘膜の場所を絞った特定的な対策なのでお腹の赤ちゃんに危険が及ぶ確率が非常に低い』ということなんです。そもそも花粉症やハウスダストアレルギーの治療や対策においては、安全な順番というのがあるんだそうです。

その順番でいうと・・・

  • レーザ治療=鼻粘膜をレーザーで焼くだけなので子宮周りにはまったく無関係
  • 点鼻薬=鼻粘膜周りだけに効き目が限定的なので子宮周りへの影響が低い
  • 内服薬=全身に薬の成分が回ることが基本で成分によっては赤ちゃんへのリスクがあるかも知れない(完全に否定できない)

という順番で安全性が低くなって行くという事を知識としておさえておくと悩むこともなくなると思います。

つまり、ここでイメージ的に覚えておいて欲しいことは妊娠中にアレルギー症状に悩まされるリスクと点鼻薬を使うことによるリスクを比べると、アレルギー症状を我慢し続けてしまう事の方がリスクが高いということなんです。

もちろん妊娠中の月齢によっては例外もあるということは知っておかなければなりません。

妊娠初期はアレルギー対策の内服薬は危険な場合も!

この段落では『妊娠初期にアレルギー対策を内服薬で行う事のリスク』について触れておきたいと思います。

基本的に妊娠初期は内服薬でアレルギー対策を行うのは避けた方が良いと言われています。例えば市販薬のアレグラやアレジオンなどの市販薬はご存じの方も多いでしょう。そういった市販薬も成分の中で抗ヒスタミン成分の中に『フェキソフェナジン塩酸塩』などの成分があり、妊娠初期の場合は催奇形性(赤ちゃんに奇形児が発生するリスクが完全には否定できない成分)もあるということは知っておかなければいけません。

特に、妊娠初期でも超初期の0週~5週目、10週目~15週目は胎盤形成や赤ちゃんの神経管や体幹といった身体の根幹部位の形成時期に当たるためそのような時期・タイミングでは内服薬でのアレルギー対策は避けた方が良いでしょう。

 一応、抗ヒスタミン薬の成分で妊娠中に禁忌とされている成分が含まれているお薬の名前をご紹介しておきます。内服薬で花粉症やハウスダストアレルギーの症状を抑える対策をする場合にお薬を選ぶ参考にしてみてください。

・妊娠中に禁忌とされる抗アレルギー薬

  • リザベン
  • セルテクト
  • アレギサール

・妊娠中に禁忌とされる抗ヒスタミン薬

  • アタラックス
  • ホモクロミン

上記の三つの抗アレルギー、抗ヒスタミン内服薬は、妊娠中に禁忌とされる成分が含まれているとのことです。もし妊娠中に普通の内科で花粉症やハウスダストなどのアレルギーであることが判明した場合は、妊娠中であることをしっかりと告げて上記のお薬が処方されないようにしましょう。

この段落でご紹介したお薬の名称は下記のサイトからの引用です。

 妊娠中のアレルギー対策のまとめ

 ここまで、妊娠中の点鼻薬の使用や抗アレルギー・抗ヒスタミン対策について見てきましたがいかがでしたでしょうか。

妊娠中にはお薬の種類(成分)によっては気軽に飲むわけにはいかないものもあるためできる限りお薬に頼らないようにするというのは基本的な考え方としては間違っていません。ですが妊娠中期(安定期)以降になると赤ちゃんも順調に育ってきている状況なので、鼻水、鼻づまりによる酸素供給不足やくしゃみによる切迫早産のリスクを避けるためにも点鼻薬を積極的に使うのは悪いことではないんですね。

また、そもそもの話として妊娠中はお腹の赤ちゃんに対して過剰に免疫力が作用しないようにするために『免疫寛容(めんえきかんよう)』という仕組みが発生します。

そのため、妊娠した途端に体質が変わったのか花粉症やハウスダストアレルギーに悩まされる方が多いんです。

そのため、インフルエンザや風邪、ノロウィルスなどの病気にかかりやすいという現象も起こります。だからこそそもそもの対策として免疫力を高めておくように普段から注意しておくことが大切なんですね。

 

www.premamanavi.com