妊娠中でも女の子だもんね!

妊娠中の妊婦さんのお悩みを解決していけたらいいな

妊娠中にMCTオイルって使ってもいいの?その注目すべき効果

MCTオイルを妊婦さんが摂取するといいことずくし?

MCTオイルは「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という書籍の中で完全無欠コーヒーとして注目を集めたことで、健康志向の方やダイエットや便秘に悩んでいる方に注目されているオイルなんです。

 

日清のMCTオイル



MTCオイルとは

最近はスーパーのオイルコーナーでも見かけるようになってきましたが、MCTオイルというのは中鎖脂肪酸100%の天然成分で作られている今注目の植物油なんです。

MCTオイルの原材料

ココナッツやパームといったヤシ科の植物の種子核から抽出される天然成分で出来ていて、最近に話題になったものの、実は日本では医療の現場などで昔から使われていたんです。
後述する書籍で注目され、最近になって食卓に出るような形でMCTオイルは注目されたんです。

ココナッツオイルで注目されていた中鎖脂肪酸ですが、中鎖脂肪酸というのは体の中で分解、吸収、燃焼というサイクルの早いと言われているブドウ糖よりも早く使われてくのが中鎖脂肪酸で、他のオイルや脂肪酸などに比べても圧倒的に早く燃焼までのサイクルが回るため、脂肪として蓄積されにくいという特性をもっています。
またココナッツオイルも中鎖脂肪酸が多く含まれていると言いますが、その配合量は多いと言われているエキストラヴァージンココナッツオイルですら、5割を超えるか超えないか程度なんです。

つまりMCTオイルはココナッツオイルや亜麻仁油、ごま油、オリーブオイルなど多くの健康に注目されたオイルがある中でも、中鎖脂肪酸100%で出来ているのが最大の注目ポイントなんですね。
次にその中鎖脂肪酸がどのような働きをするのか、そしてこのMCTオイルにどのような効果があるのかを見ていきます。

健康にいいと言われているオイルたち

MCTオイルの効果

ここまでMCTオイルが注目されているのは、驚くべき効果があるからなんですね。

  • ダイエット効果
  • 腸内環境の改善

大きく分けてこの2つの効果がMCTオイルが話題になっている理由となります。

ダイエット効果

中鎖脂肪酸が分解、吸収、燃焼というサイクルが早いため、エネルギーに変換されやすく、体脂肪となって残りにくいため、油なのに太らないという理想的な油ともいえるんです。
そして蓄えられている脂肪を巻き込んで燃焼させる働きもあるためダイエットに注目されている理由となっているんですね。
MCTオイルコーヒーと言った形でダイエットする方も多いんですよ。

妊娠中は運動不足で体に脂肪を蓄えやすい時期でもあるので、MCTオイルを使うことで痩せやすい環境にしておくことで、産後のダイエットもしやすくなるというメリットはとても大きいんです。

腸内環境の改善

MCTオイルはダイエット効果だけに注目されているわけではなく、腸内環境の改善にも注目されています。
腸内環境にいる悪玉菌の働きを抑制させて、その分善玉菌が活躍しやすくなり、その結果お通じが良くなったり、腸内での栄養分の吸収がスムーズになったりとメリットもたっぷり。

妊娠中の妊婦さんはMCTオイルを使ってもいい?

どんなに効果が魅力的なMCTオイルでも妊娠中は母体とお腹の中の胎児の両方を守る必要が妊婦さんにはあります。
そこでMCTオイルの安全性も一緒に見ていきましょう。
MCTオイルの安全性を見るうえで重要になるのが母体への影響と胎児への影響です。

母体への影響

MCTオイルというのは天然の植物油が原材料なので、基本的に妊婦さんに悪影響のある食品ではありません。
妊婦さんは出産に向けて必要な栄養素をしっかりと摂取することが必要になるのですが、その中で良質な脂質というのも必要になるんですね。
良質な脂質というのはMCTオイルだけではなく、青魚で注目されているオメガ3系のオイル(DHA、EPA)、ココナッツオイル、オリーブオイルなどで、油は太るものという昔からのイメージとは違い必要な脂質としてあげることができるんです。

胎児への影響

中鎖脂肪酸は胎児のエネルギー源としても優れていて、生命活動の源でもあるため胎児に対しても安全であると言えるでしょう。

ママと赤ちゃんの安全



同時に中鎖脂肪酸によって体内にケトン体ができるのですが、ケトン体も赤ちゃんに悪影響はないので、総合して胎児にMCTオイルは安全だと言えるんです。

MCTオイルを使う際の注意点

さて、MCTオイルの効果や安全性を見て頂きましたが、ここまででMCTオイルたっぷりと摂取したいと思ったそこのあなた!ちょっと待ってくださいねw

どんないい効果があっても適量が大事ということがあります。
MCTオイルも同じことが言えるんですね。

MCTオイルを過剰摂取すると下痢や吐き気という症状が現れることがあります。
また、中鎖脂肪酸は熱に弱いので、料理に使う際にはあまり加熱せずに使ったほうがいいという特徴も併せ持っています。
加熱といっても多少の過熱は大丈夫です。一般的に料理に使用するサラダ油などは200℃以上に熱すると煙を上げてしまうのですが、MCTオイルの場合はより低い温度で(約150℃)煙が出てしまうと言われています。

そして糖尿病を持病として持っている方もMCTオイルだけではなく油ものに関しては医師の指示に従ったほうがいいと思います。

 

まとめると

  • 適量を守る
  • 揚げ物などは避けたほうがいい(多少の過熱は大丈夫)
  • 糖尿病の方は医師に従う

MCTオイルをどうやって使えばいいの?


先程の注意点でも話したようにMCTオイルはあまり加熱しないように使ったほうがいいと言ったような使い方のコツのようなものがあります。

MCTオイルが注目された理由でもある完全無欠コーヒーのようにコーヒーに入れる場合も妊娠中の妊婦さんの場合はカフェインレスコーヒーにしましょう。

サラダのドレッシングとしての仕様や豆乳や野菜ジュースに入れたり、ヨーグルトにかけてもおすすめです。

料理としてはパスタソースやマヨネーズなどにつかってはどうでしょうか。

MCTオイルの使い方



基本的にMCTオイルの味は無味ですwしかしアレンジとして他のオイルや油を使う場合、MCTオイルにして使用するといいですよ。

 

ninsindaietto.com

 

www.premamanavi.com

www.premamanavi.com